◆IL DIVO◆ 16. 非西洋のポリフォニー

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
Die Vier Weltalter Der Musik (Walter Wiora) 16. Polyphonic in not Europe
URL : http://papalin.yas.mu/W708/#M016

 
  ◇公開日: 2012年12月29日
  ◇演奏時間: 2分35秒
  ◇録音年月: 2012年12月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。(視聴・試聴)




第16節の譜例のタイトルは、「非西洋のポリフォニー」です。

ヘテロフォニーという言葉を知りました。
Wikiによりますと、ヘテロフォニーは音楽のテクスチュアの一種で、モノフォニーの複雑化したものを言うそうです。つまり、同一の旋律を奏でる様々な奏者や歌手が、任意で別々に動いたり、リズムやテンポを微妙にずらしたりすることで異なった装飾や音型が生じて、偶発的に瞬間的なポリフォニーを生ずるようになったものをいうそうです。

特にアジアの民族音楽(とりわけ古い宮廷音楽)において特徴的であり、雅楽やガムランなどで、旋律線から逸脱する部分を確認することができる。なるほど、この譜例のアルジェリアの音は、どっちがどっちにまとわりついているのかはわかりませんが、正にヘテロフォニーですね。

同じヘテロフォニーの音楽の例として掲載されたバリ島の音楽は、近藤浩平さんの作品「トイピアノ独奏の為の坊さんの気晴らし Op.111」によく似た感じがしました。

コーカサスの2曲目の方は、非常に美しい響きがします。



画像画像
【 16. 非西洋のポリフォニー 】



曲目

  1.a. 平行5度 (アマゾン)
     Parallel fifths (Amazon)
  1.b. 平行4度 (アマゾン)
     Parallel fourths (Amazon)
  
  2. 4度と5度の交替 (アフリカ)
     Alternation of fourths and fifths (Africa)
  
  3. 和音の変奏 (南海地方)
     Variation of harmony (Southern sea area)
  
  4.a. ドローンに支えられたカノン  フロレス諸島(インドネシア)
     Canon supported by drone    1. Flores islands (Indonesia)
  4.b. ドローンに支えられたカノン  ノートルダム楽派(パリ,1200年頃)
     Canon supported by drone    2. School of Notre Dame (Paris, c1200)
  
  5.a. ヘテロフォニー  アルジェリア
     Heterophony     1. Algeria
  5.b. ヘテロフォニー  バリ島
     Heterophony     2. Bali
  
  6.a. 前段階的ポリフォニー  中国
     Initial Polyphony       1. China
  6.b. 前段階的ポリフォニー  コーカサス
     Initial Polyphony       2. Caucasia
  6.c. 前段階的ポリフォニー  二つの保持音に挟まれたメリスマ的ソロ(コーカサス)
     Initial Polyphony       3. Melisma solo placed between two tenuto (Caucasia)


使用楽器 (A=440Hz)

   アルト        メック        オリーヴ
   テナー        全音        チェリー
   バス         ヤマハ       メイプル
   グレートバス    キュング      メイプル




Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント