◆IL DIVO◆ ヨハンネス・チコーニアの作品

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
Johannes Ciconia (c1373-1412) / Mass movements, Motet, Ballata
URL : http://papalin.yas.mu/W029/

 
  ◇公開日: 2012年11月26日
  ◇演奏時間: 37分16秒
  ◇録音年月: 2012年11月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。(視聴・試聴)




私にとっては、新しい作曲家でしたので、今回初めて演奏してみました。

音楽室の方の説明にも書きましたので、それを引用しますと、「チコーニアの作品は折衷的な様式を示している。北イタリアのトレチェント音楽の典型例が、フランスのアルス・ノヴァやアルス・スブティリオルと結び付けられ、中世音楽後期の作曲様式からルネサンス音楽を指し示すような書法へと変質しかけている。」ということが、その音楽から十分に伺えます。

直前に演奏してきたアルス・スブティリオルの音楽と比べますと、演奏していて、歌っていて、ホッとしますね。楽譜も複雑でなく、各パートの縦の線が揃っていると、こうも気持ちの上で楽なのかと感じます。(楽譜がト音記号とヘ音記号だと、もっと歌いやすいのですが・・・。)

一方、その楽譜から奏でられる音楽は、私の演奏のせいもあるかとは思いますけれど、割と単調に感じられます。それでもミサ曲に関しては歌ってみましたので、歌詞がある分、音楽に変化も付けられますが、器楽で演奏しますと、やおらBGMとなってしまいます。う~ん、どう味付けしたら良いのか、難しいですね。



楽譜は、IMSLPChoralwikiから借用致しました。



使用楽器 (A=440Hz)

    ソプラノ     モーレンハウエル   キンゼカー
    アルト      モーレンハウエル   キンゼカー
    テナー      モーレンハウエル   キンゼカー
    バス       ヤマハ          メイプル
    グレートバス  キュング         メイプル

    歌         Papalin    




Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント