◆IL DIVO◆ モーツァルト / カノン 「いとしい君よ」 K.562

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791) / Canon for 3 Voices in A major, K.562 "Caro Bell' idol" (1788)
URL : http://papalin.yas.mu/W258/#M562

 
  ◇公開日: 2012年10月10日
  ◇演奏時間: 2分19秒 ×2
  ◇録音年月: 2012年10月
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。(視聴・試聴)




難しい音を使っている曲ですね、今までとはトーンがちょっと違います。

これら一連のカノンが作られた年は不明ですが、1788年のモーツァルト自身による目録(作品一覧)に初めて掲載されたようなので、やはり晩年の作品でしょう。どんな順番で作曲されたのかもわかりませんが、後のケッヘルさんが、この曲でカノン集を〆めてくれたのは幸いです。「ケツなめろ」で終わったら、やっぱりちょっとねぇ。。。



   Caro bell'idol mio.
   Non ti scordar di me!
   Ah no, non ti scordar di me!
   Tengo sempre desio
   D'esser vieino a te.

   いとしい君よ
   私を忘れないで
   ああ、どうぞ忘れないで
   君のそばにいる望みを
   いつまでもつないでいよう


楽譜はこちら(IMSLP)を使いました。



使用楽器 (A=440Hzと思われる)

   Papalin

使用楽器 (リコーダー:A=440Hz)

   アルト        メック        オリーブ




Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント

2012年10月11日 08:26
今朝、ターフェルミュージックで聴かせていただきました。今は、魔笛の歌になっています。楽しそうに歌われていますが、少し苦しそうなところもあるので、聴いている私も、身体をよじらせています。

松本でのフォーレ「レクイエム」大盛況のよし、よかったですね。私は、残念ながら聴くことができませんでした。今度、こっそり独唱で聴かせてください。
「レクイエム」八ヶ岳高根では昨年に続き「ブラームスのレクイエム」が演奏されます。いよいよ、コンサートの10月が始まりましたね。私も今から、フルートの練習を始めなければ。
2012年10月11日 11:04
◆◆ ターフェルミュージックで聴かせていただきました

山栗さん、ありがとうございます。
魔笛は、ヴォイス・チェンジャの機能が面白くて、半分以上はおふざけで歌ったものでして・・・。(^_^;)

食事の際には、どうぞ充分な思慮に基づく選曲をされますように。

フォーレは、かなり良かったようですね。合唱団員の一員として歌っている分には、全体の音は聴けませんので、当日聴かれた方からの感想です。

フォーレもそうですが、ブラームスのドイツ・レクイエムも、一人で歌って踊って、おっと間違い、歌って演奏してみました。ステージで歌う曲は、練習と譜読みを兼ねて、全パートを予め歌ってみるという習性が私にはあるようです。

フルート用のカラオケも、ぼつぼつですが作っていますので、宜しかったらどうぞ。(URL⇒)