◆IL DIVO◆ クヴァンツ / トリオソナタ ハ長調 (コミングル ライブ録音)




サマー・コミングル@蓼科での録画・録音は限定公開となりました。
お聴きになりたい方は恐れ入りますが、メールを下さい。  Papalin




≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
Johann Joachim Quantz (1697-1773) / Trio Sonata C-dur (COMMINGLE LIVE RECORDING)
URL : http://papalin.yas.mu/W801/#M011


  ◇公開日: 2012年9月1日
  ◇演奏時間: 12分33秒(曲目紹介を除く)
  ◇録音年月: 2012年9月 (51歳)
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。(視聴・試聴)




2012年7月29日(日) サマー・コミングル@蓼科の演奏会。
落葉松林に囲まれた避暑地のハーモニーの家でのひとときでした。

ライブ録音が手に入りました。小林さん、ありがとうございます。

aostaのブログの言葉通りではないかもしれませんし、
細かいところの詰めもしなかったのですが、
ノリノリで演奏した様子は動画がなくても伝わりますでしょうか。

フルート:佐々木真先生、チェロ:茂木新緑先生、鍵盤:宇治田かおる先生に改めて感謝致します。




  曲目紹介   Announce    2分16秒
  第1楽章   Affettuoso   3分01秒
  第2楽章   Alla breve    2分27秒
  第3楽章   Larghetto    2分56秒
  第4楽章   Vivace      4分09秒



使用楽器 (A=440Hz)

   アルト・リコーダー    メック   オリーブ



画像
【 前日の初合わせ 】



画像
【 当日のゲネプロ 】



画像
【 本番 】



画像
【 本番 】



画像
【 本番 】



画像
【 朗読(ナレーション)で、aostaも急遽舞台に立つことに・・・ 】



画像
【 演奏会がはけて 佐々木真先生と 】



画像
【 演奏会がはけて 茂木新緑先生と 】



画像
【 コミングルのオーナー:安井夫妻がアクシデントのため写ってないのが残念でした 】




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント

aya
2012年09月01日 11:09
ブラヴォー!!
リンク間違っていませんか?
取り急ぎ。
Papalin
2012年09月01日 11:13
◆◆ リンク間違っていませんか?

ayaさん、ありがとうございます。
またやっちまった。ありがとうございます。m(_ _)m
 
アルト笛
2012年09月01日 13:27
素敵~
楽章が進むごとにノってこられて、最終章の何て軽やかなvivace!
正に至福のときだったでしょうね。素晴らしい演奏を聴かせてくださってありがとうございます。
aostaさんの朗読もきっと静かに胸打つ時間になられたのだろうと想像しております。凛としたお姿、想像していたとおりでした(*^^*)v
Papalin
2012年09月01日 14:19
◆◆ 楽章が進むごとにノってこられて・・・

アルト笛さん、ありがとうございます。
そうですね。最初はそれなりに緊張しました。難関の2楽章が終わってからはホッとして、ついつい気も緩んでしまいましたけれど。(^_^;)

aostaの写真は、急遽決まった当日のゲネプロのときのもので、本番での写真は私が撮れませんでした。でも沢山の拍手を戴いてました。(^-^ )
 
ミール
2012年09月01日 14:51
鳴り止まない拍手でしたね~ 十分熱気は感じられました。素敵です! トラベルソではなくて、木製のフルートでしたか? (40分前)
Papalin
2012年09月01日 14:52
◆◆ ミールさん、最後の拍手、録音レベルを下げました。ちょっと戴きすぎ・・・でした。佐々木先生のフルートはグラナディラ製と仰っておられました。モダン・ピッチの楽器ですが、やっぱり金属製のフルートとは音色が違って、より柔らかな感じがしました。(^-^ ) (2分前)
ichi
2012年09月03日 08:47
昨夜すばらしいライブ録音を聴いて、今朝はこれからと決めていましたが、工事中とは残念です。もう聴けなくなるということではないですよね?再会を楽しみにしています。
2012年09月03日 16:31
◆◆ 工事中とは残念です。

ichiさん、ありがとうございます。
いろいろ難しい状況です。しばらく工事中にさせて下さい。
パパルテットによる演奏は、一番気が楽ですね。(^_^;)

> 再会を楽しみにしています。

再開ですか? 再会は是非コンサートにお越し戴いて・・・。 (=^_^=)
 
ichi
2012年09月05日 09:14
フィリドール ソナタ ニ短調ですか!!プラグラムを見るだけでも魅力たっぷりですね。なんでもっと宣伝しないんですか?
でも10月20日か・・・さすがにそのころ家は空けられないだろうなぁ・・・う~ん
Papalin
2012年09月05日 09:49
◆◆ プラグラムを見るだけでも魅力たっぷりですね。

ichiさん、ありがとうございます。
"ミューズの調べ"と題してのコンサートは、今回が初めてで、出演の声を掛けて下さいました。キムラガーデンズさんがバックアップして下さり、今後シリーズ化していきたい(続けて行きたい)と仰っています。そうか、そういうようなことを宣伝しないといけないですね。

気晴らしがてら、ご家族で是非どうぞ。!(^^)!
 
ichi
2012年09月05日 13:23
スポンサーの名前間違ってます(笑)
2012年09月05日 13:24
◆◆ スポンサーの名前間違ってます(笑)

ichiさん、ありがとうございます。
正しくは「キムラヤガーデンズ」でした。m(_ _)m
 
ichi
2012年09月09日 09:04
生命感、歓びにあふれるクヴァンツの音楽に引き込まれます。普段の多重録音もすばらしいのですが、リアルのアンサンブルの中で生まれるグルーブ感や高揚が聴く者に伝わってきます。ありがとうございます。 (1分前)
Papalin
2012年09月09日 09:08
◆◆ リアルのアンサンブルの中で生まれるグルーブ感や高揚が・・・

ichiさん、ありがとうございます。
多重録音の際には、その瞬間の掛け合いを楽しむことは難しいです。難しいと書いたのは、全くそれが不可能だということではないのですが、少なくとも相手も自分なわけで、想定外のことはしません。一方のコンサート(普通のアンサンブルと言っても良いのですが)は、その場だけの掛け合いなどもあって、まさにバロック音楽を楽しむことができます。誘ったら返してくれた、なのでまた違った誘いをしてみた、また返してくれた・・・。バロック音楽の演奏の愉しみの一つです。 (1秒前)