◆IL DIVO◆ 2012 夏合宿コンサート

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
Summer Camp Concert in my house 2012.8.26
URL : http://papalin.yas.mu/W707/#M006


  ◇公開日: 2012年8月28日
  ◇演奏時間: 1時間33分7秒
  ◇録音年月: 2012年8月 (51歳)
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。(視聴・試聴)




そういうわけで、2012年の夏合宿が無事終わりました。
日中は30℃近くまで気温が上がっても、朝は10℃以下。
街から来られた方々は、この涼しさも満喫されたようです。

毎年、あれこれ考えて合宿に臨みます。
もちろん、どんなメンバーが集まるのかによって選曲も変わります。
何をどうやって伝えたらいいだろうか・・・。

以前は、よく言えば出たとこ勝負、悪く言えば準備不足が否めませんでしたが、
5回目となる今回は、合宿直前ではありましたけれど、それなりに準備は出来ました。
終わってみますと、反省は多々あります。満足いく点もあれば猛反省すべき点も。

5回とも共通しているテーマは、音楽作り、アンサンブル作りです。

  どうなったら、演奏していて気持ち良い?
  どうなったら、演奏していて満足できる?
  どうなったら、演奏している自分の変化に気づける?

来年もまた頑張りたいと思う私です。



最終日(2日目)の午後に、恒例の演奏会(発表会)を行ないました。
聴きに来て下さった方も、もちろん音楽が好きで、事情が許せば演奏されたい方です。
直前に来られた方も、即席での選曲・練習の後、発表会で演奏して戴きました。(^-^ )

というわけで、毎年恒例ですが、演奏会直前にプログラムが決まります。


画像
【 広告の裏にプログラムを書くというのも恒例になりましたね。 】



私は、演奏会を録音(録画も)していなかったので、こんな曲を演奏しましたということで、過去の演奏も引っ張り出してページを作ってみました。プログラム1~3とアンコールは、今日演奏したものです。ボワモルティエまで手が回りませんでしたので、近いうちにと思っております。合宿メンバーによる演奏は、もっと情熱的で、血の通ったものであったことは言うまでもありません。

参加されたみなさん、ありがとうございました。


 【1部】 グリーンスリーブス (イギリス民謡)
       Greensleeves (England Folksong)

 【1部】 ドナウ川のさざなみ (イヴァノヴィッチ作曲)
       Donau Wellen (Iosif Ivanovici)

 【1部】 ハヴァ・ナギラ (イスラエル民謡)
       Hava Nagila (Israeli Folk Dance)

 【1部】 ソナタ ヘ短調 (テレマン)
       Sonata f-moll (G. Ph. Telemann)
 
 【1部】 ディヴェルティメント K229-2 (モーツァルト)
       Divertiment K229-2 (W.A.Mozart)

画像
【 壮観


 【2部】 6声のソプラノのためのコンソート (デイマン)
       Consort for six voices di sei Soprani (William Daman)

 【2部】 我、岩場より生きて戻りなば (ラッソ)
       Motet "S'io esca vivo" (Orlando di Lasso)

 【2部】 カンタータ第196番《主はわれらを御心に留めたまえり》 Sinfonia (バッハ)
       Cantata196 "Der Herr denket an uns" BWV196 Sinfonia (J. S. Bach)

 【2部】 2つの悲しき旋律 Op.34 2.「過ぎ去りし春」 (グリーグ)
       2 Elegiac Melodies Op.34 2. "Varen - The Last Spring" (Edward Grieg)

 
 【アンコール】 ロンドンデリー・エアー (スコットランド民謡)
       Londonderry Air (Scottish Folk Song)

画像
【 壮観


 【番外編:練習のみ】 シャコンヌ ホ短調 (ブクステフーデ)
       Ciacona BuxWV160 (Dieterich Buxtehude)

 【番外編:練習のみ】 2ObとEngHのためのトリオ (ベートーヴェン)
       Trio for 2 oboes and cor anglais (L. van Beethoven)

 【番外編:練習のみ】 トリオ・ソナタ ハ長調 (クヴァンツ)
       Trio Sonata C-dur (Johann Joachim Quantz)


画像
【 アンコールでグリーグを再演した後は、全員でロンドンデリー・エアー




使用した楽譜は、いろいろですので、紹介は割愛させて下さい。



Papalinの多重録音(ピアノは30年前の小倉先生)で、お聴き下さい。m(_ _)m



今日演奏した曲の使用楽器 (A=440Hz)

   ソプラノ       フェール        パリサンダー
               モーレンハウエル  グラナディラ
   アルト        メック         オリーブ
   テナー        メック         ボックスウッド(オトテール)
               全音          チェリー
   バス         ヤマハ        メイプル
   グレートバス    キュング        メイプル
   コントラバス     キュング        メイプル



《つぶやき 8月26日》

  初日の合宿は24時に終了。初日はヴィオラ・ダ・ガンバを習得したので、
今日はフラウトトラベルソを習得したい。そんな合宿があれば、私も参加したい。




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント

P-san
2012年08月28日 22:22
リンクを飛ばしていただきありがとうございました。本当に楽しくて充実した二日間でした。タイトルを見た瞬間「え、あの演奏が流れてしまうの??」とひやひやしましたけれどよかったよかった(^^;)。
楽しいことは数えきれないほど、でももちろん個人的にはキビシイ反省点もたくさん見つかり、それはこれからの練習のポイントにしていきたいと思っています。
夫婦ともどもお世話になりましたm(__)m。
ichi
2012年08月28日 23:23
うわっ!!コントラバスが3本もあったんですか!?
昔話していた・・・あんな曲やこんな曲もできますね。たのしそうだなぁ
Papalin
2012年08月29日 05:25
◆◆ これからの練習のポイントにしていきたいと・・・

P-san、ありがとうございます。
前日から3日間、お疲れ様でした。
合宿でもお話しましたように、参加者の皆さまが、またそれぞれのホームグラウンドに戻られてアンサンブルされるときに、今回の合宿が少しでも役立ちましたら、嬉しく思います。

呑み疲れました~! (^_^;)
 
Papalin
2012年08月29日 05:29
◆◆ コントラバスが3本もあったんですか!?

ichiさん、ありがとうございます。
そう。3本集まってしまいました。私たちが学生の頃は、大きな楽器(といってもバスやテナー)は1本れば充分で、それをみんなで使い回していましたよね。大人になったら、マイ楽器ですね。でもそれは大正解で、同じメーカーの同じモデルの楽器でも、音色や癖が全く異なったりします。現にこの3本も、色んな性格の持ち主でした。私の楽器が一番ドスの効いた音でした。(^_^;)

次回は是非また参加して下さいまし。
 
ミール
2012年08月29日 05:42
とても楽しそうな合宿だったようですね ライブ映像がないのが少し残念ですが、そんなら参加しろよ!と言われるので黙ってましょう(笑どれも素敵な演目揃いでした。コンセプトも。 (1時間前)
ミール
2012年08月29日 05:43
私の知らないグリーンスリーブスだったような気がします。いい編曲ですね 楽譜のありかが分かれば教えていただきたいです (1時間前)
Papalin
2012年08月29日 05:43
◆◆ ミールさん、それなら参加しろよ。言ってみました。(=^_^=) ヘヘヘ。ルネサンス、バロック、ロマン派以降の3本柱は欠かせないですね。我が家の特徴は、ロマン派以降の作品のアンサンブルにあるかもしれません。 (9分前)
2012年08月29日 05:46
◆◆ ミールさん、グリーンスリーブス、ドナウ川、ロンドンの3曲は、S用のクラシックバラード(CD付楽譜)を使いました。これはお洒落な伴奏の楽譜もついているので、そこをRecで演奏しました。こういうのをアンサンブル用楽譜にしたら売れるかな? 楽譜はこちらです。 ⇒ (2分前)
ichi
2012年08月29日 08:58
GBも3本そろっていますか?小さく見えますね。その隣に見えるのは、サブコントラバス?・・・ただの煙突ですね(笑)。
Papalin
2012年08月29日 09:07
◆◆ GBも3本そろっていますか?

ichiさん、ありがとうございます。
GBは2本でした。ネック型のキュングのバスが2本ありました。キュングの低音楽器は大人気ですね。サブコントラバス? 夏の間だけ、指孔を開けましょうか? 大屋根の上で吹いていただくことになりますが。

(^u^)プププ
 
ichi
2012年08月29日 18:13
テレマンのソナタはIL DIVOでは慣れ親しんだバスリコーダーの演奏ですが、本番もアルトのようにバスを操ってB、CBの組み合わせでやったのですか?だったらライブで聴いてみたかったと思わせる1曲です。

屋根の上で吹いたら、運指が別になるので庭に指揮者が必要になります。ホールはすすだらけになりますね。
Papalin
2012年08月29日 18:22
◆◆ 本番もアルトのようにバスを操って・・・

ichiさん、ありがとうございます。
本番は、アルト・リコーダーで演奏しました。バスでというのは思いつかなかったです。通奏低音はyasさんがヴィオラ・ダ・ガンバで演奏して下さいました。テレマンのソナタの楽譜を持参され、何かやりましょうという際に、ガンバは意外とフラット4つのヘ短調が運指がスムーズにいくのだと仰られたので、このソナタに決めました。スピネットは、ば~やが弾いて下さいました。

サブコントラバス・・・そうですね、ススだらけになりそうです。
 
ミール
2012年08月29日 18:23
ありがとうございます。早速注文してきました。もちろんすぐに吹けるようなアンサンブル楽譜になっているとありがたいですよ、買いたいです (3時間前)
Papalin
2012年08月29日 18:25
◆◆ ミールさん、相変わらず行動力すごいですね。リコーダー・アンサンブル用の楽譜、これから少しずつ作っていこうかなと考えています。家内製手工業のプリンター印刷で・・・。(^_^;) (20秒前)
ミール
2012年08月30日 06:46
検索がすごく苦手なので(いつも脱線してとんでもない所にいたりします)リンク張ってもらえると助かります。内職頑張ってください(笑 (9時間前)
ミール
2012年08月30日 06:47
そういえば、注文はしたのですが、振込先の郵便番号と住所が最近いるようになったとかで、それを問い合わせたりで少し手間取っています。近々送金完了できる予定です。海外はよく分かりませんです(^^; (9時間前)
Papalin
2012年08月30日 06:47
◆◆ ミールさん、了解です。今回は沢山の曲があったのでサボリましたが、かなり前にミールさんと同じようなご要望を頂戴してからは、必ず楽譜の出所を記すよう務めております。今後ともご愛顧のほど、宜しくお願い致します。m(_ _)m  (4分前)
Papalin
2012年08月30日 06:48
◆◆ ミールさん、私自身は振込が苦手で、クレジットカードを使ってしまいます。特に海外は決済日の為替レートで支払えるので余計なお金を払うことなく便利です。振込しかない場合は家人にお願いしてやってもらっています。先日その様子を見ましたら、振込用紙をそのまま機械に入れるんですね。驚きました! (21秒前)
あっこ
2012年09月01日 10:26
そんなにどんどん楽器が習得できたら、センセイはあがったりです。(笑)(08月26日)
Papalin
2012年09月01日 10:27
◆◆ あっこさん、一日でサヴァールくらいになりたいと思ったのですが・・・。(^_^;) (08月26日)
あっこ
2012年09月01日 10:27
サバル、いいですねぇ!亡くなったフィゲラスとともに、大大大好き!!!(08月26日)
ふみえ
2012年09月01日 10:29
私の母校の中学は、全員必ずリコーダーかガンバを3年間履修しなければならない、変わった学校でした。今マレの一つでも弾けたら、どんなに素敵だろうと思います。トラヴェルソも頑張って下さい♪ (08月26日)
ミール
2012年09月01日 10:30
> あっこさん 初めまして 私もそー思います (08月26日)
ミール
2012年09月01日 10:30
> Papalinさん 昔サヴァールを何度も聴いたことがありました。人間くさくてとても好きです (08月26日)
ミール
2012年09月01日 10:31
分かった!Papalinさんってすごい欲張りな方なんですね(笑 (08月26日)
あっこ
2012年09月01日 10:31
> ミールさん 初めまして。私は、ガンバはかっこいいけれど、構えられなかったので断念しました。今は歌ったり声楽をお教えしています。サバル、ひたすら聞いていた時期がありました。フィゲラスが逝ってしまって、ほんと、心に空洞ができたようです。 (08月26日)
ミール
2012年09月01日 10:32
> あっこさん 私は構えたこともないです。通奏低音の方たちと昔は何度か演奏をしてもらったことがある程度のお話でして、全く知識はないです。あれってエンドピンがないから足で挟むのが難しいってことなんですか? (08月26日)
あっこ
2012年09月01日 10:34
> ミールさん エンドピン、無いですねえ。両脚ではさむのかと思っていたら、両脚の上に乗せるのだと聞きました。が、乗らない!脚、短すぎ!? 私はチェンバロで通奏低音を弾くのも大好きなので、ガンバの人も身近に見ましたが、うまい人は自由に弾いていますねえ! (08月26日)
ミール
2012年09月01日 10:35
> あっこさん あっこさんも何でもできるお方なのですね 素晴らしい! チェンバロの装飾は奏者によってかなり違うのでやり過ぎても足りなすぎても品質に影響するようですね あれは難しそうです。ガンバは持つことから大変だったとは、何でもやってみないと分からないものなんですね 知らないことばかりです(^^; (08月27日)
あっこ
2012年09月01日 10:35
> ミールさん あ、あ、私は歌と通奏低音だけです。なんでも、なんて、とんでもない!古楽の人は複数の楽器を操る人が多いから、アマチュアでも皆さんすごいと思います。 通奏低音の右手は、ほんと、難しいです。きっと、やり過ぎくらいできる人が、それを抑えて適度に弾くのがいいんでしょうね。長い道のりです。 (08月27日)
Papalin
2012年09月01日 10:36
◆◆ あっこさん、ありがとうございます。サヴァールのガンバは、私にとっては、通奏低音用だと思っていた楽器を、いきなりソロ楽器に高めてくれました。通奏低音のガンバも素敵ですが、驚いたものです。チェロとは違った軽やかな音に痺れました。 (08月28日)
Papalin
2012年09月01日 10:36
◆◆ あっこさん、数字付き楽譜で演奏できる通奏低音奏者を私は尊敬しています。(^-^ ) (08月28日)
Papalin
2012年09月01日 10:37
◆◆ ふみえさん、リコーダーかガンバという選択がとってもユニーク。私だったらガンバを選んだろうなぁ。ふみえさんはリコーダーでしたか? マレの曲、痺れます。どんな楽器でも、その楽器を愛して演奏した人が書いた曲は本当に素晴しい曲がありますね。(^-^ ) (08月28日)
Papalin
2012年09月01日 10:37
◆◆ ミールさん、人間臭くて・・・という表現が気に入りました! 演奏する曲はマレなど宮廷の音楽でしたでしょうにね。私は欲張りですか? きっとそうですね。でも、どれも極めることができない、言ってみれば器用貧乏タイプです。ガンバは写真のように弓の角度が勉強になりました。弦が6本あるがゆえの奏法ですね。 (08月28日)
あっこ
2012年09月01日 10:38
数字付低音は、う〜ん、あんまり数字を真面目に読まないですねえ。私の少ない経験ですが、大バッハ、エマヌエル・バッハなどは、一生懸命読んでおかないと弾けません。あ、あと初期バロックの、11とか、8以上の数字やフランスものも気をつけるかな。初見が遅くて、数字見ないで勘で弾いたほうがマシです (08月28日)
Papalin
2012年09月01日 10:38
◆◆ あっこさん、時代によって11とかあって面白いですね。作曲者の意図としては4ではなく11なんだなって分かって気持ちよいです。以前私はオクターブが8度で、2オクターブが16度と思っていたので、それが15度だと気づいたときにはトホホ(涙)でした。 (08月28日)
ふみえ
2012年09月01日 10:39
私はガンバを高校1年までの4年間履修しました…のに今は何も弾けません(笑)完璧に構えられるんですがwマレは旋律が美しく、コンティヌオもカッコ良いのです。何しろ数字もマレ自身がこだわって付けていますから、弾きごたえがあります。あの世界観をガンバは独り占め出来て羨ましいです。(08月28日)
あっこ
2012年09月01日 10:39
11とかって、初期バロックだけですよね。その後は、見易さ優先になっていく。。16度、ウケました♪ (08月28日)
Papalin
2012年09月01日 10:40
◆◆ ふみえさん、多分ご謙遜でしょうけれど、ふみえさんがガンバも弾かれたら、リコーダー・ソナタは一人で全部弾けちゃいますね。マレのガンバの曲は本当に魅力的です。ちょうど今私はフランスものにハマっていまして、マレの作品もリコーダーで演奏してみたいと思っています。ガンバも弾けたら最高なんですけれどね。(08月28日)
2012年09月01日 10:40
◆◆ あっこさん、そうそう、初期バロックです。愛読書のアーペル著『ピアノ音楽史』の譜例を見ていますと時代の変遷が手に取るように見えて非常に楽しいです。同じくパリシュの『音楽史』ですと16世紀のカッチーニに数字付き低音が現れてますね。 (08月28日)
P-san
2012年09月01日 10:42
自分の楽器がPapalinさんの写真に入っているって、なんかすごく嬉しいです (08月27日)
Papalin
2012年09月01日 10:42
◆◆ P-sanさん、ご自分の楽器がどれだかわかりますか? ジョイント部のアクセサリーでわかりますね。(^-^ ) (08月28日)