◆IL DIVO◆ バッハ / カンタータ第196番 シンフォニア

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
J. S. Bach (1685-1750) / Cantata 196 Der Herr denket an uns (BWV196) "Sinfonia
URL : http://papalin.yas.mu/W238/#M196


  ◇公開日: 2012年8月22日
  ◇演奏時間: 1分50秒 (6曲)
  ◇録音年月: 2012年8月 (51歳)
    上のアルファベットの曲目名をクリックして、
    Papalinの音楽室でお聴き下さい。(視聴・試聴)




合宿で取り上げる曲、その2です。
外国を訪れて、生で外国の音楽を聴くことが生涯なかった田舎者が、
どこかでフランス風序曲の楽譜を手に入れて、その楽譜から作曲の
スタイル学んで、自分でも作曲てみた・・・という感じの曲でしょうか。

勝手な感想ですが、本家本元のフランス風序曲には劣ると感じました。
この第196番は特別な目的を備えたカンタータですが、
音楽を多産しなければならなかった雇用のお約束の中では、
こうした中庸な曲もあるでしょう・・・
という意味で"劣る"という言葉を使い、またそんな風に感じたのでした。

ドイツ人の宗教音楽家であるバッハが、フランス宮廷を想像して作ったフランス風の曲。
短い曲ですが、さて、どう演奏したらいいでしょう。合宿で是非議論したいところです。

本家のフランス・バロック、それも宮廷音楽のように、きらびやかに演奏するか、
中庸のテンポでフランス風序曲っぽくドイツ・バロック風に演奏するか・・・。
合宿で是非議論したいところです。

原曲は弦楽5部ですが、使用した楽譜は6声部ありました。
テナーとバスのパートを重ねたり、一つのパートを分割させたりしているようです。



楽譜は、ドルメッチ・ライブラリーさんから借用しました。



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



使用楽器 (A=440Hz)

   アルト1       メック          オリーヴ
   アルト2       メック          オリーヴ
   テナー        全音          チェリー
   バス         ヤマハ         メイプル
   グレートバス    キュング        メイプル
   コントラバス     キュング        メイプル



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
この写真(↓)をポチッと押して下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村
 

この記事へのコメント