◆IL DIVO◆ ラッソ / 5声・6声のモテット

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
Orlando di Lasso (1532-1594) / Motet (a5,a6)
URL : http://papalin.yas.mu/W060/#M203

  ◇公開日: 2012年7月12日
  ◇演奏時間: 21分36秒 (全曲)
  ◇録音年月: 2012年7月 (51歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



ラッソの5声・6声のモテットを演奏しました。

最初に演奏した「我、岩場より生きて戻りなば」
は、エオリアンさんもコンサートで数回演奏されて
いるという、お気に入りの曲のようです。かく言う
私も以前演奏しています。さてどこで演奏したかな
と思って音楽室の中を探してみましたら、エオリアンさんのコンサートを再現したページ(音楽室の中の個室とも呼んでいます)に収められていました。なるほどでした。

3番目に演奏した「私の魂は死ぬほど悲しい」は、明後日の諏訪市博物館でのコンサートでも演奏する曲です。いい練習にもなりました。演奏の回を重ねるごとにテンポが少しずつ速くなるという傾向は今回も同じでした。録音時間で比較してみましたら、前回の演奏よりも11%ほど速くなっています。しっくり来る感じとしては、前回の演奏のテンポの方が良いかもしれませんね。

今回演奏した4曲は、5声・6声のモテットでしたが、普通だったら4声のアンサンブルと比べて「音が厚い」と感じるのでしょうけれど、今回はその前に演奏していた21曲もの曲集(聖ペテロの涙)が7声だったこともあり、逆に「音がシンプルでやや薄い」と感じてしまいました。人間の感覚って、環境によって大きく左右されますね。さすがにこの個室の最後に収めた10声(5声×2合唱隊)の曲は、ぶ厚いです。(^_^;)



楽譜はエオリアンさんからお借りしました。

   5. 我、岩場より生きて戻りなば   S'io esca vivo (a6)
  11. シュザンヌはある日   Susana un jour d'amour solicitée (a5)
  12. 私の魂は死ぬほど悲しい   Tristis est anima mea (a5)
  13. 星を見ると   Videntes Stellam (a5)



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



使用楽器 (A=440Hz)

   ソプラノ       フェール        パリサンダー
   アルト        メック          オリーブ
   テナー       全音          チェリー
   バス         ヤマハ         メイプル
   グレートバス    キュング        メイプル
   コントラバス    キュング        メイプル



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

この記事へのコメント