◆IL DIVO◆ ラッソ / 聖ペテロの涙 (1-4)

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
Orlando di Lasso (1532-1594) / Lagrime di San Pietro (a7)
URL : http://papalin.yas.mu/W060/#M204

  ◇公開日: 2012年7月9日
  ◇演奏時間: 8分35秒
  ◇録音年月: 2012年7月 (51歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



ラッソの「聖ペテロの涙」を演奏します。
21曲全てが7声で書かれているようです。

7声ともなりますと、音はかなり厚くなります。
個人的には、最後の終止音に第3音はあまり
多用しないでほしいなぁとも思いますけれど、
高音声部と低音声部の掛け合いの場面では7声という厚さが活きていますね。

今回、冒頭の4曲を演奏してみて感じたことですが、4フィートのリコーダー・アンサンブル(S・A・T・Bによるアンサンブル)って、本当に難しい。リコーダー・アンサンブルを行なう人達って、本当に難しいことに取り組んでいるのだなぁと思います。リコーダーは誰でも音の出る楽器。でも本当は難しい楽器・・・。

今回はソプラノが2パートあったためか、差音の渦の中に放り出されて、かなり苦戦しました。柔らかな響きにしたいと思って、ソプラノだけキンゼカーを使ったことも、難しさをより上げてしまいました。キンゼカーは全体的にピッチが低い上に、私がまだ"正しい運指"を身につけるに至ってないことが原因です。つまり、演奏力が稚拙です。この曲集を使って、キンゼカーのソプラノの練習をさせて戴くことをお許し下さい。

前回のラッソの記事の★5つをコピペして作ったので、★5つのままです。(^_^;)
そのうちに、★4つ、★3つに下がるかもしれませんが、そうならないように頑張るつもりです。(^-^ )



楽譜はエオリアンさんからお借りしました。

  1."Il magnanimo Pietro"
  2."Ma gli archi"
  3."Tre volte haveva"
  4."Qual'a l'incontro"



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



使用楽器 (A=440Hz)

   ソプラノ       モーレンハウエル  キンゼカー
   アルト        メック          オリーブ
   テナー       全音          チェリー
   バス         ヤマハ         メイプル
   グレートバス    キュング        メイプル
   コントラバス    キュング        メイプル



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

ichi
2012年07月10日 05:30
聖ペテロの涙は傑作ですね。頭の4曲で参ってしまいました。ラッススの死の直前に書かれた曲だとか・・・いろいろとドラマが重なって一層良く聴こえます。
Papalin
2012年07月10日 05:38
◆◆ いろいろとドラマが重なって一層良く聴こえます。

ichiさん、ありがとうございます。
そうでしたか、晩年の作品なのですね。

2つ前のブログに戴いたコメントですが、こちらにコピーさせて戴きました。私がこのブログを書くのをサボっていたことが原因ですね。

エオリアンさんの楽譜のサイトを見ましたら、「聖ペテロの涙」は21曲とも難易度1でした。これを見たときに、以前の私だったら『簡単な曲がだらだらとずっと続いて、忍耐力がもつかなぁ』と感じていたことでしょう。しかし今は『アンサンブル力が試されそうな曲だぞ』と、逆に身構えるようになりました。テクニック的に簡単な曲ほど、神経を使うようになりました。ピロピロ系の曲は、すっ飛ばせばそれなりになるものですが、こうした曲は誤魔化しが効かんのですわ。(^_^;)