◆IL DIVO◆ ジェンキンス / 6声のファンシー (1-2)

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
Fantasia à6, Fancy à6, In Nomine à6 and Pavine à6 / John Jenkins (1592-1678)
URL : http://papalin.yas.mu/W228/#M006V09

  ◇公開日: 2012年5月3日
  ◇演奏時間: 6分27秒
  ◇録音年月: 2012年5月 (51歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



ファンシー。
エオリアンさんの解説によりますと、
ファンタジアとの明確な区別はなさそうです。

現代の英語でも似たような意味だと思いますが、語感として、ファンタジアよりファンシーの方が軽い感じがします。曲もそうなのかなと思って、4フィート・アンサンブルで演奏してみました(今回は楽譜が語ってはくれませんでした)。

楽譜を見ながら聴きかえしてみますと、結構音を間違えています。
m(_ _)m ゴメンナサイ



楽譜は、エオリアンさんから借用しました。



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



使用楽器 (440Hz)

   ソプラノ      モーレンハウエル  グラナディラ
   アルト       メック         オリーブ
   テナー       全音          チェリー
   バス        ヤマハ        メイプル
   グレートバス   キュング       メイプル
   コントラバス    キュング       メイプル



曲目

   Fancy a6 No.1
   Fancy a6 No.2




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

ミール
2012年05月04日 06:07
タイトルがファンシーになっているんですね テンポ設定などもちょうど心地よいと思います。4フィート選択というのも納得ですね (1時間前)
Papalin
2012年05月04日 06:08
◆◆ ミールさんに誉められまして、嬉しいです。ありがとうございます。つくづく思うのは、リコーダーの4フィート・アンサンブルって、音をとるのが難しいなぁということです。2本のソプラノ・リコーダーだけでも唸っていますものね。8フィートの方が遥かに易しいと感じています。(^_^;)(2分前)