◆IL DIVO◆ ハイドン / ピアノ三重奏曲 第2番 ト長調 Hob XV 25

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
Joseph Haydn (1732-1809) / 3 Piano Trios No.2 in G-major Hob XV-25
URL : http://papalin.yas.mu/W239/#M101

  ◇公開日: 2012年4月7日
  ◇演奏時間: 12分42秒
  ◇録音年月: 2012年4月 (51歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



ハイドン。交響曲の父、弦楽四重奏曲の父。
交響曲というジャンルを確立させた人。それだけでなく、
最初にして史上最多の104曲もの交響曲を書いた人。

しかしながら、IL DIVO Papalinの中では、薄い存在です。
"ハイドン"で検索してみましたら、たったの3曲だけかな?

らぶしゅーべるとさんが何曲かをリコーダー・アンサンブル用にアレンジして下さっているので、こうして演奏することができますが、なかなか手を伸ばさない作曲家の一人でもあります。

というわけで、これから演奏する曲も殆ど知らないのですが、らぶしゅーべるとさんのサイトに掲載されている楽譜の演奏で、最後の作曲家となったハイドンの作品を、少しずつ演奏してみます。


まずはじめはピアノ3重奏曲。リコーダーでも3重奏にアレンジされています。沢山の音の中から最大で3個という音を選ぶのは、決して容易い仕事ではないと思いますが、ハイドンの軽快さがよく表現されているアレンジだと思いました。しかし難しい曲でした。(^_^;)



楽譜は、らぶしゅーべるとさんから借用致しました。



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



使用楽器 (440Hz)

   アルト       メック         オリーブ
   テナー       全音          チェリー
   バス        ヤマハ        メイプル



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

ミール
2012年04月08日 07:47
難易度4、Papalinさん自身も難しいとおっしゃっていましたが、大体ピアノ演奏を知らないので比べようもなく分からないのですが、難しいと感じさせることなくすべてハイドンだらけだったと思います。飽きること無く最後まで引き込まれていきました。これくらい気楽に吹けたらいいのになぁ~σ(^_^)たち(2時間前)
Papalin
2012年04月08日 07:47
◆◆ ミールさん、ハイドンの楽譜集の初っ端のこの曲、かなり手こずりました。先が思い遣られてちょっとブルーに。決して気楽には演奏していませんが、そう感じていただけるような演奏をしないと、ハイドンの曲に聴こえないですよね。思いと技術にはギャップがあります。でもいい曲ばかりで喜んでます。(^_^;)  (1時間前)
ichi
2012年04月09日 08:42
**薄い存在です。

そういえば、おいどんはハイドンでごわす・・・くらいしか記憶にないですね。
Papalin
2012年04月10日 05:50
◆◆ おいどんはハイドンでごわす・・・くらいしか記憶にない

ichiさん、ありがとうございます。
思い出しました。確か金子健治さんの曲集からの演奏でしたね。比較的最近演奏した世界の国歌もそうですが、これらに共通して言えることは、ハイドンの曲を演奏しよう!と思って取り組んでいるのではないということです。その辺りにも、ハイドンは薄い存在だと感じた所以があるのでしょう。

ただ、木管五重奏曲だけは、わざわざ木管アンサンブル用の楽譜を銀座まで探しに行って、結構お値段のする楽譜を求めて演奏したものです。学生時代に唯一ファゴットで演奏したことのある曲だったので・・・。(^-^ )