幻の音楽 Papalin

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆IL DIVO◆ バッハ / カンタータから BWV56,106,140,147,208

<<   作成日時 : 2012/03/21 06:22   >>

トラックバック 0 / コメント 16

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
J.S.Bach / Cantate BWV56,106,140,147,208
URL : http://papalin.yas.mu/W249/#M009

URL : http://papalin.yas.mu/W238/#M106 (BWV106)
URL : http://papalin.yas.mu/W238/#M140 (BWV140)
URL : http://papalin.yas.mu/W238/#M147 (BWV147)
URL : http://papalin.yas.mu/W248/#M208 (BWV208)

  ◇公開日: 2012年3月20日
  ◇演奏時間: 18分11秒
  ◇録音年月: 2012年3月 (51歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



教会カンタータだけで200もある作品の中から、らぶしゅーべるとさんが選ばれた作品は、いずれも名曲ばかりです。106番の"ソナティーナ"は何度も演奏していますが、バッハの数少ないリコーダーのための作品としてだけでなく、
名曲であると思っています。雰囲気と言いますか、流れを壊したくなかったので、バロックピッチに拘りました。このテンポの曲ならモダンピッチの低音楽器でも何とかなります。

みなさんよくご存知の"主よ人の望みの喜びよ"ですが、こんな夫婦の会話がありました。

  A:「あなたは、同じ曲を演奏すると、必ずテンポアップするのね。」
  P:「そうかい? 別に意識的にそうしている訳じゃないんだけど・・・。」
  A:「何かで読んだことがあるのね。『あなたはなぜ速いテンポで演奏するのですか?』
    とある演奏家に尋ねたら、怪訝な表情をした後に返って来た答えは何だったと思う?」
  P:「さぁ?」
  A:「『速く演奏できるから。』ですって。」
  P:「ほっほー。 ・・・」


この答えは想像外のものでしたし、ましてや自分の中には全くありませんでした。
この問いに対する私の答えは、多分、『心地よいときがあるから・・・』でしょう。



楽譜は、らぶしゅーべるとさんから借用致しました。



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



使用楽器 (415Hz)

   ソプラノ     竹山       メイプル
   アルト      鈴木       ボックスウッド
   テナー      竹山       メイプル
   バス       ヤマハ      メイプル
   グレートバス  キュング     メイプル (440Hz)
   コントラバス   キュング     メイプル (440Hz)



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
56番から聴いていますが 1から200まであるんですか?140番はやったことがあるような・・・(03月21日)
ミール
2012/04/07 07:44
すごい数の曲です。中には嫌いだから演奏しない!ってなものはないんですか?(03月21日)
ミール
2012/04/07 07:45
208番 知ってるのがでてくるとうれしくなりますね(笑 通奏低音の人たちとやったことがありました(^_^)v(03月21日)
ミール
2012/04/07 07:45
208番、この曲好きです。リコーダーと通奏低音&ソプラノを聴いたことがあります。Papalinさんの演奏すごくいいです。(03月21日)
yuri
2012/04/07 07:46
◆◆ ミールさん、教会カンタータだけで200曲あります。毎日楽譜を生産されているエオリアンさんも凄いですが、バッハも凄いですね。(03月21日)
Papalin
2012/04/07 07:46
◆◆ ミールさん、嫌いかどうかは演奏してから判断しますが、これは嫌いという曲は、そんなにもないものです。難しくて二度と演りたくないという曲は星の数ほどあります。(03月21日)
Papalin
2012/04/07 07:47
◆◆ ミールさん、「通奏低音の人たち」というのは、ガンバとかチェロを弾かれる人ということでしょうか。何だか目新しい言葉だったので、ちょっと反応してしまいました。彼らも「ソロの人たち」になることもあると思ったのです。(03月21日)
Papalin
2012/04/07 07:47
◆◆ yuriさん、ありがとうございます。最近、アンサンブルの質が上がったような気がしています。それは恐らく、メロディから録音するからだと思っています。詳しくはまたブログで書きますね。(03月21日)
Papalin
2012/04/07 07:47
通奏低音の会という名前だったので、ついそういう言葉がでてしまいました。当然ソリストでもありますがここではチェンパリスとを育てようというのが趣旨だったかと・・・自分にとってはかなり贅沢な気持ちになれました(テオルボ・ガンバ・リュート・バロックギターなどがはいると)(03月22日)
ミール
2012/04/07 07:48
◆◆ ミールさん、それは楽しそうなお仲間ですね。数字付き通奏低音をすいすいと弾いてしまう人には羨望の眼差しを向けてしまいます。私のマイミク(?)にも、お一人いらっしゃいます。(03月22日)
Papalin
2012/04/07 07:48
リコーダーのメロディーだけを見ていて、その数字を見るようにとよく注意を受けました。結局分からないまま、この会は解散しました。おまけにセンスも加わるようで難しい学問だと思いました(03月22日)
ミール
2012/04/07 07:48
◆◆ ミールさん、演奏中に数字を見て、何をどうするのでしょうか。その奥義が知りたいです。(03月23日)
Papalin
2012/04/07 07:49
和声を考えろってことだったのでしょうか?(03月23日)
ミール
2012/04/07 07:49
ここ数日寝床の中でPapalinさんのバッハをたてつづけに聴いていたら、朦朧とした意識の中で天上の声が聞こえてくるようでした。(03月23日)
P-san
2012/04/07 07:49
◆◆ ミールさん、演奏中に数字を見ながら、自分のパートを演奏する・・・これは、多分バッハでも無理でしょう。和声を考えろ・・・というのは、事前に勉強しておけ・・・と同義かも知れませんね。(03月23日)
Papalin
2012/04/07 07:50
◆◆ P-san、朦朧とした意識の中で聴こえてきた天上の声は、何と言ってましたか? (03月23日)
Papalin
2012/04/07 07:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
◆IL DIVO◆ バッハ / カンタータから BWV56,106,140,147,208 幻の音楽 Papalin/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる