◆IL DIVO◆ バッハ / フルート・ソナタ 第1番 ハ長調 BWV1033

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
J.S.Bach / Flute Sonata I C-major BWV1033
URL : http://papalin.yas.mu/W249/#M002
URL : http://papalin.yas.mu/W227/#M033

  ◇公開日: 2012年3月15日
  ◇演奏時間: 8分31秒
  ◇録音年月: 2012年3月 (51歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



エオリアンさん宅の曲の演奏が一段落しましたので、今度は、らぶしゅーべるとさん宅にお邪魔致しました。
こちらも、リコーダー・アンサンブル用にアレンジされたバッハの作品の宝庫のようなサイトです。

アレンジをされる方々は、それぞれにアレンジにおけるポリシーを持っておられると思います。そのポリシーのもとで、次に重要なのが、編曲した楽譜を使って実際に演奏できることと、自分たちで演奏して楽しいことが重要なのだと感じます。演奏することが目的の楽譜ですから、調や、何本の編成にするか、場合によっては書くパートの奏者の技量も考えながらということなのかもしれません。最後に書いたことは、バッハなどの作曲者においても実際にあったことです。

らぶしゅーべるとさんの、この「フルートと通奏低音のためのソナタ 第1番」の編曲では、第1楽章のアレンジが特徴的です。出だしのアンダンテでは、ソロのアルト・リコーダーと、通奏低音のバス・リコーダーの2本だけにしています。曲は途中からプレストに変わりますが、そこでおもむろにテナー・リコーダーが入ってきます。しかも低音でそーっと。この感じがとても好きです。ひょっとしたら原曲もそうなのかもしれませんが、心憎いアレンジだと感じました。それにしても、私の演奏は、もっとプレストを意識すべきでしたね、今は遅しです。第2メヌエットで、途中の終止が1小節余分のように感じたのですが、バッハの意図が汲み取れませんでした。

最初の2曲は忙しい曲ですけれど、全体的にホッコリした音楽に聴こえるのは何故でしょう。


楽譜は、らぶしゅーべるとさんから借用致しました。



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



使用楽器 (415Hz)

   アルト       鈴木        ボックスウッド
   テナー      竹山        メイプル
   バス       ヤマハ       メイプル



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

ichi
2012年03月16日 12:27
**雅やかな曲のはず・・・ほっこりした・・・

 それは、リコーダーの本質だから仕方ないでしょう?リコーダーが弦楽器に聴こえたり、ホルンに聴こえたり、オーボエやコルネットになったりいろいろ感覚が麻痺させられてます(笑)けど、チェンバロにはならないよ絶対に!!・・・と思います。
2012年03月16日 19:49
◆◆ いろいろ感覚が麻痺させられてます・・・

ichiさん、ありがとうございます。
それは光栄です!
私自身、バス・リコーダーの演奏が、あんなにもホルンの音に聴こえるなんて、思いもしませんでした。低音楽器は弦にも聴こえますし、そうですかオーボエやコルネットにも? 何だかとても嬉しいです。

確かにチェンバロの音には聴こえませんわな。
フルートの音にも聴こえませんですね。(^_^;)
 
そうそう、この曲をブリュッヘンがリコーダーで演奏している動画がありました。ライブ録音のようで、珍しく彼の演奏が乱れるところが聴けます。リコーダーが詰まってしまったって感じですね。(⇒URL)
 
P-san
2012年03月17日 00:08
いやー、大好きな曲なんですよ、これ♪
リコーダーだとさらにホッコリ感が増しますね(^^)。
モダンフルート+ファゴットの演奏を聴いたことがありますが、バスリコーダーでその雰囲気を思い出しました。

第2メヌエットは、フルートの楽譜では普通に1小節少なかったです(最初に演奏をお聴きしたときにあれっと思ったのですが、楽譜を探すのに時間がかかってしまいました(^^;))。

ブリュッヘンも笛の詰まり…。妙に嬉しくなります♪
Papalin
2012年03月17日 07:50
◆◆ 大好きな曲なんですよ、これ♪

P-san、ありがとうございます。
そうでしたか。眼鏡に叶う演奏になったかどうかはわかりませんが、リコーダー用の譜面も本文に書きましたように、少なくとも2つはありますので、是非演奏して下さい。

モダンフルート+ファゴットの演奏ですと、通奏低音をコントラバス・リコーダーで演奏しているtake1の方に感じが似ているかもしれませんね。先日、私は木管五重奏+ピアノというアンサンブルを聴いてきたのですが、ファゴットもとても素晴しかったです。昔ちょっと(一年弱)吹いたんですけどね。

第2メヌエット、そうでしたか。確かに変ですよね。(^_^;)

ブリュッヘンは私にとっては神さまなので、ちょっとショックでした。
でも親近感を持てたというか。変ですね。やっぱり人間でした。

鈴木の415Hzアルトの調子が良くないなぁと思って楽器を見ましたら、ブロックが0.5mmくらい外側に移動していました。布を挟んで木槌で叩いて引っ込めようとしたのですが、びくともしなかったので、壊れる前にやめました。baccoreさんに診てもらわないといけません。(^_^;)