◆IL DIVO◆ バッハ / フランス組曲 第1番 二短調 BWV812

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
J.S.Bach / Die Französische Suite I BWV812
URL : http://papalin.yas.mu/W226/#M812

  ◇公開日: 2012年3月15日
  ◇演奏時間: 14分35秒
  ◇録音年月: 2012年3月 (51歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



エオリアンさんの楽譜サイトにあるクラヴィア曲、
全部演奏してみたくなり、実行してまいりました。

現在公開されている楽譜としては、
この曲が最後の曲となりました。ちょっと寂しい。

バッハのフランス組曲や、イギリス組曲は、
なぜそう呼ばれるようになったのでしょう?
フランス風でもイギリス風でもないと思うのですが・・・。


バッハの組曲に用いられる、アルマンド、クーラント、サラバンド、ジーグは、元々は踊りのための音楽ですが、バッハはそれらの名称こそ使っていますが、踊り用としての意味はすっかり失わせ、高度に様式化された音楽(舞曲)として作曲しています。一方で、上に挙げた定番の4曲の間に挿入されるガヴォット、メヌエット、ブーレ、ポロネーズなどは、ダンス本来の特徴をよく残しています。これらのことは、私がこのサイトに初めて公開した無伴奏チェロ組曲でも然りです。こうしたバッハの組曲ですが、元は全て舞曲だったということは、演奏者の豊かな想像力とともに、演奏をする際の助言の一つとなり得ると感じています。

いかにも鍵盤用の曲といった感じのジーグ。難しい曲ですが非常に特徴的な一曲です。
この第1番のフランス組曲、あえて小編成でアレンジされたエオリアンさん。
音を削るだけでなく、必要なら足したりもして。スゴイですね。



楽譜は、エオリアンさんから借用致しました。



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



使用楽器 (415Hz)

   ソプラノ      竹山        メイプル
   アルト       鈴木        ボックスウッド
   テナー      竹山        メイプル
   バス       ヤマハ       メイプル



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

この記事へのコメント