幻の音楽 Papalin

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆IL DIVO◆ バッハ / コラール集 No.201-250

<<   作成日時 : 2012/02/25 19:46   >>

トラックバック 0 / コメント 2

≪毎日がコンサートの本番です≫

画像
J.S.Bach / Choral (Breitkopf number by Kirnberger and C.P.E.Bach) (5)
URL : http://papalin.yas.mu/W237/#M905

  ◇公開日: 2012年2月25日
  ◇演奏時間: 36分8秒
  ◇録音年月: 2012年2月 (51歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



久しぶりにバッハのコラールです。
今回は201〜250番を演奏しました。
この量が一日の限度のようです。

モダンピッチの4フィート・コンソートでの演奏ですが、
これが一番安定している楽器たちかも知れません。
プラスティックのテナーが詰まり気味なのがちょっとね。

そうそう、4フィート・アンサンブルと言いながら、バス・パートは全てキュングのグレートバスで演奏しました。低音のE,Es,D更にはCまであるので、グレートバスが良さそうです。さてこのキュングの楽器、高音のCisやDも、まるでソプラノ・リコーダーのように平気で出ます。恐るべき楽器です。コントラバス・リコーダーと共に、415Hzの替え管(中部管)が登場したら、絶対に売れると思うんだけどなぁ・・・。

今回の50曲では、205番がちょっと意外でした。楽譜が丸々2ページもあるのです。今までの200曲では、長くて1ページ。短いものだと6小節とか。しかもこの曲には何度も繰り返せとの指示もありました。私は繰り返しは全て2回としましたが、それでも演奏時間は2分42秒! これを長いと思うのは、コラールだからなのでしょうね。(^_^;)



楽譜は、IMSLPから借用致しました。



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



使用楽器 (440Hz)

   ソプラノ      フェール      パリサンダー
   アルト       メック        オリーブ
   テナー       ヤマハ       プラスティック
   グレートバス   キュング      メイプル



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
キュングのGB(借り物ですが)でバッハの管弦楽組曲練習中。おっっしゃるとおり、私のようにGB初心者でも下Cから上のC,Dまで余裕で出ます♪。驚きの楽器です。
しかしこんなに立て続けに何曲も難曲を録音されているPapalinさんは恐るべきplayerです
P-san
2012/02/26 13:47
◆◆ 下Cから上のC,Dまで余裕で出ます♪

P-san、ありがとうございます。
キュングのGB、CBの完成度は目を見張りますね。同じキュングの一世代前の楽器とは雲泥の差と言っていいでしょう。アンドレア・キュングさん自慢の楽器というのも頷けますね。

> 何曲も難曲を・・・

カケコトバでしょうか。歌うように演奏するという意味では難曲かも知れませんね。今日も続きの50曲を演奏してみました。(^-^ )
 
Papalin
2012/02/26 20:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
◆IL DIVO◆ バッハ / コラール集 No.201-250 幻の音楽 Papalin/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる