◆IL DIVO◆ 近藤浩平 / 金管アンサンブルの為の 「湖と空と風と」

≪生演奏を公開しています≫

画像
Kondo Kohei (1965-) / "Lake Sky Wind" for Brass Ensemble Op.106
URL : http://papalin.yas.mu/W243/#M003

  ◇公開日: 2011年12月27日
  ◇演奏時間: 4分14秒
  ◇録音年月: 2011年12月 (50歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



近藤さんのサイトをサーフィンしていましたら、
金管アンサンブル用のファンファーレの楽譜が
公開されていました。

「湖と空と風と」という標題にも興味をもちました。
そして解説に「初演者求む」とありました。

「初演」という文字にほだされて、リコーダーで
演奏してみようと思いたち、取り組んでみました。
私のリコーダー・アンサンブルでの演奏は、1オクターブ上げての演奏になります。


演奏中や演奏直後には、これがファンファーレなのかとやや疑問を感じたのですが、それぞれの曲のタイトルにあるように、自然の情景をテーマにしたら、こんなにも穏やかで爽やかな音になるのだなと納得しました。勿論、金管楽器での演奏ではないので、作曲者の頭の中で鳴っている音やイメージとは異なるものでしょうけれど、リコーダー・アンサンブルも捨てがたしと思うのは私だけでしょうか。

「霧のファンファーレ」が好みです。(^-^ )



楽譜は、近藤さんのホームページから借用しました。



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



曲目

   第1曲 湖のファンファーレ   No.1 Lake Fanfare
   第2曲 霧のファンファーレ   No.2 Fog Fanfare
   第3曲 風のファンファーレ   No.3 Wind Fanfare


金管楽器のパート と 主たる使用リコーダー (440Hz)

    トランペット1      ソプラノ      モーレンハウエル(グラナディラ)
    トランペット1      ソプラノ      モーレンハウエル(グラナディラ)
    ホルン1         アルト       メック(オリーブ)
    ホルン2         テナー       全音(チェリー)
    トロンボーン1     テナー       全音(チェリー)
    トロンボーン2     バス        ヤマハ(メイプル)
    バス・トロンボーン   グレートバス   キュング(メイプル)
    チューバ        コントラバス    キュング(メイプル)
    コントラバス      コントラバス    キュング(メイプル)




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

この記事へのコメント