◆IL DIVO◆ グノー / 聖チェチリア荘厳ミサ曲 Glora

≪生演奏を公開しています≫

画像
C. F. Gounod (1818-1893) / Messe Solennelle en l Honneur de Sainte Cécile (Gloria)
URL : http://papalin.yas.mu/W504/#M002 (男声版)
URL : http://papalin.yas.mu/W504/#M003 (混声版)

  ◇公開日: 2011年10月1日
  ◇演奏時間: 8分18秒×2
  ◇録音年月: 2011年10月 (50歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



キリエに続いて、今度はグロリアを歌いました。
そうです、演奏後の第一声は「歌いました」です。「リコーダーを演奏しました」ではなかったですね。

4つの部分に分けることのできるグロリア。それぞれ別の曲に分けましたが、各部分はフェルマータで終わって、次の曲へと移っていきます。グノーは、このミサ曲全体を、混声合唱に3人のソリストを加えています。この3人というのがミソだと思っています。あえてアルトを外し、女声はソプラノのみとしています。モーツァルトやベートーヴェンのミサ曲でも思うのですが、アルトのソリストの使い方って難しいのでしょう。それを一変させたのはヴェルディでしょうか。

女声を薄くしていると思われるのは、混声合唱部分でも感じることです。男声のテナーとバスを更にディヴィジョンして男声を4部合唱とし、その上にアルトとソプラノをユニゾンでのせる・・・つまり、6重唱で書かれている部分が非常に多いのです。実はこのバランスが絶妙に思うのです。今回、ヴォイス・チェンジャを使ってあえて"混声版"も作ったのは、そこにあります。男声4部だけでも美しいハーモニーとして完成されているのですが、そこに女声の2声が乗ることによって、幅のあるハーモニーになっているように感じます。アルトは"男声4部"の一員として扱われる、すなわち5部のハーモニーとして使われ、ソプラノのメロディがその上に乗る・・・というような箇所も目に付きます。こうした曲のつくりが悦に入っています。これがブルックナーになりますと、女声も4部ににして、あたかも両手の8本の指を全部使ってピアノで和音を引くような音になります。当然好き嫌いはありますが、私は、4声ではなく、8声でもない、この6声というのが、このミサ曲全体の色彩を決めているように感じます。

第4部の"Quoniam"は、"Allegro Tempo primo"の指定ですが、私は最初に出てくるAllegroである"Laudamus te"の"Allegro pomposo"よりも幾分速めに演奏しました。そういうことって、きっとリアルの演奏会でもありうることだと思いまして・・・。これら二つは、同じメロディが使われているのですが、後半の"Quoniam"での合唱のソプラノの半音階での上昇が何とも気持ちいいですね。他の5パートが、決して簡単な推移ではないハーモニーを支えていればこそなのでしょう。私の演奏はいま一つでした。

ミサ曲をはじめとする宗教曲を何曲か歌ってきますと、私の中に各作曲家の合唱の使い方のイメージが醸造されていきます。何も根拠はなく、それこそイメージそのままなのですけれど、私は偉大な作曲家たちの作品の特徴を、こんな風に捉えるようになりました。

 1.バッハ       対位法を駆使してポリフォニックに歌い上げる4声。
 2.ヘンデル      ホモフォニックに、和音でぐいぐい押していく4声。
 3.モーツァルト    リアルには歌わない音を聴くものに補わせる、心憎い3声。
 4.メンデルスゾーン 旧手法を踏襲するが、甘く切なくロマンティックな8声。
 5.ヴェルディ     ソリストと合唱の役割を完全に分けてドラマ化する4声。
 6.グノー        厚い男声4部に支えられ、バランスのとれた響きのよい6声。
 7.ブルックナー    必要な音はとにかく全部歌わせてしまおうという重厚8声。
 8.ブラームス     旧手法は踏襲するが、横(フレーズ)の流れの美しい4声。
 9.プーランク     基本的な和音なんか使わないくせに、研ぎ澄まされた4声。

みなさんの印象は如何でしょう。
ちなみにベートーヴェンは合唱の扱いがへたくそなので、リストには登場しません。(^_^;)


さて、グロリアまでは順調に来ました。そういえば、次のクレドに入る前で停滞しているミサ曲がもう一つありましたっけ。そう、バッハのロ短調ミサ曲です。忘れていませんので・・・。(^_^;)



楽譜は、こちらを使いました。



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



曲目・楽器編成・使用楽器 (440Hz)

1. Gloria In Excelsis

 【ソリスト】
    ソプラノ          Papalin

 【合唱】
    ソプラノ×2       Papalin
    アルト×2        Papalin
    テナー×2        Papalin
    バス×2         Papalin

 【オーケストラ (リコーダー)】
    アルト          メック(オリーブ)
    テナー          全音(チェリー)
    テナー          全音(チェリー)
    バス           ヤマハ(メイプル)
    グレートバス      キュング(メイプル)
    コントラバス       キュング(メイプル)


2. Laudamus te

 【ソリスト】
    ソプラノ          Papalin
    テナー          Papalin
    バス           Papalin

 【合唱】
    ソプラノ×1       Papalin
    アルト×1        Papalin
    テナー×2        Papalin
    バス×2         Papalin

 【オーケストラ (リコーダー)】
    アルト          メック(オリーブ)
    テナー          全音(チェリー)
    バス           ヤマハ(メイプル)
    バス           ヤマハ(メイプル)
    グレートバス      キュング(メイプル)
    コントラバス       キュング(メイプル)


3. Domine, Fili unigenite

 【ソリスト】
    ソプラノ          Papalin
    テナー          Papalin
    バス           Papalin

 【合唱】
    ソプラノ×1       Papalin
    アルト×1        Papalin
    テナー×2        Papalin
    バス×2         Papalin

 【オーケストラ (リコーダー)】
    テナー          全音(チェリー)
    バス           ヤマハ(メイプル)
    バス           ヤマハ(メイプル)
    バス           ヤマハ(メイプル)
    グレートバス      キュング(メイプル)
    コントラバス       キュング(メイプル)


4. Quoniam to solus sanctus

 【ソリスト】
    ソプラノ          Papalin
    テナー          Papalin
    バス           Papalin

 【合唱】
    ソプラノ×1       Papalin
    アルト×1        Papalin
    テナー×2        Papalin
    バス×2         Papalin

 【オーケストラ (リコーダー)】
    アルト          メック(オリーブ)
    テナー          全音(チェリー)
    バス           ヤマハ(メイプル)
    バス           ヤマハ(メイプル)
    グレートバス      キュング(メイプル)
    コントラバス       キュング(メイプル)



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

この記事へのコメント