◆IL DIVO◆ キンバリング / リコーダーのためのトリオ集 (1/4)

≪生演奏を公開しています≫

画像
Clark Kimberling (1942- ) / Trios for Recorders (part1)
URL : http://papalin.yas.mu/W234/#M001

  ◇公開日: 2011年5月22日
  ◇演奏時間: 31分58秒
  ◆録音日: 2011年5月 (50歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



IMSLPに、つい最近登録された
リコーダー・アンサンブル用の曲
を演奏し始めました。

作曲されたのは、米国の数学者、クラーク・キンバリングさんです。
彼のホームページはこちらです。
IMSLPで彼のソロ演奏が聴けますが、演奏の方もかなりの腕の方とお見受けしました。

まだ2曲演奏しただけですけれど、続きをもう少し演奏してみようかと考えています。



・・・ということで、順次進めていったのですけれど、9曲目で、はたと困りました。
楽譜をご覧になって、皆さまの知恵を是非お借りしたいと思います。

この曲集はリコーダー・アンサンブルのためのトリオです。
普通に考えますと、3人の奏者で演奏します。
ところが、9曲目の"Canticle 2"という曲では、音が部分的に4つあります。

楽譜には、こう書かれています。
Tenor recorders (unison) with humming

目次(Contents)には、こう書かれています。
Tenor recorder(s) with humming

私は、下2声を、リコーダーを演奏しながらハミングしました。
唇がブルブルして気持ち悪かったのと、
2つの音を笛と声とで演奏することの難しさを感じました。
リズムが単純だったら、もっと簡単だったかもしれません。

さて、あなたなら、どう演奏されますか???





楽譜は、IMSLPから借りました。



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



曲目と楽器編成

    1. A Casinha Pequenina  (S・T・B)
    2. Aspen Grove       (A・T・T)
    3. Ayesha           (A・T・T)
    4. Bouncette         (S・T・T)
    5. Brother James' Air   (T・T・B)
    6. Bulgarian Dance     (A・A・T)
    7. Cantad Al Senor     (T・B・B)
    8. Canticle 1         (A・T・T)
    9. Canticle 2         (T・T・B with Humming)
   10. Canticle 3         (A with Humming)
   11. Canticle 4         (A with Humming)
   12. Chiffdance 1       (A・A・T)
   13. Chiffdance 2       (S・A・T)
   14. Chipotle          (A・T・T)
   15. Drian Dance       (T・B・GB)
   16. Du Guesclin       (S・T・B)
   17. Easy 1           (T・T・T)
   18. Easy 2           (GB・GB・GB)
   19. Easy 3           (T・T・T)
   20. Easy 4           (GB・GB・GB)
   21. Easy 5           (S・S・S)
   22. Easy 6           (T・T・GB)
   23. Easy 7           (S・T・GB)
   24. Easy 8           (S・S・S)
   25. Ein Feines Tantzlein  (S・T・B・B with Drum)
   26. El Marinero En El Mar (T・T・B・CB)
   27. Eorabus          (A・A・T)




使用楽器 (440Hz)

    ソプラノ      モーレンハウエル   グラナディラ
    アルト       メック          オリーブ
    テナー      メック(オトテール)   ボックスウッド
    バス       メック           メイプル
    グレートバス  キュング         メイプル
    コントラバス   キュング         メイプル

    大太鼓      ジャンベ
    小太鼓      ジャンベ



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

ichi
2011年05月22日 19:24
あはははは!!
スゴイな~~~これ。すごく素朴な作り方に好感です。これは写真の感想。
さて、音楽の方は・・・もう少しってこの曲集250ページもあるけど(笑)
Papalin
2011年05月22日 21:30
◆◆ すごく素朴な作り方に好感です。これは写真の感想。

ichiさん、ありがとうございます。
……(o_ _)o パタッ

> もう少しってこの曲集250ページもあるけど(笑)

そうなんですよね~。
だから、定性的な言葉である"もう少し"を使ってみました。
飽きたらそこでお仕舞い。いつもの食い散らかしになるかもしれませんけれど、一曲目のブラジルの曲のアレンジ作品よりも、二曲目のオリジナル作曲作品の方が面白かったので、"もう少し"演ってみようと思いました!
 
ichi
2012年06月27日 12:46
去年の今頃は何をしていただろう??と思いながら、ここに来ました。曲目が多いのでだいぶ前のような気がします。キンバリングさんの曲を聴きながら、彼のHPの図形のアニメーションを見ていると音と映像がシンクロして、不思議な感覚をおぼえます。非常にクールですね。
Papalin
2012年06月30日 11:38
◆◆ 音と映像がシンクロして、不思議な感覚をおぼえます。

ichiさん、ありがとうございます。
そうでしたか、あれからもう一年が経つのですね。
いわゆる曲集が大好きな私ですので、やり始めたら止まらなくなる、その典型のような曲集でした。サイエンティストの音楽でありながら、やはりどこか面白いところがあって、それは計算ずくだったのか、そうではなかったのか。私の演奏では、それはほぼ半々ですね。頭で考えて演奏する場合と、身体が勝手に動いてしまう演奏と・・・。(^-^ )
 
さて、6月は散々でした。別の疾患でひと月に2度も手術を。
今日も病院に行ってきました。まだ痛いです~。(^_^;)