◆IL DIVO◆ ウェーブ

≪生演奏を公開しています≫

画像
Wave / Antonio Carlos Jobin
URL : http://papalin.yas.mu/W214/#M013V04

  ◇公開日: 2011年3月21日
  ◇演奏時間: 4分26秒
  ◆録音日: 2011年3月 (50歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



この曲も、オクターブ上げています。
どこで判断するのか?

それは、調と最低音です。
高音の方は殆ど気にしません。
ソプラニーノを持っていれば、大丈夫です。

この曲は、シャープ2つのニ長調。
D(レ)の音が重要なのです。
F管のコントラバスだと、Dの下に6度もあってもったいない。
一方のC管のグレートバスなら、非常に効果的に低音が使えます。
そういうのを、楽譜を見たときの直感で決めます。

この曲、何度も登場する駆け上がるところ
(例:演奏開始後20秒位のところ)がなんとも言えません。
音楽って、エクスタシーの連続です。
「押し寄せる波のよう」とは、今は言いにくいですけれど。(^_^;)




楽譜は、こちらを使っています。



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



使用楽器 (440Hz)

    ソプラノ      モーレンハウエル   グラナディラ
    アルト       メック           オリーブ
    テナー       メック           ボックスウッド (オトテール・モデル)
    バス        ヤマハ          メイプル
    グレートバス   キュング         メイプル




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

この記事へのコメント

ichi
2011年03月23日 07:07
アントニオカルロスジョビンの曲の中で、たぶん波が一番好きです。
なんでしょうねこの感覚は。光や風や皮膚感覚というか、いつ聴いても、映像を見るように同じ感覚を味わうことができます。音楽ってすごいと思います。
Papalin
2011年03月23日 07:12
◆◆ たぶん波が一番好きです。

ichiさん、ありがとうございます。
"イパネマの娘"というのは、曲名が新鮮だったので覚えていたのですが、この"波"は、音楽として耳に残っていました。美しくて、爽やかで、心地よい響きがします。"wave"は今はちょっと禁句かなとも思ったのですけれど・・・。
 
ichi
2011年03月23日 07:21
1分50秒あたりから3分30秒あたりのアドリブの旋律はオリジナルにはありません。編曲者のアレンジだと思います。
Papalin
2011年03月23日 21:08
◆◆ 編曲者のアレンジだと思います。

ichiさん、ありがとうございます。
やはり、そうでしたか。アレンジャーの訴求点ですね。
 
ichi
2011年03月29日 12:21
やっぱりモノホンの方が断然いいので、第一部をひいきにしています。
で、最初から気になっていたんですが、40秒のテーマが入るところのタイミングがちょっとおかしくないですか?上げ足をとるつもりはないんですが、ちょっと前のめりになります。
Papalin
2011年03月29日 21:29
◆◆ 第一部をひいきにしています。

ichiさん、ありがとうございます。
原曲をご存知のichiさんが、
そう仰って下さるのは、
私には嬉しいことです。(^-^ )

> 40秒のテーマが入るところのタイミングが・・・

私は原曲を知らないので --- m(_ _)m --- あわてて楽譜でチェックしました。楽譜通りに演奏していました。合っていると思います。そういう編曲なのでしょうね。原曲だと、突っ込まないで小節の頭で入るのかなぁ。どうなのかしら。
 
ichi
2011年03月29日 23:00
演奏は、アドリブがはいったり、わざとタイミングをずらしたりすることさえあります。
だから、おかしくないといえばおかしくないのですが、同じテーマが入る所のタイミングがそこだけ微妙に違うと思ったのです。17秒のとこや1分20秒のところの入り方と比べてです。
Papalin
2011年03月30日 05:41
◆◆ そこだけ微妙に違うと思った

ichiさん、ありがとうございます。
楽譜をまたチェックしました。
同じようなテーマの入りが、4回あるんですね。その中の3回は、前の小節の3拍目裏から入るのに対して、ichiさんご指摘の箇所だけ、4拍目頭から入っています。確かに違う・・・。