◆IL DIVO◆ フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン

≪生演奏を公開しています≫

画像
Fly Me To The Moon / Bart Howard
URL : http://papalin.yas.mu/W214/#M013V03

  ◇公開日: 2011年3月21日
  ◇演奏時間: 3分17秒
  ◆録音日: 2011年3月 (50歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



私の世代ですと、ポール・モーリアに代表される
イージー・リスニングという音楽に馴染みがあります。
ボサノヴァの曲であっても、こうしたジャンルの
フィルターを通して初めて耳にしたというのが私の経験です。

ボサノヴァって、コードはジャズ?
それとも、ジャズがボサノヴァの
コードやリズムを取り入れている?

私にはよくわかりませんけれど、このところ、
こうしたコードやリズムにも大分慣れました。(*´ー`)


メロディを浮かび上がらせるたえに、テナーの楽器を使い分けました。
それなりの効果はあったと思います。



楽譜は、こちらを使っています。



Papalinの多重録音で、お聴き下さい。m(_ _)m



使用楽器 (440Hz)

    アルト       メック          オリーブ
    テナー       メック          ボックスウッド (オトテール・モデル)
    テナー       全音           チェリー
    バス        ヤマハ          メイプル
    グレートバス   キュング         メイプル
    コントラバス    キュング         メイプル




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

この記事へのコメント

ichi
2011年03月22日 22:57
ボサノヴァをジャズサンバなんていうこともあるけど、ボサノヴァはサンバでもジャズでもない新しい音楽だと思っています。JAZZとして演奏されるボサノヴァも嫌いではありません。ただ、今回のポートレイトのシリーズはちょっとキモイです。
Papalin
2011年03月22日 23:09
◆◆ ボサノヴァはサンバでもジャズでもない新しい音楽

ichiさん、ありがとうございます。
なるほど。

私はものごとを、既存の何かの枠に収めて、無理やりでも整理してしまおうとする悪い癖があるようです。そのくせ、人生は枠外を歩んでいるのですけどね。(^_^;)

ポートレイト、傑作でしょう? (^u^)プププ