◇Recorder◇ リコーダーの増殖 (ガークライン)

我が家のリコーダーが また 増殖しました。



独語で、ガークライン (Garklein)。
英語ではクライネ・ソプラニーノ (Kleine Sopranino)と言います。
Kleineは独語だから、ちょっと変なネーミングですね。


画像
【 手前の楽器ではありませんよ。ガラス瓶に刺さっている大きい方の笛です。 】








音域は、C~Aの1オクターブ半ちょっと。
ルネサンス・リコーダーの音域と同じですが、
これはたまたま同じであって、
構造上の理由ではないと思います。


画像
【 ソプラニーノのお姉さんと一緒のガークライン (キュング 1101)。 (^-^ ) 】








運指が特殊です。
C#、D#のダブルホールはありません。


画像
【 ニトリで買ったこんなものに、お兄さんお姉さんたちと共に収まっています。 】








可愛いです。演奏は難しそうですが・・・。(^_^;)
音は、こちらで聴けます。




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

 

この記事へのコメント