晩秋の まるやち湖

姉の音楽教室の発表会の日。

八ヶ岳には既に3日ほど雪が降ったようです。

八ヶ岳に3度雪が降ると、いつ里に降ってもおかしくない。
昔の人は、そう言っていました。また長い冬がやってきます。



画像






画像






画像






画像






画像




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

ichi
2010年11月07日 09:43
美しい写真です。モネの印象日の出のような色合いだと思いました。自然は美しいものですが、それを美しいと感じるあなたの心がうつくしい・・・・と相田みつをも言っています。
Papalin
2010年11月07日 14:24
◆◆ ・・・と相田みつをも言っています。

ichiさん、ありがとうございます。
「それを美しいと感じるあなたの心が美しい」ということを、ichiさんも思ったのでしょうか? 「・・・と相田みつをも言っています」の"も"をどう捉えるかです。「相田みつをも、僕も」と読み解くべきか? 仮にその仮定を真とした場合、元の文章「それを美しいと感じるあなたの心」の"あなた"は、果たして私のことを差しているのかどうか。

なんとなく、今日は暇って感じなのです。
 
mari
2010年11月07日 18:47
美しいですと書きたいけれど書きにくいです。でもやはりあまりに美しいのでつい、コメントしてしまいました。
さて、小石を投げたのはどなたでしょう? 
待てよ、石を投げるとしぶきが上がってまた小さな波紋が重なるかも。
こんなにきれいな波紋は何処からきたのでしょう?
Papalin
2010年11月07日 18:59
◆◆ 小石を投げたのはどなたでしょう?

mariさん、ありがとうございます。
鋭い質問です!そうなんですよ。
波紋を起したのは一体誰だということが波紋を呼んでます。

現象としては、水面に映る夕日を浴びた山が美しかったので、構図を決めて準備していたのです。すると突然、波紋が起こりました。当然、シャッターを押します。3~4枚連写したところで考えたんです。波紋を起したのは何かって。

誰かが石を投げたということは考えられない状況でした。
鳥が空から、あるものを落としたか、
あるいは、池に棲む魚が瞬間的に顔を出したか・・・。
その辺りだと思うのですがね。
 
ichi
2010年11月07日 19:52
あまりに美しいという感じるmariさんのこころがあまりに美しい・・・とコメントされるのが嫌だったんですね。
yuriさんは非常に単純で判りやすいんですが、mariさんはもうちょっと複雑な心のひだがあります。
Papalin
2010年11月07日 20:30
◆◆ 複雑な心のひだがあります

ichiさん、ありがとうございます。
極めて単純なPapalinとしては、心のヒダは憧れです。最近はどうやら脳のヒダもなくなってきたようで、アハハです。

ところで、どんなヒダがありそうですか?
 
ichi
2010年11月07日 22:25
**ところで、どんなヒダがありそうですか?

ここからダジャレのオンパレード?・・・にはなりません。
真面目に答えると、こんな話になります。かねてより千里眼を自称する私ですが、時々ふっと確信をもって先が読めることがあります。前にPapalinさんが半井ちゃんの服の色を続けて当てたと言っていましたね。その感覚に近いものです。
大祭を観た後、yuriさんとmariさんと3人で喫茶店に入った時に、10種類くらいあるケーキの中からyuriさんが選んだケーキをあててみたんです。それは簡単にわかりました。ケーキのあるところは別なので選ぶところは見てませんよ。そうしたら、mariさんが私が選んだのも当ててみてって言うんだけれど、mariさんの選択に対して何のインスピレーションもわかないんです。好みが解らないし心が読めない。当てる以前に降参しました。これを複雑な心のひだと表現しましたが、今考えると、辛いものが苦手という味覚自体が理解出来ないことにことに由来しているのかもしれないとも考えています。
mari
2010年11月08日 19:56
**ヒダ**
はい、脳のヒダは減り、顔のヒダは増えました
こぶろんくんの研究成果を期待しています。

**辛い**
辛い(からい)ものも、辛い(つらい)ことも苦手です。
mari
2010年11月08日 23:46
うわっ、↑大きな誤解を招く恐れのある文でした。
脳のヒダが減り、顔のヒダが増えたのは、もちろん私です。
もしやほんの一瞬でも嫌な思いをされた方がいらっしゃいましたら、
ほんとうにごめんなさい。心からお詫び申し上げます。
Papalin
2010年11月09日 19:46
◆◆ 時々ふっと確信をもって先が読めることが

ichiさん、ありがとうございます。
人間も、第六感といいますか、論理的にはうまく説明できない能力がありますよね。それを奇跡とかでは片付けたくないです。亡くなったタコのパウル君の才能も!

> yuriさんとmariさんと3人で喫茶店に入った時

北京亭ではなかったのですね?

> 好みが解らないし心が読めない

それって、まだ付き合いが足りないってことぢゃね~の?

> 辛いものが苦手という味覚自体が理解出来ない

また厳しいことを仰るなぁ。
要は、辛さや苦さや渋さを味わえる程度の辛さ・苦さ・渋さの美味しさというものがありますよと言いたいのね? それなら同意します。 ただ単に辛い(と私には思われる)、何十倍カレーとかには、趣はありませんね。
 
Papalin
2010年11月10日 07:41
◆◆ 辛い(からい)ものも、辛い(つらい)ことも苦手

mariさん、ありがとうございます。
基本的に僕も同じです。
昨日は病院での検査の日でした。
造影剤を使ってのMRI検査です。
「先生、造影剤を使ってと仰いましたが、痛くはないですか?」
「全然大丈夫です。痛みは苦手ですか?」
「はぁ、まぁ。」
造影剤というと、カテーテルを連想して萎縮してしまう私は弱虫です。
 
Papalin
2010年11月10日 22:18
◆◆ もちろん私です

mariさん、ありがとうございます。
誤解しようもない危惧ですよ、それ。(^u^)プププ (失礼)