◆IL DIVO◆ 愛しのロビン / トマス・シンプソン

≪生演奏を公開しています≫

画像
Echo Fantasia / Jan Pieterszoon Sweelinck (1562-1621)
URL : http://papalin.yas.mu/W224/#M009V04

  ◇公開日: 2010年10月31日
  ◇演奏時間: 2分53秒
  ◆録音日: 2010年10月 (49歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



地味な曲です。
4フィートで演奏したら、
少しは感じが変わるのかしら。

この上級編に収められている曲は
北御門さんや、山岡重治さんらの
東京リコーダー・カルテットが
コンサートで演奏された曲だそうです。

地味です。


使用楽器

   テナー       全音      チェリー
   テナー       全音      チェリー
   バス        ヤマハ     メイプル
   コントラバス    キュング    メイプル




大勢のPapalinたちによる多重録音にて、お聴き下さい。 <(_ _)>



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

ichi
2010年10月31日 21:27
**4フィートで演奏したら、少しは感じが変わるのかしら。

4フィートでやるというよりも、こういう掛け合いの曲は実際に4人でやると楽しいんです。学生のときにやったからよくわかります。楽しいんです!!・・・4人でやると!!!!・・・
Papalin
2010年11月02日 07:42
◆◆ 楽しいんです!!・・・4人でやると!!!!・・・

ichiさん、ありがとうございます。
そんなに強調されて、誰かのお返事みたいです。

リアルでアンサンブルを組んで楽しんでおられるichiさんが羨ましいですな。田舎ではなかなかそうもいきません。というか、いないこともないのですが、なかなか満足できません。

> 学生のときにやったからよくわかります。

わが青春はすでに過ぎ去り・・・ 
自称筋肉マン
2010年11月21日 22:04
愛しのロビンを、学生のころにFrans Bruggen氏を中心とするリコーダアンサンブルをレコードで聞いたことがありますが、今回、同じ局を聞いてみて、解釈が違うとここまで異なる演奏になるのかと思いました。
Paparin氏がご自身の解釈を打ち出されているのには頭が下がります。リコーダだけでなく、合唱にも積極的に問いr組まれた故の幅広い音楽性の表れではないかと思います。
Papalin
2010年11月22日 20:54
◆◆ 解釈が違うとここまで異なる演奏になるのか

自称筋肉マンさん、ありがとうございます。
解釈なんて高尚なことは、とんとございません。
音符が何を喋っているのか、それが聴こえるだけです。
そういうのを、一般的には感性というようです。
高尚な解釈がでいるといいのですが・・・。(^_^;)