4人の直木賞女流作家と欧州の旅 (BS-Hi)

面白い番組を観ました。BS-Hiのプレミアム8。
シリーズのタイトルがいいじゃないですか、"愛と胃袋"ですって。

番組ホームページは、こちらです。

画像


4話の初回は、井上荒野さんがイタリア・ピエモンテの田園の農家を訪ね、スローフードを味わい、旅での出会いをもとに愛と料理にまつわる小説を執筆。番組内でドラマ化してしまうという番組でした。



この4本の番組の撮影を行なったのは、2年前に初めて対面した
従兄弟の映像ディレクター、ジミー小林さんです。

6月に、これらの作家たちとの一ヶ月に及ぶ欧州の旅(お仕事です)をし、先日我が家にピアニストの奥様と泊まりで遊びに来てくれました。4人の作家たちは、非常に魅力的な方々だったようです。

しかしながら、連日、朝6時から深夜0時までの18時間労働、休みなし。欧州をよく知っている彼は、カメラマンとしてだけでなく、現地での俳優のアサインなども含め、色んな仕事を期待されて、成し遂げてきたようです。



彼の撮った初夏の欧州の映像は素晴しい。
井上荒野さん作のドラマのストーリーは、ちょっと平凡で俗っぽい・・・と感じましたが、
再放送が組まれています。ご覧になって下さいませ。
僕も第2話以降も含めて楽しみです。

イタリアの田舎って、本当に憧れています。



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

ichi
2010年10月07日 20:22
へぇ~TVの話題はめずらしいですね。
第2回に登場する森絵都の作品は大好きで、全部読みました。風に舞い上がるブルーシートは傑作ですね。ドラマも良かった。同じ本におさめられている「鐘の音」を読んで、表現の幅の広さ、女性の作品とは思えない主人公の男性の描写や感受性に才能の塊だ~と思ったものです。ところがどうでしょう、久しく小説が出ていません。待ちかねているので、旅行記やエッセイでも手を出してしまいますが、凡庸でしまりがなく、がっかりさせられました。あんなにいい作品が書ける人なんだから、つまらん仕事は断って小説に専念して欲しいと切に願うのです。
yuri
2010年10月09日 13:54
ジミー小林さんはニコニコ動画のスーパーマリオブラザーズ攻略に出ている方でしょうか? アフロで、どことなくPapalinさんに似ています。^^
ichi
2010年10月09日 18:18
あっyuriさんがいる!!

415アルト、440テナー、415&440バス・・・
みんな買っちゃえ!!
そうだ! 買っちゃえ、買っちゃえ!!
ポイントが溜まったら、415のテナーも買っちゃえ!!
yuri
2010年10月09日 23:13
あっichiさん、

昨日は待ちぼうけでした(笑)

どうして私の気持ちがわかるのでしょう?
どれも欲しいですね!
あるところに立派なアイアンの傘立てがあります。
そこには私の欲しいものがいっぱいあります。
いつか、私の傘立ての中のおっしゃれーな傘とソックリ交換なんて考えております。
Papalin
2010年10月10日 06:06
◆◆ 森絵都の作品は大好きで、全部読みました

ichiさん、ありがとうございます。
お好きな作家なのですね。僕は賞とり作家とは無縁で(ichiさんがその作家を好んでおられるのは賞をとったからではないでしょうけれど)、残念ながら、この番組に登場する4人の文章は読んだことがありません。(^_^;)

> 女性の作品とは思えない主人公の男性の描写や感受性に

こういうのは、本を読んでいるだけで身に付くものではなく、少なからずの人生経験が必要だと思います。
 
2010年10月10日 06:40
◆◆ ニコニコ動画のスーパーマリオブラザーズ攻略に出ている方

yuriさん、ありがとうございます。
お~、こんなところに出ていたか~~~! ⇒
(ニオニコ動画へのサインインが必要だったと思います)

20年以上前の動画だと思いますが、基本は今も何も変わっていません。
お互いに歳を重ねただけで、過去という事実の上に
一枚上着を羽織っているだけです。

僕も、ネット公開こそしていませんが、この手のもの(動画のつくり)は大好きで、自分では、オリジナルのカセットテープを作成して、よく友達に差し上げました。迷惑だったとも思うんですけれどね。
 
Papalin
2010年10月10日 06:44
◆◆ そうだ! 買っちゃえ、買っちゃえ!!

ichiさん、ありがとうございます。
吹っ切れたコメントですね。
同じ言葉を、ichiさんにもお返ししましょう。
出番が最も少ないと思われる415テナーなんて如何です?

僕の場合は、ルネサンス・リコーダーには、まだ手を出していないというところがエライでしょう? 興味はあるんですけどね。466Hzなんて、今の僕には異次元の音ですからね。

人生一回。打ち込めるものがみつかったんだから、いいぢゃん!
Papalin
2010年10月10日 07:20
◆◆ どうして私の気持ちがわかるのでしょう?

yuriさん、ありがとうございます。
珍しく、ichiさんよりも早くの即レスです。
若者のichiさんですから、まだ寝ているでしょうね。

> 私の傘立ての中のおっしゃれーな傘とソックリ交換なんて

ヤメテー\(´。`;)ノ ~~~~~\(^_^ )オラオラ
 
ichi
2010年10月10日 08:02
**吹っ切れたコメント

こういう表現にしたのは、テレマンのコントの2人に台詞を割り振ったイメージなんですね。

**まだ寝ているでしょうね

・・・起きてるさ。
ichi
2010年10月10日 09:14
**僕は賞とり作家とは無縁・・・

こういううがった見方好きです。ボクも知らない作家が賞をとっても横目で見る方かもしれない。でも文庫になったら手にとって、気が向いたら買います。読みたい本が見つからない時に気まぐれで買って失敗するより堅いですよやっぱり。
Papalin
2010年10月10日 11:37
◆◆ テレマンのコントの2人に台詞を割り振ったイメージなんですね。

ichiさん、ありがとうございます。
はは~、恐れ入谷の鬼子母でござりまする~。

> ・・・起きてるさ。

はは~。度重なるご無礼、平に、平にご容赦を~~~。
 
Papalin
2010年10月10日 11:45
◆◆ 気まぐれで買って失敗するより堅いです

ichiさん、ありがとうございます。
受賞作品が文庫本になってから、こっそり読んだことも何度か。
やっぱりひねくれているのでしょう。うがった見方?