◆IL DIVO◆ クヴァンツ / トリオ・ソナタ ハ長調

≪生演奏を公開しています≫

画像
Johann Joachim Quantz (1697-1773) / Trio Sonata C-dur
URL : http://papalin.yas.mu/W184/

  ◇公開日: 2010年10月27日
  ◇演奏時間: 10分43秒
  ◆録音日: 2010年10月 (49歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



例のサイト・・・じゃわかりませんよね。
楽譜サイト:IMSLPを散策していた時に
この曲の楽譜を見つけました。

これは自筆譜でしょうか、手書きの楽譜としては非常に美しいのですが、現代の整った楽譜に慣れてしまった私としては、この楽譜で演奏するのは大変だなぁ・・・と思っていたのですが、yuriさんが、清書して下さいました。ありがたいことです。 m(_ _)m

  (注:その後2013年に、清書された楽譜が上記のサイトにアップされました。)

ハ長調の曲だと高をくくっていたのですが、侮ってはいけません、大間違いでした。
第2楽章は指が回りません。継ぎ接ぎだらけの録音になってしまいました。

いつかきちんと演奏できるようになりたい、素敵な曲です!



昔の偉い音楽演奏家のお言葉を、覚書としておきましょう。

「何を贅沢なことを言っているんだ、Papalinよ。私たちの時代には、これが当たり前だったのだぞ。紙は貴重なものなんだよ。でもその紙の材質は君たちの時代のような優れたものじゃなく、漂白材も使ってない、コントラストの低いものだったし、灯りだって蝋燭の炎だったのさ。音が欠けていて読めないって? Papalinよ、君もアマチュアとはいえ、音楽家の端くれだろう? 作曲家の気持ちになって考えればいいだけのことじゃないか。労を惜しむんじゃない。頭は使わないと退化してしまうぞ。そうそう、大事なことを言い忘れていた。君たちが使っている楽器だって、最高のものじゃないか。君たちの言うピリオド楽器なんて、格好いいものじゃなくて、色んなハンディを抱えていたんだ。21世紀に生きる君たちは幸せすぎるって事を忘れるんじゃないぞ。」



楽章構成と使用楽器

   Affettuoso
   Alla breve
   Larghetto
   Vivace

     フラウト・ドルチェ    :    アルト         鈴木 ステンズビーJrモデル(415Hz)
     フラウト・トラヴェルソ :    ヴォイスフルート  斎藤 ブレッサンモデル(415Hz)
     通奏低音         :    バス          ヤマハ(415Hz)




ちなみに各楽器の並び順は、向かって左から次のように配置してみました・・・
<フラウト・ドルチェ> <通奏低音> <フラウト・トラベルソ>です。


大勢のPapalinたちによる多重録音にて、お聴き下さい。 <(_ _)>



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

Anfang
2010年10月28日 01:02
一楽章はヘッドホンで聞いている左耳が高音に悲鳴をあげました。
あわてて音量を下げましたが、どんなきれいな旋律でも、笛の高い音は受け付けなくなってしまいました。特にピッコロは耳栓したいくらい。四捨五入60のせいだと思っています。
この曲の中では一番3楽章が気に入りました。5度信仰(5度進行)崇拝者なもので・・・。
2010年10月28日 07:11
確かにあの手描写譜を見ながらの演奏は大変だったでしょうね。
yuriさんに感謝です
「若いっていいですね。」(って、どなたのセリフでしたっけ・笑)
レイエの二重奏に続いてのトリオソナタ、それぞれの旋律が良く聴こえてきます。今更ですがヴォイス・フルートの響きのつややかなこと・・・
アンニュイでメランコリックな3楽章は、私も好きです。二つの旋律の絡みの美しさは言うまでもありませんが、通奏低音がまたいいですね。
小鳥たちが囀り交わすような明るく楽しげなVivaceとの落差が印象的です。

ichi
2010年10月28日 12:19
最初は懐メロ感覚で、聴いていました。大昔のかすかな記憶では、第一楽章のテーマが繰り返されるところでPapalinさんが、スケールの装飾を入れていた演奏が耳に残っています。最近の演奏の傾向からいうと、意外と淡白な出だしだと思って聴いていましたが、後半にバンバン装飾が入ってきました。全楽章通して聴いたことがあまりなかったので新鮮に楽しめました。
Papalin
2010年10月29日 22:26
◆◆ 笛の高い音は受け付けなくなってしまいました

Anfangさん、ありがとうございます。
それは大変失礼しました。リコーダーの音は、人間の声よりもはるかに高いのですね。ちなみに女声のソプラノの音は、リコーダーだと、テナー・リコーダーの音域とほぼ等しいので、アルトリコーダーやソプラノリコーダーは、かなり高いのです。

> 特にピッコロは耳栓したいくらい

不思議なことに、オーケストラのピッコロ奏者って、案外高齢者(?)が多いような気がします。私も高い音が苦手になってきており、リコーダー・コンソートでは8フィート・アンサンブルを愛するようになってきました。

> 5度信仰(5度進行)崇拝者

面白いことを仰います。私は2度が大好きです。(^_^;)
 
Papalin
2010年10月29日 22:37
◆◆ 手描写譜を見ながらの演奏は大変だったでしょう

aosta、ありがとう。
三重苦でした。
(一)手描きの譜面だった。
(ニ)エコモードで薄く印刷した。
(三)目がよく見えない。

> ヴォイス・フルートの響きのつややかなこと

ヴォイスフルートは、バロック時代にトラベルソのパートをリコーダーで演奏するがために作られた楽器です。つまり、ソロ用の楽器なのですね。ですから、クヴァンツのような曲はピッタリです。やっぱり音色が合奏用の音色ではない、艶やかな響きです。

> アンニュイでメランコリックな3楽章

僕の演奏のように、イネガル奏法で演奏したかはどうかは定かではありません。僕は最近バロック音楽の演奏ばかりしていたので、楽譜通りのリズム(イネガルではない)で演奏することができなくなっています。職業ではないですが、職業病の一種でしょう。
 
面白い話があります。イネガル奏法が全ヨーロッパの流行になって、当たり前のようになってきた時代、バロック時代の作曲家は、「イネガルで演奏するな」という注釈を楽譜に書いた人もいるとか。つまり、デフォルトはイネガルだったということなのかも知れません。
 
Papalin
2010年10月29日 22:47
◆◆ スケールの装飾を入れていた演奏が耳に残っています

ichiさん、ありがとうございます。
あれ、クヴァンツなんて演奏しましたっけ?
少なくとも、2楽章以降は演奏した記憶がありません。
本当に、頭がイカレちまったかもしれません。
何も覚えていません。
今日の夕飯は食べたっけ?
明日は台風が来るんだっけ、吹雪になるんだっけ?
ichiさんはお嫁さんがみつかったんだっけ?
あれ~? あれ~?
 
> 後半にバンバン装飾が入ってきました

ずっと紳士ではいられないようです。