◆IL DIVO◆ レイエ / ソナタ Op.1-2

≪生演奏を公開しています≫

画像
Jean Baptiste Loeillet (1680-1730) / Sonata II d-moll
URL : http://papalin.yas.mu/W107/

  ◇公開日: 2010年10月17日
  ◇演奏時間: 8分57秒
  ◆録音日: 2010年10月 (49歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



Op.1-2、記憶にありません。
そういうことって、
別に不思議ではありません。
何せ、買い物から帰ってきたら、
何を買ったか覚えてない人ですから。

ラルゴの楽章が面白いです。
アレグロとか、ジーグとかは、
そうはいっても、そんなにいじくれません。
ラルゴやアダージョは、インスピレーション。
ぶっつけ本番が面白いのです。

たまには、黒檀の楽器も使ってあげないと・・・。


楽章構成と使用楽器

   Adagio
   Allegro
   Largo
   Giga
   Gavotta

     リコーダー     アルト      メック      黒檀

     通奏低音      テナー      全音      桜
                 バス        ヤマハ     楓
                 バス        ヤマハ     楓
                 コントラバス   キュング    楓




大勢のPapalinたちによる多重録音にて、お聴き下さい。 <(_ _)>



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

自称筋肉マン
2011年01月09日 17:59
Allegroは特に指示は無いようですがa la breveのように思われます。
a la breveには謹厳な曲が多いように思われますがPapalin氏の演奏は、テンポが速くなりすぎず、a la breveに相ふさわしいものと感じました。
Papalin
2011年01月10日 22:26
◆◆ テンポが速くなりすぎず、a la breveに相ふさわしい

自称筋肉マンさん、ありがとうございます。
テンポをどうするかは、バロック作品の場合、いつも悩ましいです。でも、そう言いながら、理想のテンポというのはすぐ決まるのです。でもそのテンポは大抵、自分の実力を越えていたりします。(^_^;)