幻の音楽 Papalin

アクセスカウンタ

zoom RSS ◆IL DIVO◆ ヴィヴァルディ / コンチェルト・グロッソ Op.3より

<<   作成日時 : 2010/10/09 19:28   >>

トラックバック 0 / コメント 6

≪生演奏を公開しています≫

画像
Antonio Vivardi (ca. 1677-1741) / from "Concert Grossi Op.3
URL : http://papalin.yas.mu/W223/M005/

  ◇公開日: 2010年10月9日
  ◇連続演奏時間: 8分8秒
  ◆録音日: 2010年10月 (49歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



ヴィヴァルディは、私は吹けません。
かなりインチキをしました。告白します。

2曲目のLargoのファーストは、
とても息がもちませんので、
二人のPapalinに担当させました。

3曲目のAllegroは、ボイスフルートで演奏している
テナー・パートがない(!)ので、
これ幸いと、かっ飛ばしてみたのですが、
こりゃいかん、すっ転んでしまいました。

とりあえず、新しいバス・リコーダーの反応は良いです。(^-^ )



曲目と使用楽器

  ● Op.3-12より アレグロ

    アルト    スズキ      ステンズビーJr モデル  (ヨーロピアンボックスウッド)
    アルト    スズキ      ステンズビーJr モデル  (ヨーロピアンボックスウッド)
    テノール   斉藤文誉さん  ブレッサンモデルのボイスフルートで代用  (プラムウッド)
    バス     ヤマハ      (メイプル)



  ● Op.3-10より ラルゴ

    アルト    スズキ      ステンズビーJr モデル  (ヨーロピアンボックスウッド)
    アルト    スズキ      ステンズビーJr モデル  (ヨーロピアンボックスウッド)
    アルト    スズキ      ステンズビーJr モデル  (ヨーロピアンボックスウッド)
    アルト    スズキ      ステンズビーJr モデル  (ヨーロピアンボックスウッド)



  ● Op.3-11より アレグロ

    ソプラノ   竹山        ブレッサン モデル      (メイプル)
    アルト    スズキ       ステンズビーJr モデル  (ヨーロピアンボックスウッド)
    アルト    スズキ       ステンズビーJr モデル  (ヨーロピアンボックスウッド)
    バス     ヤマハ      (メイプル)



大勢のPapalinたちによる多重録音にて、お聴き下さい。 <(_ _)>



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ヴィヴァルディの曲は、イメージが似ている作品が多いので、どの曲を聴いても同じような印象を受ける事がしばしばですが、今回の演奏について言うならば、テンポ設定の妙と言うべきか、とても新鮮な印象で聴くことができました。
コンチェルト・グロッソと言えば、コレッリを思い浮かべますが、このヴィヴァルディの曲はいかにも華やかで、おおらかですね。
初お目見えのバス・リコーダーも、何の違和感もなく、自分の居場所を自然に確保しているように思います。モダンピッチ、バロックピッチの双方に対応する新しいバス・リコーダー、今後の活躍が楽しみです。
aosta
2010/10/09 21:50
◆◆ どの曲を聴いても同じような印象を受ける事がしばしば

aosta、ありがとう。
僕も似たような印象を持っています。ヴィヴァルディがお好きな方にとっては心外な話でしょうね。それぞれ、こんなに違いが明確ぢゃないかと怒られそうです。

そうした苦手なヴィヴァルディなのですが、最後の曲を除いては、真摯に取り組みましたよ。

> 双方に対応する新しいバス・リコーダー

僕自身は両刀使いではないので、ご心配なく。
 
Papalin
2010/10/10 07:08
初めまして。「消えがてのうた」から飛んできました。
何曲か聴かせていただきましたが、多重録音すばらしいです。
この曲を初めて聴いたのはバッハのオルガン協奏曲のフーガとしてでした。
”協奏曲 ヘ長調”の方で、ヴィヴァルディは苦手とありましたが、
それでも、ぜひお願いしたい曲が2つあります。
自分で吹けたらいいと思った曲です。(残念ながら小学生止まりのレベルなので、演奏は絶対無理で聴くのみです。)
1曲はRVナンバーがわからないので、CDに記載されてる通り写します。
・Concerto g-moll f&uuml;r Querfl&ouml;te,Oboe,Violine,Fagott und B.c.(F.]U/6)
"Allegro"
2曲目
・Sonata in A minor RV 86 "Allegro"
初めてのコメントなのに、図々しいとは承知しておりますが、
もしも気が向いたらで結構ですので、よろしくお願いします。
Anfang
2010/10/22 02:42
◆◆ この曲を初めて聴いたのはバッハのオルガン協奏曲のフーガとして

Anfangさん、ありがとうございます。
そうでした。どこかで聴いたことがあるなぁと思っていましたのは、そうだったのですね。思い出させて下さって、どうもありがとうございました。

> Concerto g-moll fur Querfloete,Oboe,Violine,Fagott und B.c.(F.X II/6)

リクエストをありがとうございました。
なんとか楽譜を探し出して演奏してみました。⇒
あまり好みではないヴィヴァルディにしては、割と好感のもてる曲でした。
でも、ヴィヴァルディは難しくて吹けません。

> Sonata in A minor RV 86 "Allegro"

楽譜がみつかりませんでした。
もしフリーの楽譜の所在とかご存知でしたらお教え願います。
Papalin
URL
2010/10/22 21:32
ありがとうございます。
感激してなんと言葉に表したらいいのか、
凄いです!!!
感想は今日の方に書き込みさせていただきます。

Sonata in A minor RV 86 "Allegro"
楽譜探せばいいのですね。
持っているCDは"IL GIARDINO ARMONICO"の演奏ですが、
早いです・・・なんでこんなふうに吹けるんだろうかと思ってたら、
タンギングで可能だと、子ども向けのリコーダー番組で初めて知りました。
(^^;)どれだけのレベルか想像つきますよね。
Anfang
2010/10/22 21:56
◆◆ なんと言葉に表したらいいのか

Anfangさん、ありがとうございます。
Anfangというハンドルネーム、いいですね。
Endeさんでなくてよかったです・・・。

この曲は僕にはかなりハードでした。
でも新しい曲を知ることができました。
市販されているCDのようには演奏できませんし、比べられるのも困ってしまいますが、それでもまぁ今後とも宜しくお願い致します。(^_^;)
 
Papalin
2010/10/23 15:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
◆IL DIVO◆ ヴィヴァルディ / コンチェルト・グロッソ Op.3より 幻の音楽 Papalin/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる