◆IL DIVO◆ 浜辺の歌

≪生演奏を公開しています≫

画像
Hamabe no Uta (Hayashi Hikaru Version)
URL : http://papalin.yas.mu/W303/M006/

  ◇公開日: 2010年8月4日
  ◇演奏時間: 3分0秒
  ◆録音日: 2010年8月 (49歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



ピアノ伴奏のアルペジオに
寄せては返す波を感じます。

あまりにも有名な曲なので、
さてどう歌いましょうか。

オーセンティックな演奏です。



使用楽器


  歌
    テナー(2)    Papalin
    バス(2)     Papalin

  リコーダー伴奏
    テナー       全音        桜
    バス        メック       楓
    グレートバス    キュング      楓
    コントラバス    キュング      楓





"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

ichi
2010年08月16日 01:43
**オーセンティックな演奏です。

まだ、この辺をうろうろしてまして、なかなか先にすすめません。
海もしばらく行っていないような気がします。
だいぶ前に『海のガリヤルド』っていうのをやっていたと思いますが、ああいうのがアバンギャルドになるのかなどと考えていました。
この曲集は編曲が面白いですね。寄せては返す波・・・そのとおりです。1番と2番2番と3番のつなぎ、終い方もきれいです。2番のソロは聴かせますね。こういう役づくりはホントに感心してしまいます。
Papalin
2010年08月16日 18:18
◆◆ まだ、この辺をうろうろしてまして

ichiさん、ありがとうございます。
aostaにも「どうしてそんなに先を急ぐの? 聴く方が消化できないうちに、どんどん次の料理が出されるって感じよ」と叱咤されます。ichiさんのペースで聴いていただけるだけで嬉しいのです。(^-^ )

> この曲集は編曲が面白いですね。

林光さんのアレンジは、東京混声合唱団の求めで混声版が最初に出来ています。それをやはり合唱団の委嘱で男声版へ焼き直したようです。合唱界では定番の名作のようです。

> 寄せては返す波・・・そのとおりです。

実はこのそんなに速くないテンポでも、リコーダー5本で、タリラリラリの6連符を演奏するのは大変でした。こんど合宿でやってみます? 特に2番目の音の担当は、至難の技です。

> 2番のソロは聴かせますね。こういう役づくりは・・・

よく気づいて下さいました。唯一、バスにメロディがやってくるところなんですね。僕の場合だと、各パート一人なので、まさにバスのソロになるわけです。同じPapalinでも、Basslin(バスパートを歌うPapalin)には、Bassの歌い方をさせないといけません。