5月1日 ガゼボの修理

8年前のGWに製作したガゼボが、だいぶ弱ってきました。


弱ってきたというよりも、その機能を果たさなくなっていました。
つまり、床が抜けそうな状況です。
塗装したコンパネも、風雪にさらされてボロボロですね。
ここ3年ほど放って置かれたので、コケまで生えちゃったりしてます。


画像
【 ボロボロになった ガゼボの床 】



上に乗ったら、ズボっと足が落ちてしまいました。
予定通り、コンパネを全部剥がしました。
キノコができていました。(^_^;)


画像
【 床を剥がしてみたら・・・ 】



床を張り替えるつもりで作業を開始しました。
『ひょっとしたら基礎もダメかな。その時は一仕事になるな。』
危惧していたことは的中でした。

2時間の予定が、4時間作業になりそうです。


画像
【 ありゃりゃ! 】



基礎の上に乗せていた材木を剥がしますと、ボキ!
あありゃりゃ、ここから修繕しないといかんか...。
これを見て一休みすることに。

どう修繕するか思案しながら、
チーズを肴にビールを2本も飲んじゃいましたので、
4時間作業の見積もりは無碍にも6時間作業に延長されました。(^_^;)


画像
【 できたぞ~! 】



ごしたい(地元の言葉で、しんどいとか、疲れるとかいう意味。
語源は"腰痛い"から来ているものと思われる。)から、
明日にしようぜ。5連休だもの、時間はたっぷりあるさ。

そうした悪魔の囁きと戦いながら、
ふらつく足元に気を配って、施工しました!
途中でJマートに行って買ってきたジグソーが大活躍です。


画像
【 隅々まで、よくできました。 】



そういえば8年前も、こういうところの寸法取りは、
現場で計りながらひとつずつ仕上げていったなぁ・・・
なんて思い出しながら。

作業台でジグソーを使って刻んで、
運搬してピタッとはまったときの快感って、快感です。
コーススレッド(木工用ビス)を留めるときもご機嫌です。


画像
【 完成は風が冷たくなってきた夕方になってしまいました。(^_^;) 】



床の材料ですが、しばらく前に、いいものを見つけました。
家の基礎を造るときに、コンクリートを流し込むときに使われる
材料だと思うのですが、これなら大嫌いな塗装工程を省略でいます。

一枚1000円ちょっと。普通のコンパネと、さほど値段が変わりません。
『しめしめ。春になったら、これで修理するぞ!』
ということで、4月30日に仕事がはけたあと、Jマートで購入して来ました。

僕の車には積めないので、Jマートで軽トラを借りて運搬してきました。
返却時には、何事も体験ということで
aostaに軽トラを運転させました。喜んでましたよ。(^-^ )


画像
【 翌朝、2階のベランダからパチリ! 】



aosta 「なんだかボーリング場の床みたいですね。」
Papalin 「いや、社交ダンス場の床みたいだよ。」
aosta 「こうなると、屋根がみすぼらしくなるわね。」
Papalin 「飲もう!」


【材料】
  床材      7000円  パネル(180×90) 6枚
  2×4材       0円  備蓄の廃材を利用
  ジグソー    4000円
  コーススレッド    0円  手持ちがたっぷり
  ビール     1000円  設計および仕上げの必需品



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

この記事へのコメント

nyankome
2010年05月03日 10:41
素敵な東屋ですね。
これからの季節、活躍しそうですね。
Papalin
2010年05月04日 07:56
◆◆ これからの季節、活躍しそう

nyankomeさん、ありがとうございます。
5月1日、我が家の桜が数輪開きました。
遅い開花です。

今朝はガゼボで朝食予定です。(^-^ )