◆IL DIVO◆ メロン・シャンソン集 (No.41-50)

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
"Mellon Chansonnier"(c.1470)
URL : http://papalin.yas.mu/W063/M009/

  ◇公開日: 2010年5月30日
  ◇連続演奏時間: ???
  ◆録音日: 2010年5月 (49歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



初期ルネサンスの演奏に、違和感とまでは言いませんが、
何かもう一つしっくりこないで、もやもやしていました。

それが晴れました。明らかに晴れました。
41曲目からの音は、自分ではその違いを感じています。

何が変わったのか、それは言葉では言い難いのですが、
凝縮して言うなら、"歌ってはいけない"ということででしょうか。

シャンソンという言葉に惑わされていました。
8フィートでの演奏に"逃げる"こともなくなりました。

ふっきれたので、
五つ星(★★★★★)です。(^-^ )



大勢のPapalinたちによる多重録音にて、お聴き下さい。 <(_ _)>


楽譜は こちら を使わせて戴いてます。



曲名 / 作曲者 / 楽器編成


  41. Paracheve ton entreprise (a3) / Morton / S/A/T
  42. A vous sans aultre (a3) / Antoine Busnoys / A/A/A
  43. Triste qui spero morendo (a4) / Vincenet du Bruecquet / A/T/T/B
  44. La pena sin ser sabida (a4) / Vincenet du Bruecquet / B/GB/GB/CB
  45. Soys emprentid (a3) / Walter Frye / A/T/T
  46. Gentil madona (a3) / John Bedingham / S/T/T
  47. Myn hertis lust (a3) / John Bedingham / T/GB/GB
  48. Ou lit de pleurs (a4) / Anonyme / S/T/T/B
  49. Or me veult bien Espewrance mentir (a3) / Anonyme / B/GB/GB
  50. Donnes l'assault (a4) / Guillaume Dufay / A/T/T/T


  ソプラノ     フェール    薔薇製
  アルト      メック     黒檀製
  テナー      全音      桜製
  バス       メック     楓製
  グレートバス   キュング    楓製
  コントラバス   キュング    楓製





"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

この記事へのコメント

ichi
2010年05月30日 14:13
プロ野球のある投手が、20-30-50の感じで力を入れていたのを0-0-100の感じにしたら、三振がとれるようになったといっていました。フォームは全く変わっていません。本人にしかわからないフィーリングの問題なんでしょうが、それはもう武士の世界です。
さて、w213-M009は、これはフランス語のページです・・・翻訳しますか?という親切なコメントが出てきます。
試してみると、41は、
「お客様のビジネスを完了」となります。
わけがわからないので、別の翻訳を試すと、
「完全なあなたの会社」となります。
でも、たぶん羊飼いが今日も仕事を終えてお疲れさん・・・くらいの歌詞なんでしょう。
P2
2010年05月31日 16:46
>歌ってはいけない
歌わないで踊っていますね。
この時代の音楽はたくさんの終止形が出てくるので丁寧に歌っていると重たくなってしまう。このくらい軽いノリで裁いていくぐらいがいいのでしょうね。
ドミナントには支配という意味合いがあって終止形の多様は宗教的影響が大きいという説もあるようです。
キリスト教は何故にこうも善悪をつけたがるのか?
日本人的思考で捉えると深刻になりすぎてしまうかもしれません。だからと言って曖昧にするわけにもいかない。音楽が立体的になりましたね。
Papalin
2010年05月31日 21:03
◆◆ 本人にしかわからないフィーリングの問題

ichiさん、ありがとうございます。
どなたがどんな反応を示して下さるかなと思っていましたが、冒頭から、ど真ん中ストライクが来たって感じです。

本人が自分の確信を上手く言葉に出来ないでイライラしているのですから、それは本人にしかわからないフィーリングの問題なのかもしれません。でも、言葉にした途端に安っぽくなりそうで、躊躇っているというのも事実です。もっと大事にしておきたい・・・。

まるっきり、オタク、自己中、陶酔、ナルシストの世界ですな。ははは。 (´ー`)
 
どうやら同じPC環境にあるらしく、僕のPCでもフランス語訳の案内が出ます。吹き出しちゃった訳もありました。
 
Papalin
2010年05月31日 21:23
◆◆ 音楽が立体的になりましたね

P2さん、ありがとうございます。
意外な感想でした。

演奏した本人としては、踊っているつもりもないし、ましてや立体的になった感じもせず、むしろ、ペタッと演奏したつもりでいました。

歌ってはいけないというのは、技術面で言うなら(本当はそれだけではないので、書きたくないのですが)、楽器の持つ最高の音を、あえて使わないということです。腹八分目にも満たない、五分目くらいで演奏しています。その音の違いに気づかれたでしょうか?

本人にしかわからないフィーリングの問題なのかもしれませんが、嫌というほどパパルテットの音を耳にしている自分は、その違いを認めています。

僕のリコーダーの音は、明るく快活だと言われてきました。それを否定するのではないのですが、どうしたら、明るくない快活でない音が出せるのか、そんなことを考えていました。そして、そのベクトルがピタッと一致して形になったのが、メロン・シャンソンの後半の曲・・・ということでした。

ドミナントの多用は、現代人にとってはトニックへの移行を予知させる、比較的親しみやすいコード進行ともいえます。宗教的な支配は、現代の想像以上のものでしょうから、仕方ないでしょうね。
 
 
P2
2010年06月01日 20:07
立体的というよりはリアリティーが生まれたとでも申しましょうか。音が明らかに変わったのは31曲目から。中世的な響きの兆しを感じました。正直に言いますと30曲目までで少しばかりマンネリを感じていたものですから31曲目でやっと面白くなってきたぞ。なんて思いました。でも控えめな印象でした。41曲目からはステップが軽くなりました。踊っているというのはそういうことです。ベタッと演奏しているというのは意外です。音楽の始めと終わりが際立ってそれでいってさらりとした終止形が魅力的だと思いました。日本人が一番苦手とすることのように思います。
歌ってはいけないの秘密についてはあえて説明しないで下さい。何となく思うところがあります。そぎ落とされた一本の線の美しさを味わっています。
Papalin
2010年06月02日 06:54
◆◆ そぎ落とされた一本の線の美しさ

P2さん、ありがとうございます。
言い得て妙・・・。

音楽にはソロであっても、アンサンブルであっても、足していく(味をつけていく)楽しみを感じていたのですが、今回(後半)は、そぎ落としていく、引いていくことを覚えました。音の作り方にしても・・・です。それを僕なりの感性の言葉で表現すると、"べたっと"となったわけです。油絵で絵の具をなぞることなく、置いたまま・・と表現したらいいでしょうか・・・。

> 日本人が一番苦手とすること

やはり僕は日本人ではなさそうですね。
(o^<^)o クスッ