5月2日 庭園美術館 4

庭園美術館には、和風庭園がありました。



僕は写真を撮るときに、季節をものすごく意識します。
この画角で撮る風景が、神無月にはきっとこうなっているだろう。
それは、撮影者の密かな楽しみでもあります。




画像





当然ながら、東屋があります。
茶室にしては大きな屋形です。
きっと庭の広さと似合う東屋を設計したのでしょう。




画像





ししおどしになっていないところがちょっとチープ。
初めて、チープなものに出会いましたが、
本当はこれが正しいのかも知れません。僕の知識がチープなのかも。




画像





一方、こちらは素晴しい!
僕が自作で作った雨樋とは雲泥の差があります。
昔の人は、金をかけるところを弁えていらっしゃる。




画像





こんな屋根は見たことがありませんでした。
何を重ねていると思いますか? 鉄板? 陶器?
正解は、銅板巻きこけら板葺き・・・です。見事!




画像





池を巡る回遊式のお庭を歩いて見ますと、
絶景ポイントが見つかります。
この暗さを画に収めたい!




画像





スナップ写真も
一枚くらいは
入れておかないとね。 (o^<^)o クスッ




画像





スナップ写真は、許せる限界まで露出を開いて撮らないとね。 (^-^ )



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

この記事へのコメント

ichi
2010年05月21日 00:40
和も洋も味わえる暮らしって素晴らしいですね。こんな暮らしが出来るのなら宮様になってみたい。
Papalinさんのところならば、まだ奥に数奇屋造りの離れなんかつくることができるんじゃないですか?
Papalin
2010年05月21日 05:38
◆◆ 宮様になってみたい。

ichiさん、ありがとうございます。
本当にそう思う?
やだやだ。僕はまっぴらゴメンだな。
自分の時間なんてなさそうだし、税金で食わしてもらうなんて、ぞっとするよ。

我が家の奥も手前も空いてますよ。
ichiさん、プロトタイピングで作品を残しませんか?小さな音楽堂が欲しいと思っていたところなんです。
(^-^ ) ニコッ