母の日コンサート 2010/5/9(日) II

行ってきました。本当です。昨日のコンサートです。(^_^;)


画像




昨夜は飲みすぎました。頭痛がとれたら、ゆっくり感想を書きます。 <(_ _)>


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

この記事へのコメント

ちゃみちゃん
2010年05月10日 09:18
すごい!!
新聞に載るなんて・・・。
拍手!!!

ご夫婦でいいですねぇー。なんだか温かい気持ちになりましたよ。

お疲れ様でした。
2010年05月10日 09:54
素敵なコンサートだったのでしょうね。
島崎光正さんの詩集、持っています。
ichi
2010年05月10日 22:11
写真だけ見ると、リコーダーを伴奏にして唱を歌っているようにしか見えない・・・完全に主役をくっている・・・母の日だからこういう絵のほうが良かったのか???
それとこの新聞の記事は事件でもないのに何故年齢を記す必要があったのか理解に苦しみます。ねぇ。
Papalin
2010年05月10日 22:24
◆◆ 温かい気持ちになりましたよ。

ちゃみちゃん、ありがとうございます。
人の前で演奏するというのは、幾つになっても緊張するものですね。やっぱり場数は大事なのでしょう。聴いて戴ける喜びを感じました。(^-^ )
 
Papalin
2010年05月10日 22:33
◆◆ 島崎光正さんの詩集

Ceciliaさん、ありがとうございます。
詩には詳しくなくて・・・。
今回aostaが選んだのは、結構ストレートな表現の詩で、コンサートでたった一回聴いて情景や心情を思い浮かべるには相応しいものだったように思います。
ichi
2010年05月10日 22:46
リコーダー奏者で会社員の・・・

この記者の文章は、なんか笑えます。
Papalin
2010年05月10日 22:48
◆◆ 完全に主役をくっている

ichiさん、ありがとうございます。
まぁまぁ、そう息巻かんといて。
僕とて想定内。僕がこのコンサートを聴いたら(見たら)一番印象に残るのはたった一曲の朗読つきの演奏だからさ。そしてきっとその写真が使われるだろうなと思ったのも想定内です。

ichiさんが指摘してくれたことは、朗読をした本人が一番気にしています。朝ポストから新聞を取ってきて、開口一番「やだ~、どうしましょう!」 出演者という一人称の思いではなく、聴衆という二人称の感性とメディアという世界の公式で選ばれるものですから、むしろ良かったと思っています。(^-^ )
 
Papalin
2010年05月10日 23:12
◆◆ この記者の文章は、なんか笑えます。

ichiさん、ありがとうございます。
再現シーン!

記者「リコーダー奏者・・・で宜しいですか?」
Pap 「はい。でも会社員です。」

記者さん、きっと歌も歌うので、リコーダー奏者? それとも、声楽家? そう疑問を持って質問されたのでしょうね。会社員・・・の答えは想定外だったようです。

そうそう、年齢のこと。
この新聞社は、地元のニュースをずっと大切にしてきています。その中で実は年齢というのは、地元の人にとっては大切な情報で、親近感を抱いたり、また名前を忘れている人であっても、年齢からその人がわかったりします。ですので、この新聞で年齢の載っていない場合は、強硬に固辞された方と思われます。

それは都会の一般紙では考えられないことだと思いますから、ichiさんの反応は最もですし、時代もそういう時代です。もっとも時代に敏感なメディアが、こうしたポリシーを貫いていることに、僕は素晴しさを感じます。ぬくもり・・・感じねぇか?
 
2010年05月11日 23:49
これねぇ、写真はお二人で写ってますが、実際には殆どpapalinさんの演奏&独唱シーンでしたよ。その辺がリアルと記事の大きな違いではないでしょうか?「母の日」という事もあるかもしれませんが、お二人を一緒に撮ろうとされたというのもあるのかも?
ですが、本当に素敵なコンサートでしたので、またの機会には是非ご参加されることをお勧めいたします。
Papalin
2010年05月12日 06:27
◆◆ 殆どpapalinさんの演奏&独唱シーン

書記さん、ありがとうございます。
8曲演奏した中で、コラボは1曲だけでしたね。その1曲の写真が使われるということはよくあることです。実際、お客様はこの朗読も評価して下さいましたしね。
(^-^ ) ニコッ