通い道 27 「寒天」

前号は・・・想像力豊かな作品でした。(^_^;)




この写真を見ただけで何だか分かる人、
お見受けしますに、
きっと、ネイティヴの方ですね?




画像





少し右に回り込んでみました。
さて何だか、
おわかりになりましたでしょうか?




画像





そうです。信州は茅野市の名産品、寒天です!
冬の田んぼは、こんな風になります。
これも、二毛作って言うのかな?




画像





寒天は、気温が低いところでないと出来ません。
寒天は、湿度が高いと、乾燥したスカスカの品物になりません。
寒天は、雪の深い地域だと、干せません。




画像





寒天を収穫(?)してしまいますと、こんな風に木枠を重ねます。
この田んぼの寒天は北を向いて干してありました。
時間帯によって、あるいは工程によって、向きを変えるのですね。




画像





信州の伊那では、世界シェアで80%を越える商品を作る会社があります。
寒天は、食べるだけでなく、世界中でバイオ実験用に使われています。
シャーレーの中で、培養に用いられるのですね・・・アレです。




画像





その会社のもう一つの大ヒット商品の名は聞いたことがあるかも知れません。
その名は「寒天パパ」。NHKで放映されていた「減点パパ」のパクリかも。
でも売れてます。ゼラチンなんて論外。ましてやパパリンなんて・・・。


"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

この記事へのコメント

yuri
2010年02月07日 22:48
多分、一番のネイティヴです。(屋根が・・・)

偶然にも、今夜のデザートは、ババロリアでした。
冬の匂いといえば、これでしたね。ネイティヴでないとわからないでしょうけど、スゴイです。











ふくろう
2010年02月07日 23:13
小学校5年の社会(日本地理)で、「茅野の寒天」と習ったのをしっかり覚えています。
「材料は海草なのになんで山の中なん?」と不思議に思って聞いたら、「寒いから」との担任の先生の答え。
昔は冷蔵庫なんてなかったもんな~ と思ったのをしっかり覚えています。
そして、天草を運ぶトラックの荷台が凍らないか心配になったのでした。

蜜豆が大好きで、お誕生日にはいつもリクエストしていました。寒天の棒はおなじみでしたが、当時は高価で、いつもは作ってもらえなかったのです。

寒天作りの写真、うん十年ぶりに念願がかない見ることができました。ありがとう!
2010年02月08日 00:23
最近朝日新聞か何かで茅野市の寒天干しの記事を見ました。
Papalinさんのお近くだなあと思っていました。
ちなみにうちの近場でも見たことありますよ。
寒天ぱぱ、愛用しています。
寒天ぱぱの工場とレストランに行くのが夢だったりして・・・。
(近くには何度も行ったのに行けてないです。)
P2
2010年02月08日 11:00
ずいぶん前のことになります。母の運転する車で中央高速を走っていました。八ヶ岳から諏訪に向かってのなんとなく下り坂になるところで、なんとなくスピードが出てしまう。すると少し先のところに長野県警の車が止まってなにやら合図を送っているではありませんか。母はスピード狂?「あら、私?」「女は私だけじゃない?」なんて言いながら大きな車に呼ばれて。残された子供は寒い風の吹く広い大地を眺めながら発見しました。どうもあれが寒天というものらしい。
2010年02月08日 13:10
うわー。初めて見ました。圧巻です。気温と湿度が大切なんですね。ダイエットの強い味方だ~!
 富山では、醤油とお砂糖で味付けた寒天汁に溶き卵を流して固めたものをいただきます。『ゆーびす』です。(訛ってないと‘ゆべし’ですが。)
 今夜のおかずが決まりました。ありがとうございます☆ さ、ゆーべし、作ってこよう♪
ichi
2010年02月09日 12:23
みなさんえらく寒天に反応してますね。壮観です。
そんな空気に水をさすようですが、私はこどもの頃はゼラチンに憧れていました。家に寒天は置いていたので水羊羹はよく作ってもらいましたが、フルーツ味のゼリーは寒天で作ったのと何か違う。子供ながらに牛乳や卵を混ぜて凍らせてなんとかアイスクリームを作ろうと頑張った覚えがありませんか?
今では寒天のおいしさも判ります。おとなですから。
m610
2010年02月10日 23:06
大勢の方々がこんなに「寒天」に反応していることに驚きです。そこで、Papalinさんがお住まいの茅野市とはどのようなところかと茅野市のHPを見ました。すると、なんと風格のある柳平市長さんに似ているではないですか。それと茅野市長さんは、市を「みんなの力」を絆として元気なまちづくりに取り組んでいるとのことです。これは、日頃、Papalinさんが取り組んでいるリコーダーこそ「みんなの力」のひとつだと思いました。そして、今回「寒天」をPapalinさんのブログで取り上げたことが、「寒天」から「茅野市」に関心が集まり、茅野市をPRすることに繋がりました。日頃のPapalinさんの音楽活動が茅野市(地域)の「まちおこし」に貢献することに繋がった感じです。このことを知れば、茅野市の元気なまちづくりに取り組んでいる茅野市長もきっと喜ぶことでしょう。時には、Papalinさんのリコーダー演奏の紹介に加えて、こうした話題を提供してくれると、Papalinさんのブログを見る楽しみがさらに深まると思います。いつも、Papalinさんの人間味あふれる人柄にホットしているm610より
Papalin
2010年02月11日 08:25
◆◆ (屋根が・・・)

yuriさん、ありがとうございます。
あれ、写っちゃってます?
(^u^)プププ

ババロリアですか、懐かしいです。
寒天は、デザート作りには欠かせませんよね。よく祖母が作ってくれました。もう40年も前の話ですけれど。

そうそう、あの匂いは強烈です。
加工に使ったあとの天草を、よく田んぼや畑に蒔いてありました。肥料なんでしょうけれど、小学校に通う頃、あの匂いには閉口しましたね。
 
Papalin
2010年02月11日 08:31
◆◆ しっかり覚えています

ふくろうさん、ありがとうございます。
すごい記憶力!
僕は大阪の名産品と聞かれても、それは大人になってから知ったもので、小学生の頃の記憶はないなぁ。せいぜいが、大阪万博くらいだもん。
(_□_:)!!

> 材料は海草なのになんで・・・

正にその通り。僕らも同じ疑問でした。先生が何て答えたかは覚えていませんが、やっぱり寒くて乾燥していて雪の少ない"地方"でないと出来ないからだと教わった気がします。

> 当時は高価で

今でも決してお安いものではありませんが、都会の知人へのお土産に持参したりします。お土産としては、軽いのは長所、潰れやすいのが短所です。それと、調理方法をご存知かどうかも。だって、僕に聞かれても答えられませんから。
(。^。)コケ!
 
Papalin
2010年02月11日 08:35
◆◆ 寒天ぱぱの工場とレストラン

Ceciliaさん、ありがとうございます。
林に囲まれた、いいところですよ。
伊那にあります。是非一度訪れて下さい。
伊那に来られたら、菓匠しみずのケーキも是非召し上がって下さい。それはもう、涎が出るくらい美味しいです。

> うちの近場でも見たことあります

僕は茅野以外ではお目にかかったことがありません。井の中の蛙・・・ですね。(^_^;)
 
Papalin
2010年02月11日 08:42
◆◆ どうもあれが寒天というものらしい

P2さん、ありがとうございます。
そう。あんな風にして作られるなんて、ちょっと想像つきませんよね。

> 八ヶ岳から諏訪に向かっての・・・

実はあそこは、魔の場所なんです。
ねずみ獲りくらいならまだ良いのですが、それまでは上りだった道が、それと気づかないうちに徐々に下り坂と化して、知らず知らずにスピードが増して、急なカーヴに差し掛かるのですね。何人もが命を落とされています。あの場所、道ができる前は墓地だったとか言われています。
 
Papalin
2010年02月11日 08:50
◆◆ 『ゆーびす』です

ちょろえ♪ちゃん、ありがとうございます。
『ゆーびす』ですか。富山ってほとんど訛りなんてないと思ったけど、そうでもないんだ。50音では表記できない音ってありますよね。『ゆーびす』美味しそうです。
 
2010年02月11日 08:57
◆◆ 頑張った覚えがありませんか?

ichiさん、ありがとうございます。
ないってば、そんなの。(^_^;)

僕は、こと食べることに関しては、全く手を汚しません。早い話が自分では何も作れないので、美味しいものを作れる人は例外なく尊敬しています。ですから自ずとゼラチンと寒天の違いも知らずに大きくなりました。右のサイト、勉強になります。
 
2010年02月11日 09:29
◆◆ 大勢の方々がこんなに「寒天」に

m610さん、ありがとうございます。
本当ですね。僕も驚いています。
寒天はとても地味だし、独特の匂いも心地よいものではないので、子供の頃は気嫌いしていました。でも、何代にも渡って守り通してきた伝統の産業といいますか、その価値は、自分が歳をとってから気づくものですね。茅野市の地場産業、他には鋸(のこぎり)なんてのもあります。あまり知られてないようですが、鋳物師屋(いもじや)なんていう名の集落もあるんですね。栄華を極めているバラクライングリッシュガーデンなんて、都会にも同じようなガーデンが出来たようですから、百年なんて持たずに姿を消してしまうでしょう。(失礼)

> 柳平市長さんに似ている

え、右のURLの写真の市長ですよね。
似てますか? (^_^;)
本物の彼の眉は、写真以上に立派です。
 
Gemini
2010年02月13日 01:15
今晩は、Geminiです

迂闊なことでしたが、茅野は寒天の本場でしたね。
隠していたわけではないのですが
私の本職は(なぜか長野に関係がないのに)寒天で…

あの半透明の角状(または棒状、粉、その他様々)の固体が
ゼリーになることは当たり前なのですが、
あれを暖めると融けて、冷やすとまた固まるのを見るのが
いまだに楽しいですね--

「寒天ぱぱ」は、今時は扱っているスーパーもありますが
(沖縄ではいまだに見たことがありませんが)、
20年ほど前は通信販売でしか入手の方法がなく、
20食分ぐらいのパックを数個手に入れて、
自分用以外のものを知り合いに分けたこともありました。

自分で寒天を(冷凍機を使って)作ることもよくあるのですが
一度は、本場に敬意を表して茅野に赴かねば、と・・・
そして、Papalinさんの生の音を(テヘへ・・・これが本音かも)

--今日も少々飲みすぎでしたね(カクッ…)
Papalin
2010年02月18日 21:56
◆◆ 私の本職は 寒天で…

Geminiさん、ありがとうございます。



生物学系?

遺伝子学系?

暖めると融けて、冷やすと固まる。
僕の心と同じですね。(^_^;)

沖縄には寒天パパがないと!
販路を開拓するよう、進言しておきます。

お出でませ、茅野に!
(^▽^笑)