◆IL DIVO◆ パヴァーン / ジョン・ダウランド

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Pavan / John Dowland (1563-1626)
URL : http://papalin.yas.mu/W224/M009/

  ◇公開日: 2010年1月3日
  ◇演奏時間: 4分13秒
  ◆録音日: 2010年1月 (48歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



この曲集も、新しいソプラノ・リコーダーの実験台となることをお許し下さい。
4フィート、8フィート、どちらがお好きでしょう?

ブログが追いついていません。
すみません。


大勢のPapalinの演奏で、お聴き下さい。 <(_ _)>



★使用楽器と編成★

  ソプラノ     フェール      紫檀製
  ソプラノ     フェール      紫檀製
  アルト      メック       黒檀製
  バス       メック       楓製

  テノール     メック       柘植製
  テノール     メック       柘植製
  バス       メック       楓製
  コントラバス   キュング      楓製



お聴き下さい。 <(_ _)>



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 A

この記事へのコメント

自称筋肉マン
2010年01月04日 21:46
John Dowland氏というとLacurimae Pavaneのような暗く、且つ退廃的な曲ばかり書いていたような印象があるのですが、Papalin氏のこの演奏を拝聴すると、Dowland氏の別の局面が見えるような気がします。
Papalin
2010年01月10日 07:25
◆◆ Dowland氏の別の局面が・・・

自称筋肉マンさん、ありがとうございます。
ダウランドは、器楽曲、声楽曲、共にかなりの作品を残しているようです。ダウランド作品のCDを聴いたことがありますが、スタイルとしてはやはり落ち着いた感じの曲が多いですよね。