◆IL DIVO◆ 雨だれの前奏曲 Op.28-15 / ショパン

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Prelude Op.28 No.15 / F. F. Chopin
URL : http://papalin.yas.mu/W214/M010/

  ◇公開日: 2009年12月13日
  ◇演奏時間: 2分24秒
  ◆録音日: 2009年12月 (48歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



ショパンが怖い存在ではなくなりました。自然に演奏できます。


★使用楽器★

  テナー      全音        桜製
  バス       メック       楓製
  コントラバス   キュング      楓製



お聴き下さい。 <(_ _)>



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

ichi
2009年12月14日 20:55
ショパンが怖い存在だった訳を知りたいですね。
ショパンの事情により・・・とか、くだらないコメントはいりませんからね。念のため。
Papalin
2009年12月15日 21:19
◆◆ ショパンが怖い存在だった訳

ichiさん、ありがとうございます。
言葉を足したら、きっとお分かり戴けると思います。「ショパンの曲をリコーダーで演奏するのが怖かった」ということですね。

リコーダーのオリジナル作品の頃は、インテンポで充分に表現することができる音楽です。それに対して、ちょうど対極的な位置にあるのがショパンの曲ぢゃないですか。それをリコーダーでどう料理できるか? 無理じゃないのか? そう思っていたんですけど、この曲の演奏で、その壁が崩壊したってことです。演奏の完成度とかぢゃなくて、ショパンの音楽に対する僕の接し方の変化と言った方がいいかも知れませんね。
 
くだらないコメント?
そんなの一度も書いたことありませんぜ。
(o^<^)o クスッ