◆IL DIVO◆ 山の魔王の宮殿にて (ペール・ギュント) / グリーグ

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
"In the hall of the mountain king" from Peer Gynt 1 Op.46 / E. H. Grieg
URL : http://papalin.yas.mu/W214/M010/

  ◇公開日: 2009年12月12日
  ◇演奏時間: 1分5秒
  ◆録音日: 2009年12月 (48歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



この曲は基本的に2音しか使ってないのに、見事なもんだ。
胸がギュントした。


★使用楽器★

  アルト      メック       黒檀製
  グレートバス   キュング      楓製
  コントラバス   キュング      楓製



お聴き下さい。 <(_ _)>



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

ichi
2009年12月12日 21:36
いっこ前で終わりかと思っていましたが、いつの間にか一曲増えていましたね。ストーカーみたいなハードリスナーですいません。暇なもんで。お疲れ様でした。
2009年12月15日 13:03
これ、聴きたかったのです。
やっと聴けました。(笑)
グレートバスとコントラバスのおかげで迫力満点ですね!
以前日本語の歌詞の楽譜を見て大笑いでした。
♪やまのむすめはいつも~だれか~おとこのくるのをまっている~・・・・♪

長女が大好きなAli Project(アリプロ)の宝野アリカがこの曲をアレンジした曲を作曲していますが(彼女はクラシックのアレンジが多い)、「山の魔王の・・・」の部分になると私はいつも♪やまのむすめは~♪と歌ってしまいます。(苦笑)

ELPだったか忘れましたがロックヴァージョンのアレンジもありますよね。
Papalin
2009年12月15日 20:33
◆◆ いつの間にか一曲増えていました

ichiさん、ありがとうございます。
さすがストーカー。チェックが厳しいです。四六時中追いかけられる若人のアイドルになった気がしました。(^_^;)

どこまで演って、キリにするか。
そういうのもあるわけですよ。
Pコンでは終われなかった・・・
ということですね。(^-^ )
 
2009年12月15日 21:43
「山の魔王の宮殿にて 」
実家にペール・ギュント組曲のレコードがあって小学生のころの私のお気に入りでした。
タイトルが付いているので感情移入しやすかったのでしょうね。良く弟たちと「ペール・ギュントごっこ」をして遊びました。ソルヴェーグかオーゼかアニトラかと言われればやっぱりソルヴェーグ役をやりたかったんですけど、なぜかオーゼが回ってくることが多かったような・・・
で、この「山の魔王の宮殿にて」が始まると、みんな勝手な振り付けをして踊りまわっていました(爆)

>この曲は基本的に2音しか使ってないのに・・・

最初、この「2音」の意味がよくわかりませんでした。
今も良く分からないのですが、つまりは、非常にシンプルな音を選んでいるのに(つまりその時々の旋律と伴奏の音がふたつしかない、と言う事なのでしょうか?)これだけ雰囲気を作り出す音楽ってすごいと思います。どこか妖しげで誘うような感じがとても魅力的です。また踊りたくなったりして(笑)。
Papalin
2009年12月15日 21:49
◆◆ ♪やまのむすめはいつも~だれか~

Ceciliaさん、ありがとうございます。
あははは。
書かれた通りに今歌ってみました。音符にピッタリはまって、大笑い。ヾ(@^▽^@)ノ わはは

その後に続く歌詞が知りたいですね。
良い子の僕としては・・・、
♪年端の行かぬ~若い~男~生き血を吸うのが楽しみで~~~
かなぁ。

でも、もっとほかの歌詞が頭に浮かんでます。
書けましぇ~ん。(^_^;)
 
Papalin
2009年12月18日 21:40
◆◆ なぜかオーゼが回ってくることが

aosta、ありがとう。
回ってくる・・・というところに、aostaの良く言えば協調性、そうでなければ優柔不断さが垣間見えるような気がします。ペール・ギュントのお話を知らないので、どの人がどんな役なのかわかりません。そんな状態で演奏してはいけないのでしょうね、きっと。
ぺこ <(_ _)>

> 小学生のころの・・・

僕は生まれていなかったか、生を受けていたとしても、おむつをしていたでしょう。

(。^。)コケ!