◆IL DIVO◆ ワルツ Op.39-15 / ブラ-ムス

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Walzer Nr.15 Op.39 / J. Brahms
URL : http://papalin.yas.mu/W214/M010/

  ◇公開日: 2009年12月12日
  ◇演奏時間: 1分46秒
  ◆録音日: 2009年12月 (48歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



「おいどんは ブラームスで わるつ。」


★使用楽器★

  テナー      全音        桜製
  バス       メック       楓製
  グレートバス   キュング      楓製
  コントラバス   キュング      楓製



お聴き下さい。 <(_ _)>



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

ichi
2009年12月12日 20:33
「おいどんは ブラームスで わるつ。」

う~ん? 赤とんぼの羽をとったら、あぶらーむす。でどうですか?
Papalin
2009年12月15日 20:14
◆◆ 赤とんぼの羽をとったら・・・

ichiさん、ありがとうございました。
あれ、前もこんなのなかった?
ひょっとして、"あのねのね"のファンだった?
 
2009年12月15日 20:39
中学の時の音楽の教科書にあった「ブラームスの子守唄」を聴いて、音楽室にあった肖像画のイメージが(怖そうなおじさん!)払拭され、続いて聴いたこのワルツで、ブラームスってロマンティストなんだと思ったaostaでした。しっとりと優雅なこの曲に、暖かなリコーダーの響きが素敵に似合いますね。
まるで夢を見ているようなワルツです。
Papalin
2009年12月15日 21:58
◆◆ ブラームスってロマンティスト・・・

aosta、ありがとう。
ブラームスって、ベートーヴェンの(音楽の)偉大さに打ちひしがれちゃって、40歳を過ぎるまでシンフォニーが書けなかったと言う,超真面目な僕みたいな性格の音楽家だったのですね。シューマンとクララとの関係なんかみても、そのプラトニックな純粋な(?)愛の形はブラームスを物語っていると思います。

でも(だからかな?)、こんな優しい曲を書いたのですね。(^u^)