◆IL DIVO◆ ブラヴェ / ソナタ 3

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Michel Blavet (1700-1768) / Sonate III
URL : http://papalin.yas.mu/W208/

  ◇公開日: 2009年11月18日
  ◇連続演奏時間: 10分11秒
  ◆録音日: 2009年11月 (48歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



最後の曲、3番目のソナタは可愛らしい曲でしたので、
ソプラノ・リコーダーで演奏してみました。

熱が下がったようなので、
今日は元気にお仕事に行ってきます。(^-^ )


★使用楽器★

       (1) 竹山  ソプラノ 楓製  (415Hz)
       (2) 竹山  ソプラノ 楓製  (415Hz)



お聴き下さい。 <(_ _)>



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

yuri
2009年11月19日 10:26
風邪、大丈夫ですか?
無理なさらないでくださいね。

以前に演奏されたヴォイスフルートのラルゲットの気だるい感じが好きで聴いていましたが、ソプラノの響きもいいですね。
ラルゲットだけでなく、ソナタを通して聴くと曲のイメージが変わりました。
P2
2009年11月20日 09:35
以前、脳内ホルモンなんて言葉が流行語になったことがあったと思います。私の記憶では楽しいことや好きなことをしていると多少の病気は治ってしまう。癌細胞なんていうのも消えてしまうということでした。
Papalinさんの音楽は特効薬ですね。
3曲のソナタからPapalinさんがだんだん元気になっていくのがよくわかります。
Papalin
2009年11月20日 20:48
◆◆ ラルゲットの気だるい感じが好き

yuriさん、ありがとうございます。
こうして↑のように言葉を切り取ってしまうと、ラルゲットがお好きとなってしまいますが、以前演奏した曲が好きとも、ボイスフルートが好きとも、如何ようにもとれる文章でした。

yuriさんの主旨とはちょっと違うかも知れませんが、ラルゲットというのは、それだけで興味をそそられます。ラルゴでもない、かといってアンダンテやモデラートでもない、ましてやアダージョでもないわけで、僕はまずう考えるかというと、「曲のテンポは遅くはない」と捉えます。そして、その思い込みで演奏すると、こんな感じになります。

> ソナタを通して聴くと曲のイメージが・・・

そうなんですね。
前後に楽曲が用意されているから、その中の一つの楽章が映えるということだと思います。ご飯を食べた後のドルチェは格別でしょう?
(o^<^)o クスッ
 
Papalin
2009年11月22日 08:30
◆◆ だんだん元気になっていくのが・・・

P2さん、ありがとうございます。
そうでしたか?
自分では気づきませんでした。
曲のもつ雰囲気も、
3番が一番元気の出るものでしたね。

風邪はだいぶ良くなりました。
咳はまだちょっと続いています。