通い道 26

10月最終週。八ヶ岳に初冠雪です。




画像
【 わが家は林の中。でも50m歩けば八ヶ岳が見えます。 】







画像
【 ドウダンよ 今が盛りと 咲くごとく 】







画像
【 雪が降ると、横岳の立体的な岩石が見えるのです 】







画像
【 阿弥陀の頂付近には緑も見えます。赤岳は雲隠れ。 】







画像
【 手前の牧草地にだけ日が差して、幻想的です。 】







画像
【 編笠(岳)に掛かる月なんて、昔の人なら一句も二句もって感じです。 】







画像
【 最近わが家の周りでは、物騒な張り紙が登場しました。(^_^;) 】






"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

この記事へのコメント

ふくろう
2009年10月30日 23:39
えっ? Papalin出没注意なのですか?!
ichi
2009年10月31日 02:05
ドウダンツツジの紅葉きれいです。でもなんで秋に落葉樹の葉っぱが赤や黄色に色づく必要があるんでしょうか?花や果実の色は理にかなっているんですけれども。答えは・・・だってきれいでしょう?としか言いようがありませんね。美の前にはひれ伏すしかないですね。秋の景色で思い出ぶかいのは、11月に尾瀬で見た夕焼け。山小屋で外が赤いなと思って外に出てみたら、沼も真っ赤に染まっていてこの世の景色とは思えませんでした。動物も何かを感じているんでしょうね。
nyankome
2009年10月31日 06:42
山が雲の傘を被って、その上に月が出るなんて、素敵な光景ですね。クマもそろそろ冬眠準備で忙しいのでしょうか?
Papalin
2009年11月01日 07:36
◆◆ Papalin出没注意なのですか?!

ふくろうさん、ありがとうございます。
僕の住む林は、ふくろうも生息している安定した林なのですが、熊はお呼びではありません。今年は鹿も繁殖し過ぎたようで、農家を中心に嫌われております。

Papalin出没注意!
変質者みたいですね。(^_^;) (^_^;)
 
Papalin
2009年11月01日 07:39
◆◆ 赤や黄色に色づく必要があるんでしょう

ichiさん、ありがとうございます。
生物学的に言ったら、何らかの酵素かなんかを出して、変態を遂げてから退路を絶って葉を落とし、凍る冬を乗り切る・・・なんてことなのでしょうか。当てずっぽうです。沼が真っ紅に染まる尾瀬の紅葉、綺麗でしょうね。

> 美の前にはひれ伏すしかない

毎日、ひれ伏しております。
ゞ(_。_)ゞ パタリッ
 
Papalin
2009年11月01日 07:41
◆◆ 山が雲の傘を被って、その上に月が・・・

nyankomeさん、ありがとうございます。
この山の名は、その形から、編笠岳といいます。編み笠の上に傘が、というところも風流ですな。
 
2009年11月03日 19:36
熊ですか~~、こわいですね。
しかし、
美しい
2009年11月03日 20:21
takasiさん、
「美しい」を「美味しい」と読んでしまい、takasiさんは熊を召し上がったことがあるんだわ!と思ってしまったaostaでした。
熊の手のひらはいつも蜂蜜を食べてるから美味しいという話が本当なのか、確かめられるかも、と思ったのですが、とんだ早合点でした。しかし残念!
しつこいようですが、熊を召し上がったことはありませんよね?
2009年11月04日 08:38
こちらでは、熊は捕れません。
いのししは、結構捕獲されるので
おいしいですよ!
先週も、豚汁にしていただきました。
おっと、猪汁ですね。
ichi
2009年11月04日 22:20
なかなかブログが更新されないので、熊の話にのっかろうかな。
親が娘に熊とか熊子とかつける気持ちがわかりません。落語とか芝居とかにお熊さんとか、お熊姐さんとかよく出てきますね。大隈さんじゃありませんよ。
昔、採石場に行った時、朝捕まえた猪を潰して鍋にしているから食べていけといわれて、戴いたのが猪鍋の初体験でした。雪がちらつくような寒い日でした。格別ですね。
Papalin
2009年11月08日 07:34
◆◆ こわいですね。

takasiさん、ありがとうございます。
熊はやっぱり恐いですね。特に子熊を連れている母熊だったりなんかしますと、人間(敵)と立ち向かうのも仕方のないことだと思います。

さて、好む好まざるに関係なく、熊が身近なものとなった以上、有事の際を想定して、イメージトレーニングしておかねばなりません。遠くに姿を見たら、ゆっくり退散しますが、もし襲われたら・・・。一応考えているんですよ。(^_^;)
 
Papalin
2009年11月08日 07:37
◆◆ 「美しい」を「美味しい」と読んでしまい

aosta、ありがとう。
思い込みは老化現象の一つとか。
ゞ(_。_)ゞ パタリッ

こんな田舎に住んでいながら、熊の味を知らないのですか? 僕は鹿なら食べたことがります。 熊は未経験です。
 
Papalin
2009年11月08日 07:40
◆◆ おっと、猪汁ですね。

takasiさん、ありがとうございます。
海の幸だけではなくて、山の幸(と言うのかなぁ)も豊富なのですね。

takasiさんからのコメントを拝見して、イベリコ豚の料理が食べたくなったのは、朝食前の時間の、ただの食いしん坊です。(^_^;)
 
Papalin
2009年11月08日 07:43
◆◆ 格別ですね。

ichiさん、ありがとうございます。
最近、ウィークディはそれなりに疲れてしまって、なかなかPCに向かえません。すみませんです。

猪鍋ですか。
仰るようなシチュエーションだと、味も格別なんでしょうね。猪って、想像していたより、ずっと小さかったです。狸もそうでした。狐はジャスト・サイズでしたけれど、逆に鹿は大きかったです。