要 精密検査

検体2つのうちの一つが、陽性反応でした。


30代の頃は、毎年、胃のレントゲン検査で引っかかり、
毎年、胃カメラを飲んでおりました。
でも、便鮮血反応検査で引っかかったのは初めてでした。
あの日、ふんばったっけな?
……(o_ _)o パタッ


検査結果が出たのが、先週金曜日。
翌日、土曜日に、胃腸科を訪れました。行動は早いのです!

精密検査には二種類のやり方があるそうです。
一つはよくご存知の内視鏡による検査。
そしてもう一つは、胃のレントゲン検査と同様で、
バリウムを使ってのレントゲン検査だそうです。

どちらを選択しますかと尋ねられました。が、先生が先に仰いました。
小口先生「細部まで見逃さずに検査できるのは前者です。」
Papalin「お願いします。」
   ・・・ 通院前から覚悟してましたから。

小口先生「いつにしますか? うちは木金に検査をしています。」
Papalin「最速でお願いします。」
   ・・・ 通院前から覚悟してましたから。

小口先生「来週の金曜日、空いてますね。」
Papalin「お願いします。」
小口先生「18日CF。」
   ・・・ スタッフに向かって、専門用語で。


画像



昨日(17日)は、妻が大変なようでした。
肉ダメ、野菜ダメ。お弁当のおかずはどうしましょう? 夕飯のメニューは?

結局、お弁当は巨大卵焼きと、消化に良さそうな付け合せが。
夕食は、冷奴でした。(^_^;)

水分は朝でも補給してよいと書いてありますので、
ビールと角の水割を浴びるほど戴いて就寝。(^_^;)



翌朝は、前夜20時に飲んだ下剤に起因する腹痛で目が覚めました。
Papalinは、比較的規則正しいお通じがあるので、下剤知らず。
そういう人って、下剤は人一倍効くんだよね。この鈍痛は苦手です。

朝8:30、医院に到着。
玄関をお掃除している女性のにこやかな表情に救われます。
   ・・・ そう、小心者です。

吐き気止めの薬を一錠。受付の事務の女性が
水の入ったコップをくれました。
   ・・・ なかなかいいサポートです。

次いで血圧測定。120の70。
   ・・・ こんなに酒飲みなのに、絶好調!



2階の畳のお部屋に通されました。
本当に小さな座卓と座布団1枚、シングル布団が一組
   ・・・ 当たり前か。

看護師さんが、2リットルの腸内洗浄剤と湯呑茶碗を持ってこられ、
「頑張って飲んでくださいね。」

以降、一生懸命この一応レモン味と書いてあった液体を飲みました。
   ・・・ 好みとしては、もう少し味付けがほしかったな。
      水で薄めすぎたゲータレードのような味でしたっけ。

20分くらいでもよおして来ました。あの感じって嫌ですね。

9時から11時まで2時間かけて、2リットル。
排泄には4~5回行きました。お尻が痛いっす。(^_^;)

飲む溶液は、ポカリスエットのような色なのですが、
最後の排泄の時には、ゲータレードの色になりました!
……(o_ _)o パタッ

本が一冊読めました。

後ろ側に穴の空いたブリーフをはき、検査着に着替えて待機。
12時に看護師さんからお呼びがかかって、検査室に。

左を下にして、横向きで横たわりました。
看護師「内臓の動きを弱めるために、注射を2本しますね。」
   ・・・ 注射だ! それも2本!
   ・・・ 痛かった~! 痛かった~!
      。・°°・(;>_<;)・°°・。 。・°°・(;>_<;)・°°・。

12:15。小口先生が登場。
小口先生「今日は患者さんが多くて、予定よりも遅くなってすみません。」
Papalin「いやいや(トホホ)、宜しくお願いします。」

小口先生「まず肛門に注射しますね。」
Papalin『え、また注射??? !!!』

Papalinからは当然見えないのですが、
それは、いわゆる浣腸のように、肛門から何かの液体を注入したものと
思われました。グリスの役割をするものかなぁ。
   ・・・ なんだ、へっちゃらだ。

いよいよ、何やらホースの先っちょが体内に挿入されたようです。
と同時に、コンプレッサみたいなものが動き出しました。
どうやらPapalinは、パンク修理した自転車のタイヤのようになっているようです。
空気がどんどん入ってくるのがわかります。
お腹が膨れます。普段でも豊かなお腹が・・・
   ・・・ あ、あ、あ゙~~~~~~~~。

そして、ゆっくりと、内視鏡本体が、Papalinを潜り抜けていきます。
途中で仰向きになり、左の片膝を立て、その上に右足を組む格好にかわり
15分くらい経ったでしょうか。もう検査は終りかな? と思いましたら、
小口先生「じゃぁ一緒にモニターを見ますかね。」
Papalin「はぁ。(^_^;)」

先生「いまこの辺りです。」
と僕のお腹をポンポンと揺すります。
映像がそれに伴って揺れます。

小口先生「下の方に青っぽく見えているのが肝臓ですよ。」
Papalin「あ、見えます見えます。ホワグラ状態ですね。」
小口先生「ニヤッ」


画像



辛いのは、お腹がパンパンになることと、
ファイバーが要所を曲がり切るときの鈍痛。
途中で「先生、今日はこの辺でどうでしょうか?」って言いたかったけど、
そこはPapalin、我慢しました! 偉いでしょう?
途中から来週やりますか? なんて言われたら嫌だもん。

それでも、何回か眉をひそめますと、先生は「はい、もう終わりますよ。」と。
看護師さんは、すねや太もも辺りをさすって下さいます。
Papalin「ありがとうございます。」
でも、あまり長くはやってくださらず、妻の方が優しいなと思ったり。

そうそう、検査されているときに、どんな曲が頭の中で鳴ってたと思いますか?
なんと、モーツァルトでした。
曲は、『音楽の冗談 K.522』。
うっそだろ~って、Papalinも思いましたけどね。(^-^ )


画像



これは、肛門を内側から見た映像です。ぺこ <(_ _)>

ファイバーがPapalinの肛門から入って、Jの字に曲がって、先端のカメラで
撮った写真です。ちょっとただれているのがPapalinにもわかりました。
小口先生「ひょっとしたら、この辺りから出血があったのかも知れませんね。」
日本人の大腸がんの大多数は、この部位に出来るんだそうです。

Paalinの大腸の粘膜は、全般に渡って、とっても綺麗だそうです。
   ・・・ よかった~。

終わって時計を見たら12:45でしたので、正味30分位の検査でした。
小口先生と看護師さんに礼を言って、また2階の和室へ。
あとは点滴を済ませて帰れるわけです。
Papalin『ビールと、脂っこいものが食べたいな~。』
もうご機嫌です!


画像



点滴の2時間は、眠ってしまいました。
途中で、今までで一番長~い、オナラをしました。(^_^;)

帰りは15:30。異性の気持ちが少しだけわかった一日でした。

中途半端な時間でしたので、ご褒美はチャーシュウ麺になりましたとさ。







"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

ちゃみちゃん
2009年09月18日 18:54
無事合格よかったですねぇー。しかし、検査中もハニーのことを思うとは!! さすが新婚さんだぁー。うらまやしいです。(^_-)-☆

私は胃カメラはありますが(もう2度としたくない)、大腸検査はないです。これもまた覚悟のいる検査みたいですね。・・・

お疲れ様でした。
P2
2009年09月18日 19:54
まいったなぁ~。これ去年ひっかかったけどサボったやつですよ。先生が「受けようよ。ね、受けよう。」って言うのを無視して通しました。
そうか。こういう風なんだな。今年ひっかったらもう逃げられないと思っていたところです。そろそろ聞きに行かなきゃ。そういうわけでリアルな解説ありがとうございます。やっぱり今年も逃げようかな・・・
水分いいって言ってもアルコールは普通だめなんじゃないですか?野菜ジュース飲んでいる友達がいましたけれど。
nyankome
2009年09月19日 00:54
よかったですね。
私は1年以上にわたってまだ胃カメラを飲み続けています。(T_T)
Papalin
2009年09月19日 10:00
◆◆ もう2度としたくない・・・

ちゃみちゃん、ありがとうございます。
あはは。

僕が毎年胃カメラを飲んでいた頃は、ファイバーも太くて大変でした。喉の反射が人一倍強いので、喉の奥に含む麻酔ジェルなんか効かないしさ。大変な思いをしましたが、最近はファイバーも3~4mmくらいの直径のものを鼻から入れる方法があるようです。

以前、喉にアジの骨がつかえて取ってもらったときに、鼻からのファイバーというのを体験しました。これだと、鼻の奥がむず痒い程度で、苦痛はありません。今度機会があったら聴いてみたらいいと思います。

大腸内視鏡は・・・
あはは。当面は静かにしていたいですね。
Papalin
2009年09月19日 10:12
◆◆ 今年も逃げようかな・・・

P2さん、ありがとうございます。
リアルな解説、失礼しました。 <(_ _)>

関連して思い出したのですが、先日こんな放送を見ました。地震があって、海辺の街に津波注意報が出された場合に、人はどう行動するか?というものでした。話の筋としては、以前同じような注意報が出たときに、みな海岸端に集まって、今か今かと見物していた。そして予報よりも小さな津波が来て、人々は安心した。それ以来、津波注意報が出ても、大人は逃げなくなった。

そんなとき、ちゃんと避難した大人たちがいました。その中の一人が言ってました。「取るものも取り敢えず避難して何もなくて、ホッとしている。無駄なことをしたとは思っていない。今度もそうして避難したいと思う。」

でもって、私が感動したのは次の言葉でした。「あのときは損をした。今度は逃げなくて得をした。」ではなく「あのときも、今度も大きな災害にならずに良かった。たった一回逃げ損ねをして命を落とすより、たった一回の本番(避難して命を拾う)を喜びたい。」

> アルコールは普通だめなんじゃ

何も書いてなかったもん。
9時から下剤の溶液を飲み始めて、煙草吸おうと思って階下に降りて行ったら、看護師さんに制されてしまいました。検査が終わるまで我慢してねって。これも理由がよくわかりませんが、蛇に睨まれた蛙は、負ける勝負はしません。いい子にしておりました。
 
Papalin
2009年09月19日 10:19
◆◆ まだ胃カメラを飲み続けています。

nyankomeさん、ありがとうございます。
それはお気の毒です。

私はピロリ菌を除去して以来、胃カメラは一度も飲んでおりません。それより、毎日16時と23時に感じていた胃痛が嘘のように全くなくなり、今では仕事でプレッシャーがかかったとき(ほんの瞬時)以外は、胃の存在すら忘れております。

大腸の検査も楽ではないですが、準備も入れて高々4時間。長い人生の中の4時間なんて・・・と思うと、大したことないですね。な~んて、施術前はドキドキしてましたが。

そうそう、検査料金は、使い捨てのブリーフ、検査着衣の使用料を含めて、3割負担で6000円弱でした。
 
YOZO
2009年09月19日 18:27
おおお
フォアグラと肛門様の画像はどうやって入手したんですか?
さすがにデータで画像をもらえないですよね…
鮮明な画像なので病院のモニターを写メしたとも思えず
紙に印刷したのをもらって自宅でスキャン?
yuri
2009年09月19日 19:51
検査、お疲れさまでした。
音楽の冗談でしたか。(笑)余裕を感じますね。
何度でも体験できそうですね。

今日はきのこ採りにPapalinさんちの上の方まで行きましたが、じこぼう1本…まだ早いかしら?

リコーダー、もちろん持ってきました~。
2009年09月19日 21:12
yuriさん

最近Papalin家の近くでクマが徘徊しているようです。
わなも仕掛けたという話ですが、まだ捕まったという話は聞いていません。きのこ採り、十分気をつけてくださいね。クマさんに死んだふりは効きません(笑)。
山に入る時は鈴を忘れずに。
Papalin
2009年09月21日 16:24
◆◆ 画像はどうやって入手したんですか?

YOZOさん、ありがとうございます。
えへへ。異なものをお見せしてすみません。

> フォアグラと肛門様の画像

うまい!

> データで画像をもらえないですよね…

無理言わない限り、それは無理でしょう。

> モニターを写メしたとも思えず

ですね。モニターは大きくて綺麗でした。

> 印刷したのをもらって自宅でスキャン?

正解です。
職場の定期健康診断で引っかかってしまったので、結果を職場に持っていかねばなりません。用紙のほかに、画像も下さったというわけです。先生はもっと沢山撮影しておられましたが、葉書大の印画紙に、この2枚が焼き付けられておりました。
(^-^ ) ニコッ
 
Papalin
2009年09月21日 16:29
◆◆ 余裕を感じますね。

yuriさん、ありがとうございます。
余裕はなかったですよ。途中で弱虫Papalinがしっかり顔を出しましたが、大人Papalinがそれを退治しました。(^-^ )

「音楽の冗談」には驚きました。
『え~、マジかよ?』ってね。

> じこぼう1本…まだ早いかしら?

時期的には最盛期の筈です。
今日、ある人が言ってたのですが、6時間探して、一本も採れなかったって。あ、もちろん、ヌメリイグチ(通称:ジコボウ)ではなくて、松茸(マッタケ)ね。

> リコーダー、もちろん持ってきました

はいはい。
昨日はマンツーマンで、お疲れ様でした。
2時間でしたので、レッスン料は、3万円/10分をかけて、え~と、頂いたビール美味しかったっす。
ヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ
 
Papalin
2009年09月21日 17:19
◆◆ 捕まったという話は聞いていません

aosta、ありがとう。
そうなんだよね。物騒です。

昨日の朝、NHKでちょうど乗鞍岳にバスで登るという番組をやっていてね。バスで山頂方面に向かっているときに道路に熊が現れて・・・という映像を見ました。そうしたら昨日の乗鞍岳での事故。きっと同じ熊でしょう。サイズも同じくらいでした。撮影は今年の夏だったようです。

コワイッス。
。・°°・(;>_<;)・°°・。
ichi
2009年09月23日 11:16
老いというのは、自分に言い聞かせるようなことはあっても、普段あまり気にならないようにできていますね。人の気持ちっていうものは子供の頃も今もあまり変わっていないような気がします。だから、健康診断や体力を使わなければならないような場面で突然思い知らされたりする訳です。なんで腰が痛いんだろう・・・あぁ昨日の・・・みたいなことしょっちゅうあります。
Papalinさんは幸せ太りとかいって緩やかなリバウンドを黙認されているようですが、私の見る限り、奥様は食事の量やバランスも充分気をつけているようなので、問題はセルフコントロールしているアルコールだけだと思いますね。半分にすれば1年であと10kgは痩せるんじゃないですか。体が動くうちに体質改善をして、長生きしていただきたいと思います。
何でもなかったから良かったものの、点滴を持って記念写真撮ってる場合じゃありませんぜ旦那。
Papalin
2009年09月24日 21:19
◆◆ なんで腰が痛いんだろう・・・あぁ昨日の・・・

ichiさん、ありがとうございます。
そうそう、そうなんですよ。
でも、21日の敬老の日に、庭の手入れを結構思いっきりやったんです。のこぎりを持って、伸び放題の庭木の下枝を全部切って、草刈をして、それらを全部運んで燃やして・・・。でも、その日のうちに、筋肉痛が訪れました。『普通の人は次の日に出るらいしい。フフフ』などと、変なところで優越感を味わっておりました。翌日からの旅に影響がなかったといえば、それは全くのウソです。
。・°°・(;>_<;)・°°・。

> 緩やかなリバウンドを黙認されているよう

旅先で体重計に乗ってびっくり!
なんと、5kgもリバウンドしてました。
きっと標高の違いのせいだろうと、
取り敢えずは自分を落ち着かせました。
でも、旅の前日に買ったジーンズのサイズは
言えません!

> 点滴を持って記念写真

あら、携帯で撮った写真でそれがよくわかりましたね。ルンルン!
 
YOZO
2009年09月26日 17:50
おおー
予想的中(^^)/
定期健診で引っ掛かりましたかあ
わたくしゃあいまだにA判定しかもらったことないんですよ~
タバコも吸わんし酒もたまにしか飲まんし、健康診断はいつも安心です(^^)
Papalin
2009年09月27日 02:24
◆◆ A判定しかもらったことない

YOZOさん、ありがとうございます。
人間の鏡のような人ですな。(^-^ )

私の場合、若い頃から飲み過ぎで、
肝臓の数値は大抵ダメ。
ビール飲むから尿酸値ダメ。
太ってるからBMIダメ。

まぁ、A~Fまで取り揃えてます。
自慢できないね。
。・°°・(;>_<;)・°°・。
 
ichi
2009年09月27日 10:16
健康に関する話題は年を重ねるごとに多く耳に入ってくるようになりました。それでもF判定なんて初めて聞きました。世の中にはあるんですねそういうすごいのが。ブラジャーのサイズみたい。それでもおいしくビールを飲んでいるのだから、Papalinさんの生命力ってホントにすごい!!音楽の力かもしれない。普通の人だったら入院してるよきっと。

さて、私もYOZOさんとおなじA判定ですが、たばこを吸うので、ちょっと曇った鏡のような人ということになります。でも鏡だから。
Papalin
2009年09月30日 21:45
◆◆ 音楽の力かもしれない。

ichiさん、ありがとうございます。

私たちは誰でも、毎日、体の中に癌細胞が出来ているんです。それを免疫力で退治してるんです。そして、免疫力を高めるのは、サプリメントでも、特定食品でもなく、"情熱"="パッション"・・・だと僕は信じています。情熱的に酒を飲み、ありがたいと思いながら煙草を吸えば、人生が変わります!

きっと、Papalinは変な宗教にでもとりつかれてしまったと思うかもしれませんが、人生なんて、情熱度ですよ。そう信じて生きていったら、楽しいじゃないですか。

ちなみにF判定が突出しているのではなく、AからFまで全て取り揃えているという、Papalinの学生時代の成績票みたいなものです。(^^ゞ