◆IL DIVO◆ 受難節に「主よ われらが悪行を思うなかれ」 / メンデルスゾーン

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
In der Passionszeit "Herr, gedenke nicht unsrer Ubelthaten"
URL : http://papalin.yas.mu/W304/

  ◇公開日: 2009年9月6日
  ◇演奏時間: 1分38秒
  ◆録音日: 2009年9月 (48歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



キリスト教の、いくつかの大切な日にちなんで作品が作られています。
バッハの受難曲だと、それだけで何時間もかかりますが、
こちらだと一曲に集約されていて、それもまたよしですね。(^-^ )


そうそう、忘れないうちに書いておきましょう。

これら一連の曲、「6つのアンセム」は、無伴奏混声8部合唱のために
作られています。それをPapalinは男声合唱で歌っています。
ですので、混声だと7度の和音になるはずのところが、
男声だと半音でぶつかったりします。悪しからずご了承願います。

もう一つは、メンデルスゾーンのこれらの曲は楽譜は買うつもりでいますが、
当座はこちらの楽譜で賄っています。
フリーの楽譜って、本当にありがたいです。
歌いたいときに手に入るという機動力もあります。



さて、ドイツ語って、シュルシュルとか、シュトシュトとか言ってたり、
また、古いドイツ語の場合だと、巻き舌ぶるぶるだったりしますが、
こうした宗教曲ではそれがかえって美しかったり、また厳かだったり・・・。
不思議なものです。

先週歌った、イギリス国教会のためのモテットには、同然のことながら
英語の歌詞がついているのですけれど、
英語だと重みが欠けてしまうような気がします。語感です。
ゴスペルなどの曲だといいのでしょうけれど、
格調高い系の音楽だと、ドイツ語とラテン語には敵いません。

え? ドイツ語には聞こえないって?
素直に謝ります。(_ _(--;(_ _(--; pekopeko


おっと時間だ。そろそろアンサンブルの練習に行きます。


大勢のPapalinたちによる多重録音にて、お聴き下さい。 <(_ _)>


合唱パート

  ソプラノ1     Papalin    (一番で歌っています)
  ソプラノ2     Papalin       ↑
  アルト1      Papalin       |
  アルト2      Papalin       |
  テナー1      Papalin       |
  テナー2      Papalin       |
  バス1       Papalin       ↓
  バス2       Papalin    (一番で歌っています)




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

ichi
2009年09月13日 20:00
この曲集は特に偶数番の曲に惹かれます。どれも冒頭の入り方が秀逸ですね。天使がぱたぱたと舞い降りてきて、肩に毛布をかけにきてくれたんでしょうか。短調なんですが優しい気持ちにさせてくれますね。
Papalin
2009年09月16日 21:31
◆◆ 偶数番の曲に惹かれます。

ichiさん、ありがとうございます。
こういうマニアックなコメントを下さるichiさんが、拙演奏をいかに注意深く、それもきっと何度も聴いて下さっているというのがわかります。感謝です。

そう伺って、自分でも聴き返してみました。
確かに、仰る通り、偶数番の曲は、深遠な曲です。でもね、間にある明るい音の曲が、それを一層際立たせてもいますね。メンデルスゾーンおぼっちゃまに、ちょっと脱帽です。でも半分くらい。(^_^;)
 
> 優しい気持ちにさせてくれますね。

色んな意味で、嬉しいっす。(^-^ )