◆IL DIVO◆ 不死身の敵に挑む (ドラクエ5)

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Almighty Boss Devil is Challenged / Sugiyama Koichi
URL : http://papalin.yas.mu/W201/M105/

  ◇公開日: 2009年7月26日
  ◇演奏時間: 2分16秒
  ◆録音日: 2009年7月 (48歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



IL DIVO Papalin 1284曲の中の最高傑作と言っていいでしょう。
リコーダーのもつ可能性とは恐ろしいものがあります。
これだけリコーダー演奏をしてきた僕も驚いています。


大勢のPapalinたちによる多重録音にて、お聴き下さい。 <(_ _)>


使用楽器

   アルト・リコーダー      メック(黒檀)
   テナー・リコーダー      全音(桜)
   バス・リコーダー       メック(楓)
   グレートバス・リコーダー   キュング(楓)
   コントラバス・リコーダー   キュング(楓)




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

いつもありがとうございます。 m(_ _)m

 

この記事へのコメント

P2
2009年07月29日 09:53
おおおお!!!!
迫真の演奏ではないですか。この演奏は楽譜を乗り越えちゃっていますね。Papalinさんのように多重録音で音をミックスダウンして演奏するにしても生で演奏するにしても、いかにクリエイティブに音を表現できるかにかかっているように思います。楽器の可能性を駆使したアクセントやはずみ。パーカッションを連想します。どちらにしてもピアノの楽譜にはここまでは書いていないのではないですか?これから終盤に向かって傑作ぞろいですね。楽しみにしています。
Papalin
2009年08月01日 08:07
◆◆ 楽器の可能性を駆使した・・・

P2さん、ありがとうございます。
こうした曲に表情をつけるには、高音楽器よりも低音楽器の方が向いているかも知れません。低音楽器の幅の広さに改めて感銘を受けました。

誰が何と言おうと、この演奏は IL DIVO Papalinの傑作だと思っています。
 
ichi
2009年08月07日 23:36
**誰が何と言おうと・・・

・・・とおっしゃっているので、誰かがケチをつけなくてはいけないのかなとも思ってしまったりするわけですが、ケチのつけようもありません。で、あえて言うと個人的には今回の一連の演奏では、竜王が好きです。
Papalin
2009年08月13日 21:14
◆◆ 誰かがケチをつけなくてはいけない

ichiさん、ありがとうございます。
つまり、この曲とこの演奏は、自分でもとっても気に入っているということなのです。コンクールの採点基準からしたら、アラだらけで、荒削りで、テープ審査で没になるかもしれませんが、そんなことはどうでもよくって、とにかく気に入っているのです。

竜王は、シンプルな美の名曲です。