◆IL DIVO◆ 6本のバス (フェラボスコ1世)

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Di sei bassi / Alfonso Ferrabosco I (1543-1588)
URL : http://papalin.yas.mu/W052/M003/

  ◇公開日: 2009年7月25日
  ◇演奏時間: 2分48秒
  ◆録音日: 2009年7月 (48歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



その面白いタイトルに釣られるように演奏しました。
ところどころで素敵な和音になります。
エオリアンさんの楽譜です。

しばらくずっと、ピアノ譜を見ながらの演奏が続いていましたので、
リコーダー譜って何て読みやすいのだろうと感じました。
ストレスの訓練をしておくと、ものに対するありがたさも増しますね。


大勢のPapalinたちによる多重録音にて、お聴き下さい。 <(_ _)>


使用楽器

   バス・リコーダー       メック(楓)
   バス・リコーダー       メック(楓)
   バス・リコーダー       メック(楓)
   バス・リコーダー       メック(楓)
   バス・リコーダー       メック(楓)
   グレートバス・リコーダー   キュング(楓)




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

いつもありがとうございます。 m(_ _)m

 

この記事へのコメント

ichi
2009年08月07日 22:02
夏休みをとるために追い込みの仕事やら出張に追われて、ろくにコメントもかけない有様でございました。
これらの曲を聴きながら、合宿の曲を模索しておられるのかと感じながら、迂闊な感想もかけないなぁと思っておりました。フェラボスコ1世の曲はたぶん今まで、聴いたこともありませんが、いまいちインパクトのあるフレーズがなく、お約束の・・・という感は否めませんが、響きはとても美しく癒されます。バスが6本だと、バスバスバスバスバスバスですが、沖縄でそばのことを何と呼ぶかというと、『スバ』です。
Papalin
2009年08月08日 09:09
◆◆ 沖縄でそばのことを何と呼ぶか・・・

ichiさん、ありがとうございます。
沖縄にもお蕎麦があるんだ!
それは地物ですか? 外来のものですか?

6本のバスは是非やってみたい曲です。この響きには魅力を感じます。さらっておいて下さい。