IL DIVO Papalin 英語サイト

素朴な疑問。海外からはどのように見えているの?

実はこんな風に見えています。(↓画像を拡大して見て下さい)


画像



機会を逸していて、ご紹介していなかったのですが、
僕の音楽室である ILDIVOPapalin のサイトを構築して下さった yasさんが、
海外のお客様のこともお考えになって下さって、
2年ほど前に、英語対応になりました。
残念ながら、日本語のブログへのリンクはありません。 <(_ _)>

仕掛けを作って下さったのですが、僕が新曲の演奏の方にかまけていて、
英語のコンテンツの整備が滞っているので、恐縮しているのです。


yasさんは、ブラウザの標準機能を使っているだけだからと謙遜されますが、
僕には充分にスゴイと思うのです。知らなかったから、物凄く感動しました。

URLが全く同じなのに、パソコンがどの文字セットを使用しているかによって
日本語ページが表示されたり、英語ページが表示されたりします。


シュヴァルトベルガーさんのPCはドイツ語文字セットだと思いますが、
エリザベス女王の使っているPCを想定して、試してみましょう。(^-^ )

僕は IE(Windows)なので、同じように、ブラウザにIEを使われている方、
次のようにやってみて下さい。英語サイトが表示されるはずです。

  ツール(T)
  → インターネット オプション(O)
  → 言語(L) ・・・ 最下部に表示されます
  → 日本語が選択されていますので、文字をクリック(選択)して、削除
  → 追加ホタンを押して、英語(英国)[en-GB]を選択
  → OK 3回で、設定完了!


これで、IL DIVO Papalinのサイトに行ってみて下さい。
上のリンクからでOKです。

如何ですか?
まだ英語サイトを僕が準備していないページは、
ちゃんと日本語のページが表示されますよね。よく出来てます。

日本語に戻すのには、上と同じ要領で、
「英語(英国)」を消してから、「日本語(日本)」を選択すればOKです。

僕は感動ものでした。
だって、同じサイト名で表示されるなんてスゴイですぜ!


yasさん、感謝しています。



"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった人生を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

この記事へのコメント