◆IL DIVO◆ 「オペラ座の怪人」 墓場にて

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Wishing You Were Somehow Here Again / Andrew Lloyd Webber
URL : http://papalin.yas.mu/W602/

  ◇公開日: 2009年3月15日
  ◇演奏時間: 3分17秒
  ◆録音日: 2009年3月 (48歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



男声を女声に替えるエフェクタ・・・遊べます。

墓場でクリスティーヌが歌う複雑な心の中・・・。
それを嘲笑うかのような、オクターブ高い伴奏。

Wishing you were somehow here again
歌詞は こちら をご覧下さいませ。劇団四季の日本語版も載ってます。(^-^ )

オーバーチュアを演奏してから2年寝かせておいたのは・・・。
しつこい? しつこい? しつこい?  (._・)ノ コケ

お聴きください。 <(_ _)>

パート

  クリスティーヌさん (Sop---中央チャネル) なんと Papalin !

  ソプラノ・リコーダー            モーレンハウエル:クラナディラ
  ソプラノ・リコーダー            モーレンハウエル:クラナディラ
  アルト・リコーダー             メック:黒檀
  テナー・リコーダー             メック:柘植
  バス・リコーダー              メック:楓
  バス・リコーダー              メック:楓
  グレートバス・リコーダー          キュング:楓





"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

ichi
2009年03月15日 16:22
ブログのアップに時間がかかっていたので、前に録画してあった筈のオペラ座の怪人を捜していましたら、正月に留守録していたエディットピアフが入ったビデオがでてきたので見てました。
クリスティーヌ・・・なんと Papalin ! が本気で見たかったかと聞かれると、?? 自分でも判りません。ボクは基本的には美しいものが好きですが、何に美を感じるかはそのものに出会ってみないとわかりません。年を重ねると知識がまさって穿った見方をしてしまうこともあるでしょう。でも何も知らずに心を奪われてしまうことがあるのも事実。
エディットピアフ・・・切なくも、素晴らしき人生・・・・なんだそっちかい? ではなく、オペラ座の怪人が、エフェクタを使った単なるおもしろミュージカルで終わらないのがPapalinさんのすごいところ。単発で聴いていたら思わず吹き出してしまうような中性的な声にもいつの間にか慣らされていました。さすがに感動して泣きはしなかったですけど。それは、きっと笑わそうと思って作っているのではなく、いつも音楽に対しては本気(マジ)だからなんでしょうね。ただあのチェロだけはいただけません。しつこいですか?
2009年03月16日 09:02
>エフェクタを使った単なるおもしろミュージカルで終わらないのがPapalinさんのすごいところ

ichiさんの言葉通りのことを私も感じています。
なぜ、感動してしまうのか、それはたぶんPapalinさんが本気でのめり込んでしまわれるから、本気でなりきっていらっしゃるからなのでしょう。
エフェクタに多少の難があっても、ナンのその!
それを振り切る勢いがあります。

さてこの歌は・・・
確かクリスティーヌが、亡くなった父親の墓を訪れるシーンでしたか、降り積もる雪の中に黒々と浮かび上がる死者たちのモニュメント。モノクロームの場面の中でファントムが手向けた一輪の深紅の薔薇。
まるで彼の心が流した血の色のような赤・・・
ファントムの闇の深さ、嘆きの深さを思わせる漆黒のリボン・・・
なんだか朝からクラクラしてきました。
Papalin
2009年03月17日 21:24
◆◆ 何も知らずに心を奪われてしまうこと

ichiさん、ありがとうございます。
こういう文章に、ピ~ンと反応してしまいます。その前の文章 --- 出会ってみないとわかりません --- これも琴線に触れます。

頭で判断しているうちはだめだろうね。唯一、体外に出ている脳、すなわち目や耳で感じるのが"感動"だよね。僕はそんな風に思っています。

> いつも音楽に対しては本気(マジ)だからなんでしょうね。

そうそう。決して茶化すなんてことはできないのです。だからオペラ座の怪人シリーズも、全部マジなんですよ。岡本太郎を理解できなかった人は、Papalinも理解できないだろうな・・・などと、大それたことを平気で書いてしまう田舎の井戸に棲息する田舎者。(^_^;)

> ただあのチェロだけはいただけません。

まだ試聴回数が足りねぇんじゃね?
 
Papalin
2009年03月17日 21:38
◆◆ 朝からクラクラしてきました。

aostaさん、ありがとうございます。
しかし、よく覚えているんですね。僕が初めてオペラ座の怪人に出会ったのは、劇団四季のミュージカルでした。以降、3回観たかな。そして次が最近の映画を一度観ました。その後、モノクロ映画で、昔のオペラ座の怪人を観ました。

やっぱり一番印象に残っているのは、最初にインパクトの強かった劇団四季ですね。(^_^;)

ロイド=ウェッバー夫人のクリスティーヌも観てみたかったです。
 
> 本気でなりきっていらっしゃるから

え、それ以外に何か方法がありますか?
(^u^)プププ