◆IL DIVO◆ 「オペラ座の怪人」 スィンク・オブ・ミー

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Think of me / Andrew Lloyd Webber
URL : http://papalin.yas.mu/W602/

  ◇公開日: 2009年3月08日
  ◇演奏時間: 3分0秒
  ◆録音日: 2009年3月 (48歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



男声を女声に替えるエフェクタ・・・遊べます。

オペラ座の怪人・・・
オーバーチュア(序曲)を演奏した後、2年寝かせていたのは・・・

1オクターブ上げてみたら気づいたことがあります。
以前、普通の男声の作品で、ねこまっくさんに指摘されたことなのですが、
い音と、う音が、下手くそなのがよりわかりました。
両方ともつぶれちゃっています。なるほど~。

Think of me
歌詞は こちら をご覧下さいませ。劇団四季の日本語版も載ってます。(^-^ )

お聴きください。 <(_ _)>

パート

  クリスティーヌさん(Sop---左チャネル)   なんと Papalin !
  ラウルさん    (Ten---右チャネル)   普通に Papalin

  テナー・リコーダー             メック:柘植
  バス・リコーダー              メック:楓
  バス・リコーダー              メック:楓
  グレートバス・リコーダー          キュング:楓
  コントラバス・リコーダー          キュング:楓

  ファントムさん  (Bar---右チャネル)   普通に Papalin(友情出演)





"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

2009年03月11日 06:27
>オーバーチュア(序曲)を演奏した後、2年寝かせていたのは・・・

なるほど、こういうことだったのですね!
独り納得いたしました。今回のPapalinさんは新しいおもちゃで嬉しそうに遊んでいる無邪気な(と、言うことにしておきましょう)子どものようです。
クリスティーヌとラウルの二重唱、楽しく聴かせていただきました。時々ソプラノの音が怪しくなるのはPapalinさんの声のせいではなくエフェクター側の問題だと思われますが・・・ちょっと残念ですね。
声ばかりに注意が向いてしまいますが、リコーダーの伴奏、いつもながらとても素敵です。最新テナーの温かく柔らかい響きが耳に残りました。
2009年03月11日 09:53
Papalinさんのソプラノ、可愛い~~♪
女声を男声にするのもあるのかなあ??
「オペラ座の怪人」の曲はカラオケでよく歌うのですが、劇団四季ヴァージョン(日本語)だと日本語の付け方がわからなくなるし(一応CDは持っているけれど。)、一人二役はきついです。
でも私、ファントムとクリスティーヌもやりますが・・・。

朝から笑わせてもらいました。
2009年03月11日 19:38
Ceciliaさん、横からこんばんは☆彡

カラオケで「オペラ座の怪人」を歌われるのですか?
それもファントムとクリースティーヌ??
一度聴かせていただきたいです。
「オペラ座の怪人」のCD、私はブロードウェイ盤と映画のサウンド・トラックと両方持っていますが、「四季」ヴァージョンでは聴いたことがありません。Ceciliaさんの歌と同時に、こちらの「四季」盤も聞いてみたいです。
日本語のファントム、いったいどんな感じでしょう・・・

朝から笑って一日楽しくお過ごしになられたでしょうか?私も一日、思い出し笑いをしながら仕事をしておりました(笑)。
Papalin
2009年03月15日 06:52
◆◆ 声ばかりに注意が向いてしまいます

aostaさん、ありがとうございます。
このエフェクタは、MV to FmVという名前がついています。Male Voice to Fimale Voice そのものですね。反応にむら気があって、なかなか言うことを聞いてくれません。原因を突き止めて対応策を知りたいのですが、わかりません。入力信号の大きさ、つまり声の大きさと録音レベルの大きさとは関係していそうだということはわかったのですが、それ以外にも要因がありそうです。ひょっとしたら、歌の上手さも関係しているかもしれません。

こうして女声に変換したあとで、全体にまた別のエフェクトをかけてマスタリングして公開しています。そのエフェクトを通したリコーダーの音は、昔懐かしいオルガンのような音ですね。でもオルガンは演奏中にピッチが狂いませんので、怪しいハーモニーが聴こえたときに、オルガンでないことを認めます。(^^ゞ
 
Papalin
2009年03月15日 06:56
◆◆ 女声を男声にするのもあるのかなあ?

Ceciliaさん、ありがとうございます。
一つ前のお返事に書きましたが、当然、FmV to MV : Fimale Voice to Male Voice というエフェクタも内蔵されています。私は試したことがありませんが。(^^ゞ

ネットを徘徊しておりますと、この録音機ではないと思いますが、こうしたエフェクト機能を使って、一人で混声合唱曲を多重録音して公開している"女性"がいますよ。なかなかです。
 
僕もカラオケで劇団四季版、歌ったことがあります。「オペラ座の怪人」です。台詞も入っていましたが、とても人前では喋れませんでした。(^^ゞ
 
Papalin
2009年03月15日 07:00
◆◆ 両方持っています・・・

aostaさん、ありがとうございます。
あれ、aostaさんも「オペラ座の怪人」がお好きなのですか? 僕はブロードウェイ版もサントラ版も聞いたことがありません。今度聴かせて下さい。でも聴くとするとこのシリーズが完成してからですね。途中で聴いちゃうと、もう先が進まなくなってしまいます。(^_^;)

> 思い出し笑いをしながら

同じです。一応は僕も恥ずかしいです。
 
ichi
2009年03月15日 07:31
恥ずかしいことって、たいがいおもしろいです。
Papalin
2009年03月15日 08:12
◆◆ 恥ずかしいことって、たいがい・・・

ichiさん、ありがとうございます。
はたしてこれは"たいがい"だったでしょうか?
 
ichi
2009年03月15日 12:12
**"たいがい"だったでしょうか?

半永久的というと、永久にもつものだとかんちがいする人が大勢いますが、Papalinさんはいつも論理的で冷静沈着です。

演じているとき以外は・・・・
Papalin
2009年03月17日 21:18
◆◆ いつも論理的で冷静沈着です。

ichiさん、ありがとうございます。
そうだといいのですけれどね。
僕は人と会話していても、いつも心が波立ってしまうんですよね。お喋りも上手くないし、いけません。感動や感情を前面に出せる機会は、音楽という手段を持っているので、他人よりは機会が多いはずなのに、そこに留まっていられないんだよね。(^_^;)