◆IL DIVO◆ Beatles / Bad To Me

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Bad To Me / Paul McCartney & John Lennon
URL : http://papalin.yas.mu/W222/M010/

  ◇公開日: 2009年02月28日
  ◇演奏時間: 1分44秒
  ◆録音日: 2009年2月 (48歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



演奏順:16番 これは、ヴィヴィッドな作品です。 歌詞は こちら でご覧戴けます。

サザエさんとか、日本の一世代前のアニメ主題歌って感じがしませんか?
ひょっとすると、アニメ・ソングの原点は、ビートルズにあったとか!
そうだよな~、アニメ・ソングを作曲した世代って、
きっとビートルズを聴いてるような~。
何かがつながったぞ!

では、お聴き下さい。 <(_ _)>


使用楽器

  アルト・リコーダー        メック:黒檀
  テナー・リコーダー        竹山:楓
  バス・リコーダー         メック:楓
  バス・リコーダー         メック:楓
  バス・リコーダー         メック:楓
  グレートバス・リコーダー     キュング:楓




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

2009年03月01日 11:30
>アニメ主題歌って感じがしませんか?

わかる気がします。
ビートルズの曲のバックボーンにあるのは、クラシックの伝統、それもバロック的な色を感じる曲が多いように思います(特にバラード系)。
日本のビートルズ世代が作った音楽の中でも、私が画期的と思うのはゲーム音楽です。ゲーム音楽の端緒を開いたともいえるドラクエの音楽が、バロックそのものであったというのも何か暗示的ですね。そして現在のポップスやロックには明らかにゲーム音楽の影響が見て取れるように思います。それも日本に限りません。
そういう意味でもビートルズの音楽ってすごく普遍的な魅力を持っています。いわゆる「西洋音楽」がビートルズを経て日本のゲーム音楽となり、それがまた世界のさまざまな音楽に影響を与えているようにも思います。
Papalin
2009年03月01日 11:44
◆◆ バロック的な色を感じる曲が多い

aostaさん、ありがとうございます。
僕もそう感じていました。ところが驚いたのは、エキセントリックな作品として分類した、Do You Want To Know A Secret です。この出だしの部分を、ポールやジョンが作曲したのかどうかは知りませんが、ここに登場するのはバロック以前の中世の音楽です。いやぁ驚きましたね。

経済が、そしてその結果としての世界恐慌もグローバルだと巷を賑わせておりますが、音楽なんて、もっともっとずっと昔からグローバルですよね。aostaさんが書かれたような、洋の東西を渡っての行き来もまさにそうですね。人々にとって世界が近くなってから、音楽もまた国境を越えて融合するようになりました。ビートルズもインド音楽に傾注していったのも面白いです。
 
2009年03月01日 18:29
>ビートルズもインド音楽に傾注していったのも面白いです。

私が大好きだったヴァイオリニスト、ユーディ・メニューインも晩年インド音楽に深く傾倒していました。
シタールの名手ラヴィ・シャンカールとのデュオでレコードも出しています。
クラシックの大御所がインド音楽?!と戸惑いながら聞いたそのレコードは白熱した素晴らしい演奏でした。いまでこそ、民俗音楽が正当に評価されていますが、あの頃はまだちょっと「特別」というか、別個のものという感覚が強く、民族を超えた音楽のコラボレーションはとても新鮮な驚きに満ちていました。
Papalin
2009年03月02日 22:46
◆◆ メニューインも晩年インド音楽に・・・

aostaさん、ありがとうございます。
それは知りませんでした。
インド音楽って、惹かれるものがあるのですね。確かに西洋の12音階とはちょっと違う響きってだけでも、西洋音楽が当たり前だった人にとっては、大きなインパクトだったかもしれません。

民族音楽・・・確かに昔は"異質"でしたね。