◆IL DIVO◆ 「ゴールトベルク」から 第15変奏

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Variation 15
URL : http://papalin.yas.mu/W218/M988/

  ◇公開日: 2009年01月02日
  ◇演奏時間: 6分7秒
  ◆録音日: 2009年01月 (47歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



第15変奏です。

前半が終了しました。この最後の3曲は非常に印象的ですし、
いろんな意味で難度も高いので手こずりました。

ここまでで45分弱ですから、後半が35分ということはまずないので、
CD1枚には収まらないことになります。なるほど~。

しばらく休憩です。 ( ̄(エ) ̄)y-°°°

使用楽器

  アルト・リコーダー      メック:黒檀
  テナー・リコーダー      竹山:楓
  バス・リコーダー       メック:楓
  グレートバス・リコーダー   キュング:楓
  コントラバス・リコーダー   キュング:楓




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

ichi
2009年01月14日 23:10
短調の曲もいいですね。今のような寒い冬の夜の空気を感じます。ゴルトベルクが好きなのは、多彩でオムニバス映画のようにいろんな風景や登場人物が現れては消え、いろんな世界に連れていってくれるからでしょう。誰か忘れたけれども、優れた芸術は、我々をここから別の場所に連れ去ってくれるもの・・・云々といってました。確かに・・・。心ここにあらずとは違います。ちゃんと聴いてます。
Papalin
2009年01月17日 10:09
◆◆ 優れた芸術は我々をここから別の場所に

ichiさん、ありがとうございます。
その言葉には共感を覚えます。私の音楽がそうであるか否かは別として・・・。

短調の曲は好きだし、得意だとも思っています。実は僕なりの短調の曲の聞かせ方というのがあって、これはプロの音楽家の世界ではありえないし、あってはならないことだし、ナンセンスなことだと思うのですが、例えば一曲前に長調の曲があったら、それよりほんのちょっとだけ、ピッチを落とすんです。あ、秘密をバラしてしまいました。(^_^;)