◆IL DIVO◆ 「ゴールトベルク」から 第6変奏

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Variation 6
URL : http://papalin.yas.mu/W218/M988/

  ◇公開日: 2008年12月29日
  ◇演奏時間: 1分8秒
  ◆録音日: 2008年12月 (47歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



第6変奏です。

ご存知かと思いますが、ゴールトベルク変奏曲には30の変奏があります。
30の変奏曲は、3曲ずつの10個の群に分けられます。

それぞれの群には、3曲目にカノンが登場します。
ですので、この第6変奏は、第2群のカノンとなります。

更にこれらのカノンは、第1群では同度(つまり全く同じ音)のカノンであり、
第2群(この曲)では2度(ドとレの関係)のカノンとして登場します。
以降、3度、4度となり、9度までいきまして、
最後の第10群だけはカノンがありません。

こうして見ましても、バッハが如何にこだわり好きだったのかが伺えますね。


使用楽器

  テナー・リコーダー      全音:桜
  テナー・リコーダー      全音:桜
  バス・リコーダー       メック:楓
  グレートバス・リコーダー   キュング:楓
  コントラバス・リコーダー   キュング:楓




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

2008年12月31日 22:16
 こだわり好きのバッハにこだわるNoraです。
 もしかしたら、ゴールドベルクも最後まで!?
 ゴールドベルクにフーガの技法にロ短調ミサ、バッハを代表する大作3作の録音を、同時に進めた人なんて、おそらく他にいないのでは。
 今年もいろいろお世話になりました。どんな録音を聴かせていただけるか、来年も楽しみにしています。 よいお年を!
Papalin
2009年01月01日 14:09
◆◆ おそらく他にいないのでは。

Noraさん、明けましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。後半というか、ここにきてバッハ一色になってしまいましたが、いつかこういう時が来るであろうことは想定内でした。(^_^;) そしてそれはまだ続きそうです。

僕は僕だからこそ出来る音楽を大事にしたいと考えています。奇をてらうことは考えていませんが、結果としてそうなってしまうのはむしろ歓迎です。演奏してからNoraさんのページに伺って、なるほど~なんて、後のまつりをしています。

今年もまたお付き合い下さいませ。
<(_ _)>
 
ichi
2009年01月04日 23:01
第6変奏のカノン好きです。淀みなく流れてゆく音が気持ちいいです。低音だからなおさら気持ちいいのです。ピアノよりいいかも・・・です。
Papalin
2009年01月08日 22:03
◆◆ 低音だからなおさら気持ちいい・・・

ichiさん、ありがとうございます。
リコーダーから見ますと、普段耳にしない珍しい低音楽器の音なのですが、これ実音です。僕は確かにソプラノリコーダーの音が苦手ですが、そうした後ろ向きの理由ではなくて、8フィート・アンサンブルの音色が好きですね。8だと特にテナーがトップになるじゃないですか。テナーの表現力は絶対にソプラノでは敵いません!