◆IL DIVO◆ フーガの技法 第6番 / バッハ

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Nr.6 Gegenfuge ・・・ und seine Umkehlung in zwei verschiedenen Wertgrossen
URL : http://papalin.yas.mu/W260/M080/

  ◇公開日: 2008年12月03日
  ◇演奏時間: 4分38秒
  ◆録音日: 2008年12月 (47歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



4人の奏者の中に、一人だけ音程の悪い人(バス奏者)がいると、こうなってしまうという例ですね。巷に溢れるリコーダー・アンサンブルのようになってしまいました。それでも再録音しないというのは、厚顔無恥もいいところ。僕にも"乗らない"日がある。魂が入っていない音。それでも公開。なんだかなぁ。

日が変わって、気も変わって、さすがにバスパートを録音し直しました。バッハにも、聴いて下さる皆さまにもこれでは申し訳ないと思いました。

え、どこが変わったかですって? 。・°°・(;>_<;)・°°・。

使用楽器

  テノール・リコーダー    Papalin (全音:桜)
  バス・リコーダー      Papalin (メック:楓)
  バス・リコーダー      Papalin (メック:楓)
  グレートバス・リコーダー  Papalin (キュング:楓)
  コントラバス・リコーダー  Papalin (キュング:楓)




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ

 

この記事へのコメント

nyankome
2008年12月08日 19:45
リコーダーは音程をとるのが難しい楽器だと、アンサンブルのときに、いつも思います。
Papalin
2008年12月08日 22:48
◆◆ 音程をとるのが難しい楽器・・・

nyankomeさん、ありがとうございます。
ひょっとして悩まされています?
リコーダー吹き仲間として、ごめんなさい。
ぺこ <(_ _)>

どの楽器も音程をとるのは容易いことではないと思いますが、リコーダーの場合は、音質から想像するに、バレやすい楽器と言えるかもしれません。横笛の方が絶対に目立たないもん。(^^ゞ