◆IL DIVO◆ ベートーヴェン / 交響曲 第8番 第1楽章

≪ 生演奏で・すぐに・全曲・高音質で聴けるページ ≫

画像
Beethoven / Symphony No.8 1st movement
URL : http://papalin.yas.mu/W219/M018/

  ◇公開日: 2008年07月27日
  ◇演奏時間: 2分31秒
  ◆録音日: 2008年7月 (47歳)
   上のアルファベットの曲目名を
    クリックして、Papalinの音楽サイト
    からお聴き下さい。(視聴?・試聴?)



第1楽章から。

ベートヴェン自身が、あの第6交響曲よりも詩的であり、完成度の高さは第7交響曲の比ではないと言い切った作品。7番と9番に挟まれた、知られざる名曲だと思います。

すでに4楽章演奏してみて思ったのは、やっぱりピアノ用に比較的簡単弾けるようにアレンジされている楽譜の限界を感じます。8番はもっと音が厚くていいように思いました。曲自体は「古典」とも称されるシンフォニーですが・・・。

画像
【 井戸尻遺跡の埼玉蓮 】


リコーダーは5本使っています。

使用楽器

  アルト      メック       黒檀製
  テノール     ゼンオン       桜製
  バス       メック        楓製
  グレートバス   キュング       楓製
  コントラバス   キュング       楓製




"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""



Papalinの一風変わった音楽を応援して下さる方、
このボタンをポチッと押して↓下さると嬉しいです。 m(__)m

にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へ EYE2U

 

この記事へのコメント

2008年07月28日 00:41
8番「古典交響曲」。
これも大好きな曲です。確かにほかの曲と比べヴォリューム的にはこじんまりしているかもしれませんが、表情の多彩さ、豊かさは決して引けを取らないと思います。
第一楽章、朝が明けてゆくようなイメージで始まるアルトの旋律は、パストラーレ的なのどかさと明るさを感じます。8フィートの軽快な刻みが何とも印象的ですね。晴れやかな思いが溌剌と伝わってきました。終わり方がなんとも小気味良いです。
nyankome
2008年07月28日 23:55
8番はホッとする曲です。決して興奮はしません。
6番にも通じるところがある(と思う)第1楽章です。
見事なアンサンブルですね。
Papalin
2008年07月31日 06:22
◆◆ パストラーレ的なのどかさと明るさ

aostaさん、ありがとうございます。
弦で華やかに始まって、管が優しく応えて・・・、最初の数小節でこのシンフォニーの色が鮮やかに脳裏に浮かびます。

全然関係ない話ですが、僕のもっている音友スコアの値段、230円でした。昭和41年の第6刷。僕が買ったのは昭和52年と書いてありました。
(^-^ )
 
Papalin
2008年07月31日 06:27
◆◆ 決して興奮はしません。

nyankomeさん、ありがとうございます。
なるほど~。
一つ前の7番なんて、僕は興奮しっぱなしだからなぁ。7番との対比というのも面白いですね。隠れた名曲だと思います。